ピクシブ百科事典

きのくに

きのくに

かつて日本国有鉄道・南海電気鉄道が運行していた気動車列車。
目次[非表示]

データ

国鉄天王寺駅発着南海難波駅発着
運行区間天王寺駅和歌山駅(分割併合)~白浜駅新宮駅難波駅和歌山市駅(スイッチバック)~和歌山駅(分割併合)~白浜駅新宮駅
運行路線国鉄阪和線紀勢本線南海本線(※南海線内は特急)・国鉄紀勢本線
車両国鉄キハ55系キハ58系キハ65形南海キハ5501・5551形


概要

日本国有鉄道南海電気鉄道が運行していた気動車列車。国鉄線内は「急行」(※運行開始当初は「準急」)、南海線内は「特急」の扱いで有料列車であった。
なお、同区間を運行する「南紀」が1953年から運行されていたが、1968年のダイヤ改正で「きのくに」へ統合されている。

国鉄阪和線・南海本線の「南紀直通列車」が運行されていたなか、1958年に天王寺駅白浜駅(※運行開始当初は「白浜口駅」)間の優等列車として運行を開始。
翌年の1959年に紀勢本線が全通、以前から客車1両使用による「南紀直通列車」を運行していた南海電気鉄道はこれに合わせて「きのくに」用のキハ5501・5551形(※国鉄キハ55系とほぼ同一設計)を新製し、天王寺発着の国鉄の列車との併結運転を開始した。南海では気動車乗務員の養成が間に合わなかった関係で、運行開始から1ヶ月間はモハ2001形電車3両編成による牽引が暫定的に行われていた。

1978年に紀勢本線が新宮駅まで電化され、特急「くろしお」が381系による運行へ格上げされると、所要時間・料金面で不利となってしまった急行「きのくに」はダイヤ改正のたび本数を削減・特急「くろしお」への差し替えがなされ、1985年のダイヤ改正で運行終了。
「南紀直通列車」は国鉄阪和線へ一本化され、南海本線からの「南紀直通列車」の運行は「きのくに」廃止とともに終焉を迎えた。なお、キハ5501・5551形は最後まで非冷房のままであった。

関連イラスト

盛夏の臨時気動車
急行サボシリーズ



関連項目

南紀 急行 日本国有鉄道(国鉄)・阪和線紀勢本線 南海電気鉄道南海本線 列車愛称 くろしお

pixivに投稿された作品 pixivで「きのくに」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7492

コメント