ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

※「くりぃむレモン」と表記される事が多いが、正しくは「くりむレモン」である。


概要

1984年に第1作媚・妹・Babyが制作され、異例の大ヒットとなり、後に数多くの作品が「くりいむレモン」シリーズとして制作された。


日本初のアダルトアニメと紹介されることもあるが、これ以前にもアダルトアニメは存在するので誤りである。

特筆すべきはアングラ的存在であったそれを大きく世の中に知らしめたことである。

現在も業界で活躍する有名スタッフや有名声優が多数参加していたが、当時は匿名で参加した者が多い。

それを公表している人物としては、及川ひとみ(亜美シリ-ズ主演)やうるし原智志(ホワイトシャドウ作画監督)、あんのひであき(ポップチェイサー原画)、宮崎一哉(青い性、続・黒猫館絵コンテ、演出)などがいる。


またアニメの他、18禁アダルトゲームや一般向け映画(アニメ、実写)がある。

またメディアミックスとしてアイドルグループレモンエンジェルが結成され、一般向け深夜アニメ化もされた。


2014年、「くりいむレモン30周年企画」としてDMM.comにて『くりいむレモン FourSeasons』が展開されたが、アイテム課金制と往年のファンからの不評で人気が振るわず、僅か半年の2015年1月でサービス終了となった。


2023年現在DMM.TVやU-NEXT等で配信されている、料金を支払えば視聴が可能となっている。


主な作品

※ 話数は配信タイトルに準拠


オリジナルシリーズ

話数タイトル内容
第1話媚・妹・Baby原点にして頂点。亜美が初体験時、絶頂に達して発したセリフ「亜美飛んじゃう!」オタクの間で流行語に。 これを越える作品が出なかったことが、後のシリーズ迷走の一因となった。
第2話エスカレーション全寮制の女子高SM百合シーンが盛りだくさんのストーリー。*1
第3話SF・超次元伝説ラル全宇宙を手中に収めようと企む悪しき魔法使いラモー・ルーは惑星ラルに侵入し、ラルにある伝説の剣“リバース”を得ようとラルの王女を誘拐する。ビキニアーマー淫獣の触手がメインで当時の日本ビデオ倫理協会の審査を無修正のまま通過した事で話題となった。
第4話POP♥CHASER単発シリーズ。アニメ界の超大物スタッフが匿名で参加したとされ(少なくともここを見てる人間なら大半が知っている)、出演声優も今では考えられない大物が目白押し。
第5話亜美・AGAIN亜美シリーズ・第2弾。早すぎた性に傷つき続ける亜美を描く。ヒロシとの関係を義母に知られ、義母はヒロシを海外へ留学に出してしまう。孤独に苛まれた亜美はプレイボーイで知られる河野隆二と出会い関係を持ってしまう。
第6話エスカレーション2〜禁断のソナタ〜エスカレーションシリーズ・第2弾。
第7話いけないマコちゃん MAKO・セクシーシンフォニー(前編)潔癖症の少女の奥迫に眠る性が強制的に目覚めてしまう。平・・弘幕野内味美が参加していたとされ、POPCHASERと並ぶ程の話題作となった。
第8話スーパーバージン単発シリーズ。超能力+学園もので、意図的にエロアニメ臭を廃した牧歌的なキャラデザインが特徴だったのだが、あまりにも面長すぎたためムーミン呼ばわりされ、抜けないエロアニメの代表格として語り継がれている。
第9話ハプニング・サマー単発シリーズ。少女の、姉の恋人への淡い憧れと、幼馴染の少年との恋物語。
第10話STAR TRAP単発シリーズ。SFもの。超能力を有する二人の宇宙警備員少女が、宇宙規模の危機に対処する冒険を描く。二人組の少女という点から、某作品のパロディ的な側面も持つ。
第11話黒猫館単発シリーズ。昭和初期、書生の主人公が田舎の未亡人と娘、メイドが住む館にて体験する淫猥な日々を描く。その雰囲気はシリーズ中でも突飛しており、内容含めて高い完成度を有する。
第12話いけないマコちゃん MAKO・セクシーシンフォニー(後編)第7話の続篇。別人格に振り回される少女の性の目覚めを書く。エスカレーションほどではないが、レズシーンが挿入されている。
第13話亜美III亜美シリーズ・第3弾。ヒロシが海外から一時帰国したことを知った亜美は心よりも足取り早くヒロシに会いに行く。しかしヒロシの反応は冷たかった。行き場を失くした亜美は、河野のもとに身を寄せるが…。
第14話なりすスクランブル単発シリーズ。学園の平和を守る美少女のドタバタギャグ作品。
第15話超次元伝説ラルII〜ラモー・ルーの逆襲〜第3話の続篇。復活した魔物と戦う少女の物語。
第16話エスカレーション3〜天使たちのエピローグ〜エスカレーションシリーズ・第3弾で一応の完結篇。学校卒業を目前としたリエの前に問題児の後輩アリサが現れる。

新・くりいむレモンシリーズ

話数タイトル内容
第17話森山塔ゲストスペシャル〜5時間目のヴィーナス〜仕切り直しされたシリーズ第1弾。ゲストに漫画家・森山塔氏を招き製作された。今作では女子高生・葵しめじと美術教師・入野苑子が登場。
第18話ホワイトシャドウオカルトホラーもの。新体操に打ち込む少女と、彼女を想う二人の男子学生が、謎のペンダントにより恐怖の体験をする。
第19話魔人形 (madol)ホラー、もしくは奇譚。ホワイトクリスマスの夜に、五年間行方不明だった姉の友人に誘われ、淫靡な体験をする少年の物語。
第20話e・tude〜雪の鼓動〜ポスト亜美シリーズを狙い製作された。病弱の少女・由梨香には亮と言う彼氏がいた。しかし亮との交際を快く思わない由梨香の父は亮に由梨香のことで重大な告白をする。
第21話ゆめいろBUNNYうさぎ(ウサミミ少女)を購入したスケベな少年が、様々な少女たちと知り合いエッチするファンタジーもの。
第22話サマーウィンド〜少女たちが運んだ夏〜恋人を失った青年が、夏の海で少女と出会う。彼女と親しくなるも、その少女も秘密があった。夏の海を舞台にした悲恋の物語。
第23話二人のハートブレイクライブ異星人からアイテムを貰い、大人の少女に変身した幼女が、想いを寄せる青年に迫るが……当時に人気だったとある魔法少女ものの、エロパロ的な内容。
第24話e・tudeII〜早春コンチェルト〜由梨香シリーズの続篇。亮は由梨香のもとから何を言わずに去り心を深く傷つけられる由梨香…。時が経ちそんな由梨香の前に従弟であるまさひこが現れる。この後続篇が製作される予定だったがファンからの不評を買い今作で打ち切りとなった。
第25話放課後×××漫画家・森山塔を招き製作されたシリーズの第2弾。良家のお嬢様であるあすかは仮面をかぶった謎の男たちに誘拐され…。5時間目のヴィーナスの主人公だった葵しめじも脇役として登場する。

亜美シリーズのスピンオフ

第26話幻のくりぃむレモンPart.0亜美シリーズとエスカレーションシリーズの、それぞれの一作目を、当初予定していた構成通りに編集したもの。ただし通販のみ。*2
第27話亜美・イマージュ〜白い影〜「亜美・シリーズ」の続編にしてミュージックビデオ。シリーズでは初となる一般作。亜美がシリーズの事後にモデルにスカウトされ、アイドルデビューする様を描く。

漫画家シリーズ

第28話魔道都市アスタロトラル・シリーズに参加した、計奈恵氏を招いて製作。ラル同様、剣と魔法のファンタジーもの。主人公のエルフ少女は、クライマックスに(露出がやや少なめだが)ビキニアーマーを装着する。
第29話ヨーロッパの印象唯登詩樹氏による作品。ヨーロッパに観光に来た少女が、エロ込みで様々なトラブルに巻き込まれる。本作の「ヨーロッパ」は、現実のそれではなく、シュールな異世界といったもの。
第30話チェリーなゆううつカップルの少年少女が、初めてのエッチに失敗。少女は女性の先輩や同性の友人などから、性の手ほどきを受けて二度目のエッチに挑む、という内容。亜麻木硅氏がキャラデザインと原案を担当。同氏らしく、百合のシチュが組み込まれている。
第31話そうかもしんない森山塔氏を改めて招いて製作。内容は「拳銃を手に入れた青年が、それを用いて無言のまま、行きずりの女性たちを脅しつつ様々な羞恥プレイを強要していくだけ」という、物議をかもす内容だった。

亜美・それからシリーズ

第32話哀しみのなかでファンからの要望で制作された、いわば亜美シリーズの完結編。亜美はその後成人しアイドル歌手への道を進むことにした。河野が芸能プロダクションの社長として亜美を引き抜くも、ヒロシにフィアンセが出来たことで傷ついた亜美は自暴自棄になりマネージャーの中西と関係を持ってしまう。
第33話忘れたいのに中西と関係を知った河野は彼をクビにする。文句を言おうとした亜美に河野は「甘ったれるな」と恫喝するのだった…。
第34話抱かれたいのに河野は改心し亜美にプロポーズをし婚約を決意する。しかしその真意は河野にとってただの戦略でしかなく…。一方ヒロシはそのことを知り亜美にもとへ向かったことで亜美の心は再び揺れ始める。
第35話微笑みのなかで気持ちが落ち着かないままコンサートが行われる。ヒロシはフィアンセとの婚約を破棄し亜美のもとへ向かう。コンサートは無事成功するも亜美は河野を振り切りヒロシのもとへ向かう。そこで亜美が出した決意とは河野とヒロシどちらにも別れを告げ、引き続きアイドルの道を突き進むことだった…。

シリーズ名無し

第36話青い性〜アンジェ&ローズ〜カナダにホームステイに訪れた日本人少年・としやは、ステイ先の家で伯母であるローズとその娘アンジェ、そしてその妹のエディと出会う。ある日の夜自慰に耽るローズを目撃してしまったことをキッカケにとしやは彼女とアンジェとの性体験を繰り広げて行くという内容。
第37話続・黒猫館その名の通り第11話「黒猫館」の続篇。あれから30年経ち村上正樹は法律事務所を運営し結婚し子供もできた。ある日新聞であの黒猫館が復活した記事を見て、その場所へ向かった。そこにはあれから1秒も歳を取っていない女主人・冴子と娘・亜里沙の姿があった。すると自らの姿も若返り再び冴子との愛欲の日々を過ごすことになる。この作品は黒猫館のスタッフが1人も参加しておらず評判はあまり良くなかった。

その他

第38話DARK〜ダーク〜「くりいむレモンスペシャル」と題しアリスJAPANからリリースされた中世の西洋ホラー的な作風の一作。画学生ニールは悪魔の森と呼ばれるところで路頭に迷っていた神学生・ネッドと出会う。二人が森の奥へ進むと1軒の古城があり、そこで女主人であるマリアとメイドのベスト出会う。実はマリアの正体は男の精力を吸い取る悪魔だった…。
第39話旅立ち〜亜美・終章〜「プロジェクトA子」の併映作品。一般作で劇場公開作品。亜美・シリーズの終章として製作され、本来なら亜美の物語は今作で完結する予定だった。「亜美・それから」シリーズよりも前に公開されている。

新世紀くりいむレモンシリーズ

第40話エスカレーション〜Die Liebe〜エスカレーションのリメイク作品。リエ、ナオミ、ミドリは登場するが、オリジナルシリーズとは設定が異なる。本作のみ、リエのペットとして岬トモエが登場。
第41話亜美 RENCONTRER亜美シリーズのリメイク作品。本作のみ新任教師の木下が登場する。

配信無し

  • くりいむレモン3周年記念スペシャル 卒業アルバム くりいむレモン名場面集:上記オリジナルシリーズの総集編。本作のみのナビゲーションキャラを新たに設定。

  • くりいむレモン New Generationシリーズ

2006年から展開のシリーズ。ライトな作風の一般作。四作が製作され、うち二作は亜美・シリーズのリメイクである。

vol.1 亜美 前編 I・妹・美

vol.2 レトルト美女八景

vol.3 亜美 後編 もういちど…

vol.4 クリーチャーバスター


関連書籍

フェアリーダスト

創映新社から発刊されたマンガ誌。くりいむレモンおよびプロジェクトA子、レモンエンジェル関連の作品の情報提供やサポート、ファンの交流の場として発刊された。

作品のコラムやグラビアの他、作品に参加したアニメーター・漫画家によるマンガ・アニパロマンガも掲載していた。一応全年齢向けだが、中にはR15程度の性的描写があるマンガも掲載されている。

ゲームブック

ブーム華やかなりし80年代頃に、創映新社から「くりいむレモン ゲームブック」が発刊された(著者:フーラム・メール)。

以下の三作が同時に発売された。

  • 1「くりいむギャルズ アイドルを探せ

:ある日、突然、君は謎の女神ミータスによってビデオの世界に投げ込まれてしまった。

君の使命は、失われたミータスのペンダントを捜し出すことだ。

ペンダントを見付けないと、この世界からは出られない。

くりいむレモンの美少女総出演のパラレルワールドから、君は脱出することが出来るか?

アイドルとの出合いが君の運命を決する!

:亜美シリーズ、エスカレーションなど、日常系の作品および各ヒロインが登場する。亜美やナオミなどからペンダントを探し出し、それらを入手する事で元の世界に戻る事が目的。各作品およびキャラクターは、現実のそれと同じく「ビデオ作品(創作物)」「その劇中のキャラクター」という扱いになっている。

  • 2「イマージュ 亜美Love Coll

:君は、偶然、女の子と知り合った。彼女の名前は亜美。どこか寂しげな美少女だ。そして、君と亜美とのラブストーリーが始まる。秋の海辺、高原の牧場?どこかに彼女を誘おうか。しかし、彼女には秘密があるらしい。君と亜美との間には障害がいっぱい。君は、はたして亜美の心をつかむことが出来るだろうか?

:本作は、主人公も亜美と同じ世界観の存在として登場。ヒロシではなく、無関係の普通の男性が主人公。読者はこの主人公となり、亜美と知り合い恋人になっていく様子を描いている。

  • 3「美少女戦争(ウォーズ) -ヒロインを救え-

:時は西暦2010年。君はひょんなことから、とんでもない事件に巻き込まれてしまう。

君は美少女たちを助けて、得体の知やれない敵を倒さなくてはならないのだ。

はたして、君は数々の攻撃をかわして勝利を勝ち取ることが出来るだうろか!?

くりいむレモンの人気SFキャラ総出演の冒険物語が、今、始まる。

:ラルシリーズ、およびPOPCHASERなど、SF的・ファンタジー的な作品の世界観とキャラを登場させた作品。


関連タグ

プロジェクトA子:派生作品。元はこのシリーズの一作として企画されたが、企画の進行と共に別シリーズとして分割された。

ゲームセンターCX:有野課長の得意分野(と思われるも本人がはぐらかしており、真偽は不明)

桜井智レモンエンジェル、というかくりいむレモン一番の出世頭。

吉岡平富士見書房(富士見美少女文庫)でくりいむレモン(e・tude)の小説版 を出した。


注釈

*1:余談だが『くりいむレモン FourSeasons』では制服が濃緑色のボレロ+ハイウエストスカートに変更されていた(本来はセーラー服)。

*2:内容は、上記二作の後半15分を一本にまとめたもの。当初「くりいむレモン」は「無修正のエロシーンを中心とした15分程度の作品二本をカップリングして発売」の予定で後続作品もこのフォーマットを用いる予定だった。

関連記事

親記事

OVA おりじなるびでおあにめーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4985457

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました