ピクシブ百科事典

GIRLS_BE

がーるずびー

「GIRLS BE」とは、ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場する松尾千鶴・白菊ほたる・関裕美のトリオユニット。
目次[非表示]

概要

松尾千鶴はかわいいことに憧れながらも、生粋の生真面目さから着飾ることに怖気づいていた。
関裕美は容姿へのコンプレックスから、自分がアイドルなんてありえないといぶかしげだった。
白菊ほたるは自らの意志で芸能界入りを果たしながらも、生来の不幸体質でうまくいかず、プロデューサーと出会うころにはすっかり萎縮してしまっていた。
当初は後ろ向きだった女の子たちが、3人寄り添ってがんばる姿を見せてくれるユニットで、ゲーム内外で散発的に活躍が描かれている。

ユニット結成以前では、千鶴と裕美が「愛情いっぱいラブリーメイドガチャ」で、千鶴とほたるが「アイドルチャレンジ 目指せきらきらモデル」で、ほたると裕美がユニット【ワンステップス】で、それぞれ共演していた。
2016年9月以降は、岡崎泰葉を加えた4人組【GIRLS_BE_NEXT_STEP】で展開することがほとんどである。

第16回ドリームLIVEフェスティバル

2015年9月30日からの「第16回ドリームLIVEフェスティバル」で初登場。
カードはそれぞれ[乙女の晴れ舞台][小さなひかり][ハピネスプリズム]と、当時の最上位SRが使われており、各アイドルにとって集大成のような雰囲気だった。
台詞では誰がリーダーシップを取るでもなく、3人でお互いに支えあっている様子が見て取れる。このステージに至るまでこつこつと努力を重ねてきたのだろう。

  • ほたる「しっかり練習してきましたから、大丈夫です…よね?」
  • 千鶴「準備は万端のはずです! あっ、あとは、精一杯かわいく…!」

LIVEバトルに勝つ(プレイヤーが負ける)と、努力が実ったことに感極まる。
負ける(プレイヤーが勝つ)と、結果を謙虚に受け止めながらも、再起を誓う。
  • ほたる「つまづくことには慣れてますから、立ち上がることにも…」

『シンデレラガールズ劇場』772話

2016年9月17日に更新された『シンデレラガールズ劇場』772話は、[ガーリーポッシブ]岡崎泰葉をフィーチャーした回であったが、それまでほとんど縁のなかった【GIRLS BE】が約一年ぶりに再登場し、プレイヤーを驚かせた。
エピソードは、泰葉と【GIRLS BE】の3人がオフの日に遊びにいこうと相談しているが、メンバーがみな遊び慣れてないため、結局泰葉がオフでも頼られるというもの。
泰葉は「アイドルの時はみんな結構堂々としてるのにな…何で弱気なんだろう」と困り顔。

同時期(9月12~18日)に東京メトロ新宿駅「メトロプロムナード」で、『スターライトステージ』の広告が展開されており、その中にはぷちデレラが集まってわいわいしているムービーが流れていたのだが、そこでは泰葉と【GIRLS BE】の計4人が並んで踊る姿も見られた。そのため、『劇場』と連動して新宿に遊びに行ったかのような趣向であった。

月夜の歌詠み~GIRLS BE編~

2016年9月21日からの「アイドルLIVEロワイヤル お月見SP」で再登場。
このイベントでは、ラウンドごとに違うライバルユニットが【月夜の歌詠み~○○編~】として登場、を題に短歌を詠むという催しをしており、【GIRLS BE】もこれに参加した。
ほたると裕美が交互に詠み、千鶴が書道の腕を活かして書き留める役を担当。LIVEバトルの結果次第で句が変わる。

  • ほたる『曇らずに 月に出会えた 幸せを』
  • 裕美『あなたと共に』
  • ほたる『覚えていたい』(LOSE)
  • ほたる『わかちあいたい』(WIN)

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
松尾千鶴 / 白菊ほたる / 関裕美
GIRLS_BE_NEXT_STEP
シンデレラガールズユニット
アイドルマスターシンデレラガールズのユニット一覧

関連記事

親記事

シンデレラガールズユニット しんでれらがーるずゆにっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GIRLS_BE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 341229

コメント