ピクシブ百科事典

軍艦旗

ぐんかんき

軍艦旗は、艦船の所属を示すために軍艦に掲げられる旗。
目次[非表示]

軍艦旗とは、海軍が用いるの所属を示すために掲げられるである。
国際社会で認知されている旗であれば、国際条約に規定される軍艦としての待遇を受けることができる。

概要

軍艦旗は、その艦船の所属を示すほか、その艦船が戦闘行動に用いられている(或いは従事している)事を表す事を示す意味合いがある。
つまり、軍艦旗は国旗商船に掲げられる社紋を象った商船旗とは別の用途・意味合いを持つため、国旗などとは明らかに異なる意匠となることが多いが、逆にアメリカカナダ(~2013)など国旗をそのまま軍艦旗としている国もある。

また、海軍に所属するホバークラフトでは、船上に取り付けられたプロペラに旗が巻き込まれることを防ぐため、船体に直接ペイントすることで代用していることがある。

軍艦旗の扱い

こちらも軍旗と同様に、国家元首など統帥権を持つ者から与えられることが多く、非常に神聖な存在として扱われる。
また、国際慣例においては、この旗をマストのトップに掲揚しているときは、戦闘中を表す。

そして、こちらは軍旗と違って唯一無二と言う訳ではなく、掲げられている間は常に強風に晒されるために痛みが早い上、軍旗よりも国際法や慣例において非常に重要な役割を果たす機会も多く、戦闘旗として敵味方の識別にも使用するため常に所属と意匠が明確に判る状態を保てるように予備が用意されている。日本海軍の場合は信号旗を扱う信号兵が傷んだ旗を修繕し、必要があれば補修用の生地で軍艦旗そのものを作ってしまうこともあったようである。

また、何らかの事情で艦を放棄する際は、可能な限り、降納して回収するよう指示されていることが多い。

軍艦旗は、その艦船の戦歴、乗組員の誇りと団結心、闘争心、忠誠心を表す存在として艦内で非常に格別の扱いを受けるということは言うまでもない。

デザイン

既に述べたとおり軍艦旗として特にデザインされた旗を用いる海軍もあれば、国旗をそのまま用いる海軍もある。

  • 大日本帝国海軍・海上自衛隊

FRONT


言わずと知れた十六条旭日旗
陸軍の軍旗と違って円形がやや旗竿側に寄っている。
海上自衛隊の前身組織である海上警備隊時代は、青い横縞の背景に緋色の桜が入る意匠だった。

  • 大英帝国海軍

WARSPITE


イラスト上方に描かれているもの。
前述の通り、白地に赤い十字。その左上にユニオンジャックが収まる意匠。
ホワイト・エンサインと呼ばれる。

  • ドイツ国防軍海軍

「孤独な北の女王」


赤地に黒い十字が描かれて、十字の中心にハーケンクロイツが描かれる。
中世以降ドイツ騎士団などで用いられてきた伝統がある鉄十字は左上に収められる。

  • ロシア帝国海軍・ロシア連邦軍海軍

Navy Day! All fleets gather!


斜線が交差する聖アンドレイ十字(Saint Andrew's Cross/Андреевский крест)と呼ばれるもの。
宗教的な意味合いが強く、キリスト教圏で多用される意匠だが、ロシアの海軍では白地に青い斜め十字が入るものが使用される。
社会主義政権時代は、白地に空色の底面、上方に赤い星、鎌とハンマーが並ぶという意匠が用いられた。

  • アメリカ合衆国海軍
独立以来、国旗である星条旗が、そのまま軍艦旗である。

軍艦旗に関する逸話

  • 1801年8月1日に発生したアメリカ海軍のエンタープライズ(三代目)とリビアのカラマンリ朝に所属するポラッカとの海戦では、エンタープライズに接弦斬り込みを仕掛けようとして失敗したポラッカが一度は軍艦旗を降ろして降伏の素振りを見せて接収のために近づいてきたエンタープライズに対し、再掲揚して戦闘を再開するという行為を繰り返して行った。二度目までは成功したものの、三度目はエンタープライズ側が信用せずに戦闘を継続、焦ったポラッカの艦長は手持ちの軍艦旗の予備も含めて海へ投げ入れることで抵抗する意思がないことを示して戦闘を終結させた。


関連項目

軍旗 海軍旗

関連記事

親記事

海軍 かいぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「軍艦旗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1549

コメント