ピクシブ百科事典

それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ

それゆけうちゅうせんかんやまもとよーこ

富士見ファンタジア文庫で刊行されていた庄司卓によるSF小説。2010年にアサヒノベルズに移籍。
目次[非表示]

原典(小説版)のイラストは赤石沢貴士。

1990年代における富士見ファンタジア文庫の看板作品のひとつで、同時期に漫画化・アニメ化されている。

しかし2000年代に入ってから執筆の停滞が続いた。同時にライトノベルというジャンルそのものも新たなる過渡期に入り、それに対応する形で富士見ファンタジア文庫も方針転換を余儀なくされ、結果として完結を待たずして打ち切りとなる。

2010年代初頭より90年代ライトノベルのリバイバルブームが起こり、その一環として、アサヒノベルズ(単行本サイズ)より富士見版を再編集した「完全版」が刊行された。このバージョンによって完結編『ハートウェアガール』が上梓され、20年の長きにわたるシリーズに終止符を打った。

概要

 相対未来の30世紀を舞台に、銀河に進出した人類の二大勢力であるTERRAとNESSの間で繰り広げられている、人の死なない(いわばスポーツ化した)宇宙戦争で、主人公である現代世界の女子高生山本洋子とその仲間達がTERRAの宇宙戦艦のパイロットとして活躍するというストーリー。
 作品の中にはアニメテレビゲームに関連するネタが各所に盛り込まれており、この作品の特徴の1つでもある。

本作のキャラクターデザインとタグ付けについて

前述の通り本作は1990年代にメディアミックス化されているのだが、その際「先行メディアのキャラクターデザインを踏襲せず(むしろ積極的に忌避するように)各メディア独自のキャラデザを打ち出した」事で知られており、同じキャラクターでも公式のキャラクターデザインが最低5種類存在している。

富士見書房のメディアミックス戦略としては原作のキャラデザを破棄して成功をおさめた『無責任艦長タイラー』の例があるため、これを踏襲・拡大解釈した上での手法と考えられる。

そのため本作キャラクターを描いた作品のタグについては「どのメディアの(誰のキャラデザによる)キャラクターを描いた作品なのか」を示した方がより親切と言える。

キャラデザの類型については以下の通り

1.原作(赤石沢・小説)版:言わずと知れた原作小説のキャラデザ。富士見・朝日、両社共通。なおCDドラマのジャケットは原作挿絵の流用であるため、ここに分類される。

  • 漫画版
2-a.コミックドラゴン(角井・漫画第1作)版:最初にメディア化された漫画版のキャラデザ。作者(キャラクターデザイン)は、角井陽一。月刊コミックドラゴン連載。
2-b.ドラゴンJr.(みよね・漫画第2作)版:テレビアニメ版から経由してメディア化された漫画版のキャラデザ。テレビアニメ版の影響を多少残しているが原作の影響もあり、双方の折衷案的なキャラデザとなっている。(が、結果としてどっちにも似ていない別物のキャラデザと化している)作者(キャラクターデザイン)は、みよね椎。月刊ドラゴンJr.連載。
  • アニメ版
 アニメ版はOVA版およびテレビアニメ版の双方をひっくるめて新房昭之(新房)版と呼ばれる事があるが厳密には異なる。
3-a.OVA(中沢・新房1期)版:OVA版のキャラデザ。キャラクターデザインは中沢一登。なおOVAの1期と2期でも微細のデザインが異なるため、さらにこれを「OVA1期版」と「OVA2期版」に分ける場合もある。
3-b.テレビアニメ(渡辺・新房2期)版:テレビアニメ版のキャラデザ。キャラクターデザインは渡辺明夫。

登場人物

エスタナトレーヒ・チーム

ヤマモトヨーコ!


主人公陣。地球を拠点とするTERRAに所属する艦隊旗艦「エスタナトレーヒ」を拠点とする。エスタナトレーヒのマッド・エンジニアであるカーティス・ローソンの開発した事象転換装置「クロノス・プレインズ・システム」によって集められスカウトされた20世紀の女子高生たち。

  • 山本洋子:主人公。地元では名の通ったシューティングゲーム系のゲーマーであった。
  • 御堂まどか:洋子に対するライバル意識が強い。元・器械体操オリンピック候補だった、現・アニメオタク。広いおでこが特徴。
  • 白鳳院綾乃エリザベス:洋子の幼馴染で古流武術の達人。冷静沈着を信条としている。洋子曰く「着せ替え娘」。
  • 松明屋紅葉:大衆劇団の娘。映画に関しては知識が豊富。関西弁でしゃべる。
  • カーティス・ローソン:エンジニアであり、洋子達を宇宙戦艦に乗せた張本人。天才的な技術者。
  • ゼナ・リオン:洋子達の艦隊を預かる指揮官。通称「リオン提督」。

レッドスナッパーズ(メオ・ニスの四姉妹)

HPのトップ絵(1999)


宇宙における権益においてTERRAと争っている、恒星間移民船団NESSに所属するメオ氏族ニス家の四姉妹。初期における洋子たちのライバルチームであり、本作における憎めない悪役かつ愛すべきバカポジションの姉妹。なお、正式な呼称ではメンバー全員に「メオ・ニスの(個人名)」とつくが、ここでは割愛する。

  • ルージュ:長姉。姉としての責任感が強く姉妹にありったけの愛を注いでいるが、上司の司令官であるフーリガーに首ったけの色ボケ。フーリガーが洋子を評価している事から一方的な恨みを洋子に抱くが、幾度も戦場で洋子と対するうちに、なんか洋子に対してツンデレるユカイなねーちゃんになっていく。
  • ロート:次女。バカを装いながら酷薄な知略を立てる戦略家……であるのだが、やっぱりドコか憎めないバカ娘。そのバカっぷりときたら妹たちから「20世紀の人間にロートねーちゃんを『コレがあなたたちの子孫です』なんて紹介したら、20世紀の全人類が絶望して未来を待たずに滅んでしまうんじゃないだろうか! 」と危惧されるレベル。
  • ルブルム:色ボケと策略バカと臆病者に挟まれて常識人になるほかは無く、結果ささいな抵抗なのかパンクロック娘になってる三女。まどかとはフーリガーの副官であるバーニナーを巡って火花を散らす間柄になる。
  • エリュトロン:臆病で哲学的で流されやすくドコか電波な末妹。パニック癖があり登場当初はロートに策謀の駒にされることが多かった。しかし紅葉と出会って打ち解ける事でパニック癖と電波から脱却して「紅葉さんに恥ずかしくないように堂々とした自分でいたい!」と思うようになる。基本的には素直で優しい子。ちなみに洋子たちの世界に迷い込んだ時には大自然のおしおきをする少女コスプレをさせられていた。ちなみに作者は初期のあとがきで「番外編『エリュトロンの冒険』を出したい」と、のたまっていた。(本気か冗談かは図りかねるが、結局はこの野望は叶わずに終わっている)

フェイズ2チーム(フィッシュチーム)

HPのトップ(2000)


原作後半において事実上のNESS瓦解分裂によって発生した第三勢力Noyssに所属するチーム。ローソンをライバル視(もうこの時点で十分にマッドだが)するエンジニア、メオ・ママンのオットーによって開発された「クロノス・プレインズ割り込みシステム」によって集められた20世紀の少女たち。メンバーそれぞれにエスタナトレーヒチームの面々と個人的な因縁を持つ。
アニメや角井版には登場しないが、みよね版コミックには、ばっちりと貴重な登場を果たしている。

  • 高取集:ゲーマーの兄を持つブラコン娘。白い鍔広帽子とワンピースがトレードマークのお嬢様然とした少女。家伝である弓道の心得を持つ。かつて洋子が兄をゲームでコテンパンに叩きのめし(なおかつ、その兄が「打倒洋子」を掲げて集を構わなくなっ)た事から「お兄さまが山本洋子に敗れてから、おやすみのキスも添い寝もしてくれなくなった! おのれ山本洋子許すまじ! お兄さまに、またアレコレしてもらってあわよくば一線を越えるために、山本洋子を誅殺してくれる! 」と洋子を逆恨んで骨髄の恨みを抱く、若い身空であっぱれなる、まごうことなき大変態。ただし、兄と洋子が絡まなければ、どこまでも常識人であり、若き弓道家として「武士の情け」的なものも心得ている。一応、フィッシュチームのリーダー。
  • 雉波田光:まどかの器械体操選手時代の後輩。体操選手であるためか艦の操作時は緑のレオタードを着ている。体操選手としてはまどかをトコトン崇拝しているまどか信者だが、同時に自分の理想を他者に押し付け、しかも人の話をカケラも聞かない、というとんでもない悪癖を持っている。それは自らが尊敬するまどかに対しても同様で、事ある毎に「まどか先輩! 体操に戻ってきてください! 」と迫りまくって彼女を閉口させている。のちにオットーから「まどかは宇宙戦争にかまけているから体操に戻らないのだ」と吹き込まれ「まどか先輩は宇宙戦争なんかしている場合じゃない! 自分がまどか先輩を戦争で倒して体操に戻ってきてもらうんだ! 」とまぁ「なんでそうなる!?」とツッコみたくなるレベルの手前勝手なステキ思考を繰り広げてまどかに挑むようになる。もっとも、彼女もまどかが絡みさえしなければ常識人であり、またアツくなりやすいメンツが揃うフィッシュチームでは唯一の良心として機能している部分もあり、さらには洋子たちからは(思考に問題はあれども)まどか思いの側面も評価されているので、実はフィッシュチームでは一番エスタナトレーヒチームと仲が良いポジションにいる。
  • 紅鵬院翼:白鳳院家と流派の本流を争っている紅鵬院家の娘。紅の道着に片目隠れがトレードマーク。流派の本流争いの事情から、綾乃を目の敵にしている。綾乃が宇宙戦争を舞台で戦っているのを知り「鳳家の娘(綾乃の事)がやっている事が自分にできないはずはない」「鳳家の娘と常に同じ舞台で戦い勝つことが鵬家の娘(翼の事)の務め」と自ら任じてフィッシュチームに参加する。ちなみに何気に最初のフィッシュチームメンバーだったりする。
  • 鷲尾木葉:紅葉の従妹の小学生。忍者好きで自らも忍術(と称する、それらしきもの)を使う。自家の大衆劇団の行く末を憂う母(紅葉の叔母)の意向を受け、紅葉を連れ戻すために宇宙戦争に参加する。紅葉の義兄に劇団に戻ってきてほしいとも考えており、紅葉を連れ戻せば彼女の義兄も戻ってくると考えている。(が、実は紅葉の義兄が劇団を離れたのは、ぶっちゃけ紅葉と同じ理由……つまり「エンタメにおける家と自身の夢との乖離であり、夢を叶えるための家出&留学」であるため、紅葉が劇団に戻っても義兄は戻ることはない)家に逆らう紅葉に対しては反発もあってぞんざいな口調を使うが、母親に対してはお仕置きの恐怖から丁寧語を用いる。

関連イラスト

赤石沢ヨーコ(原典)渡辺ヨーコ(TVアニメ)
山本洋子
コミックマーケット85・Kei-Station 0新刊誌の表紙
みよねヨーコ(ドラゴンJr.版) 
宇宙戦艦ヤマモトヨーコRemixのイメージカット


関連タグ

ヤマモトヨーコ 富士見ファンタジア文庫

関連記事

親記事

富士見ファンタジア文庫 ふじみふぁんたじあぶんこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35228

コメント