ピクシブ百科事典

961PRO_ALLSTARS

くろいぷろのほんき

冬馬「いくぜ!これが俺たちの全力だ!!」
目次[非表示]

概要

アイドルマスターシリーズに登場する芸能プロダクション・961プロの歴代メンバーが集結した時のグループのこと。由来はライバルとなる765PRO ALLSTARSにあやかったもの。

社長である黒井崇男は、彼の最大の弱点としてミスしたアイドルのフォローを一切行わず手放し、かつ765プロに執着するあまり自ら墓穴を掘ることもしばしばある。その影響でプロジェクトフェアリージュピターは完全に離反してしまう。(前者に至ってはユニットの存在が殆ど語られていない)

また、他のプロダクションに比べて一同が勢揃い作品は一切存在しておらず、ユニットを超えたやりとりは皆無で、かつ876プロのように男女混合のプロダクションであるかどうかも疑わしい。
最も登場回数の多いジュピターですら、存在が殆ど抹消されたプロジェクトフェアリー、後付設定だが海外で活躍しているゆえに登場回数の少ない玲音SideM以降の作品で登場したアイドルである詩花との共演は一度もされていない。
一方で、玲音と詩花はミリシタで共演がされており、詩花は玲音を「お姉さま」と呼んでいる。また、ジュピターは彼らの衣装であるブラッキッシュ961SPやよい兄弟が来ていたりゲッサン版ミリマスで彼らの歌が登場したりする等、ミリマスでもジュピターの存在は示唆されている。

ただ、黒井社長のアイドルを見出す力は本物であり、劇中でも彼(女)らの実力は遺憾なく発揮しているのも事実。冬馬も、北斗翔太と組ませてくれたのを黒井社長に感謝しており、ライブオンステージでは「黒井のおっさん…俺たちを組ませてくれた事には…感謝してる」と言っている。
また、ジュピターの代表曲である『Alice or Guilty』や『恋をはじめよう』が他所で使われても特に咎めず、彼らから「(黒井の)おっさん」や「黒ちゃん」と呼ばれても気にしないなど、上記の弱点を除くと黒井社長は割と甘いのではという声もある。玲音も、彼女が超有名アイドルとして活躍している影響で黒井社長は自由にアイドル活動をさせており、その事を玲音は感謝している。

そういった背景から961プロファンはかなり多く、特に「もしもメンバー勢揃いすれば765プロ(アケマスのメンバー)に勝てるのでは?」「そろそろ961プロ主役のゲームが出ても良いのでは?」という意見もちらほら見かける。冬馬役のてらしー等、961プロ勢揃いで出てみたいというスタッフも多いため、期待の声も相当大きいようだ。

関連イラスト

961プロは今日も平和なの。
961 Krone.



関連タグ

アイドルマスター 961プロ
アイドルマスターSP アイドルマスター2 アイドルマスターワンフォーオール アイドルマスターステラステージ
アイドルマスターSideM シアターデイズ
プロジェクトフェアリー ジュピター(アイドルマスター2) 玲音(アイドルマスター) 詩花
THEiDOLM@STERの公式・非公式ユニット一覧 アイマス越境

関連記事

親記事

THEiDOLM@STERの公式・非公式ユニット一覧 あいどるますたーのこうしきひこうしきゆにっといちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「961PRO_ALLSTARS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9911

コメント