ピクシブ百科事典

馬鹿が戦車でやって来る

ばかがたんくでやってくる

松竹製作・クレイジーキャッツのハナ肇主演のコメディ映画。山田洋次監督作『馬鹿シリーズ』第三弾。
目次[非表示]

概要

1964年公開。
團伊玖磨の小説『日向村物語』が原作で、音楽も團が担当している。
『馬鹿まるだし』『いい加減馬鹿』に続く監督・山田洋次、主演・クレイジーキャッツハナ肇の『馬鹿シリーズ』第三弾。

あらすじ

昔々、日永村のはずれに少年戦車兵上がりの乱暴者、サブがいた。サブは耳が遠い母のとみ、頭が悪い弟の兵六と3人で暮らしていた。
村中の嫌われ者であるサブ一家だったが、村一の長者、仁右衛門の娘・紀子だけは味方してくれた。
ある日、紀子が全快祝いの日、サブは仁右衛門から追い出されたことで暴れ回り、警察に送られる。サブがいない間に村会議員の市之進は、とみを騙してサブの土地を巻き上げてしまった。警察から帰って来たサブは怒り狂い、隠し持っていた戦車「愛國87号」を持ち出し、村で大暴れを始めてしまい…

関連項目

松竹 クレイジーキャッツ ハナ肇 山田洋次

関連記事

親記事

松竹 しょうちく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「馬鹿が戦車でやって来る」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4532

コメント