ピクシブ百科事典

繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタイン

はんえいのちょこれーとがーでんずおぶばれんたいん

繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタインとは、『Fate/Grand Order』内の期間限定イベント。
目次[非表示]

概要

イベント開催期間
2018年1月31日(水)18:00~2月15日(木)12:59

Fate/GrandOrder』の期間限定イベントで、新バージョンのバレンタインイベント。
同時に『Fate/Apocrypha』のセミラミスが実装された。

ストーリー

今年も、サーヴァントたちがバレンタインのプレゼントを手に、カルデア内をあわただしく動き回っているようです。マスターのみなさんも、チョコを入手して気になるサーヴァントに話しかけてみましょう!

イベントクエストに挑戦してチョコをたくさん製造し、イベント専用アイテム「ロックオンチョコ」を入手して、意中のサーヴァントからバレンタインのプレゼントをもらおう!

※チョコレートを受け取れる・渡せる対象は、入手履歴のあるサーヴァントのみ。

仕様

これまでのバレンタインイベント『チョコレート・レディの空騒ぎ』とは仕様が変わっている。

  1. イベントアイテム「フエールフレーバー」を使用してチョコレート製造設備を開発・増設し、空中庭園謹製チョコレートを大量に製造する。
  2. 製造数報酬で貰える「サプライズチョコ」「ロックオンチョコ」を使い、サーヴァントたちからチョコ・お返し礼装を受け取る。
といった手順を踏む。

「サプライズチョコ」は誰から礼装がもらえるのかがランダムで、目当てのサーヴァントから確実に貰えるのが「ロックオンチョコ」となっている。ただし、ロックオンチョコは10個しか手に入らないため、お気に入りのサーヴァントの数が両手の指で足りない場合は選択に注意しよう。
サプライズチョコは大量に手に入るため、イベント実装時までに登場しているサーヴァントを全員所持していても全員分問題なく交換可能。(ちなみに、次のイベントで復刻された両儀式「両儀式」のチョコも、アイテム交換期間の間に入手すれば滑り込みで貰えた。)

またイベント画面左上で小話「ピジョンレポート」を読むことができ、内容は新しい設備の開発ごとに更新される。

イベント礼装
名称増加効果
スイート・デイズフエールフレーバーのドロップ数+2個(以下4つの礼装の限凸は更に+1)
ファラオ・チョコラトルクークーカカオドロップ数+1個
はじめてのバレンタインミスティックミルクのドロップ数+1個
ウィッチズ・キッチンファンシーシュガーのドロップ数+1個
バレンタインのプレゼントの礼装フエールフレーバーのドロップ数+1個

開発施設
名称説明
カカオ農園常識外の速さで作物が育つカカオ農園。YARIOが協力。
パラケル君パラケルススが「チョコ生産」に特化させた自身のホムンクルスを作り、作業員として製造効率を向上させる。
チョコ工場その名の通りチョコを作る工場を建設する。後程で直流交流蒸気の三種のシステムに分けられる。
チョコゴーレムチョコでできたゴーレムを作る。言われるがままに働く上、チョコで出来ているので美味しく食べられ種類も多い。ただしウィスキーボンボンタイプは不安定の為開発中止になった。
マンドチョコラゴラマンドラゴラを品種改良したもの。引っこ抜くと死に至るほどの悲鳴を上げる。YARIOはこれに対してカルデアが誇る二大音響破壊兵器で相殺し、その間に収穫するという方法を編み出した。なお人の手でないと収穫した瞬間溶けてしまうが、幾つかの例外がある。
死チョコ魔術研究所『「過去に捨てられて死んだチョコ」という概念を再利用する』。言い換えると「チョコをリサイクルして再利用する」黒魔術施設。
精神と時とチョコの部屋体感時間を遅くする施設。ただし、中で行う行動がチョコに関与する場合のみ効果が発生する。
スペースチョコサーヴァントユニヴァースの過疎惑星トトーリのスターバックスでゾロ目(11,22,33、以下略)記念として貰える「チョコ型宇宙船」(フォルムはどう見てもアルトリウム)を転用する。船自体は使い捨てらしい。なお乗った本人は1トンで和菓子1個と交換する取引を行った。
宝石剣チョコリッチ一振りすればどこからともなくチョコが現れる。マジカルルビーを見て製作発想を得たらしい。何だか贅沢な響き
チョコ聖杯くん無限にチョコを出すなにか

登場サーヴァント

今回初登場のサーヴァント。どういうわけかチョコレートの製造にただならぬ熱意を見せており、宝具の「虚栄の空中庭園」を工場ならぬ工城へと変えた。
ただ徐々にその情熱は暴走の一途をたどっていく。一見今までのセミラミスと変わらないが…?

今年のバレンタインチョコのためにチョコ(※)を買おうとするも、下記の理由からまさかの品切れ。チョコの原材料を探して空中庭園まで辿り着いた。
ちなみに映った瞬間の挨拶は「好き!!(挨拶)」(デカデカと表記)。マスターへの愛を隠す気は一切無い正直さ。

※2016年に、普通のチョコがサーヴァントの魔力にあてられて暴走する事件が起こったため、2017年は特殊加工の「サーヴァント用プレーンチョコ」を売っていた。

上記のプレーンチョコ用カカオの出荷源にして、テスカんことテスカトリポカの領土からネコババしていたという事実が判明。
主にバレて締め出されてしまった為、今年はカカオを調達できなくなった。その上頼りにされなくなった不満から、終盤に大迷惑な事をやらかす。

札束風呂ばりのゴージャスさでチョコ風呂に入っている自らを予知し、清姫に空中庭園を紹介。その後はカルデアでチョコの経済取引を企んでいた。しかし終盤、彼女に訪れた現実はというと…

本編中には登場しないが、ピジョンレポートで彼の行動が描かれている。
庭園のカカオを奪おうとするも実が頭に直撃する天罰を受ける。そのショックでまたしても記憶喪失になり工城で働いていたが、終盤でサーヴァントユニヴァースへと飛び出し……


その他、様々なサーヴァントが協力している。

余談

「製造設備を開発・増設してお菓子を大量に生産する」というイベントの進め方そのものからしてクッキークリッカーが元ネタ。ピジョンレポートも同ゲームの画面上部で流れるニュースが元になっている。
なお元ネタに忠実な結果、開発が進むごとにどんどんチョコの数がヤバいことになり、その様子はピジョンレポートで断片的にうかがい知ることができる。

ピジョンレポートを始めイベント全体に無数の小ネタがちりばめられている。
代表的なものは、モノづくりの面でTOKIO(鉄腕DASH)が、チョコレート工場繋がりで『チャーリーとチョコレート工場』など。

関連タグ

Fate/GrandOrder Fate/GrandOrderのイベント一覧
バレンタインデー
チョコレート・レディの空騒ぎ:前回のバレンタインイベント。

pixivに投稿された作品 pixivで「繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409435

コメント