ピクシブ百科事典

それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ

それゆけうちゅうせんかんやまもとよーこ

富士見ファンタジア文庫で刊行されていた庄司卓によるSF小説。2010年にアサヒノベルズに移籍。
目次[非表示]

原典(小説版)のイラストは赤石沢貴士。

1990年代における富士見ファンタジア文庫の看板作品のひとつで、同時期に漫画化・アニメ化されている。

しかし2000年代に入ってから執筆の停滞が続いた。同時にライトノベルというジャンルそのものも新たなる過渡期に入り、それに対応する形で富士見ファンタジア文庫も方針転換を余儀なくされ、結果として完結を待たずして打ち切りとなる。

2010年代初頭より90年代ライトノベルのリバイバルブームが起こり、その一環として、アサヒノベルズ(単行本サイズ)より富士見版を再編集した「完全版」が刊行された。このバージョンによって完結編『ハートウェアガール』が上梓され、20年の長きにわたるシリーズに終止符を打った。

概要

 相対未来の30世紀を舞台に、銀河に進出した人類の二大勢力であるTERRAとNESSの間で繰り広げられている人の死なない戦争に、主人公である現代世界の女子高生山本洋子とその仲間達がTERRAの宇宙戦艦のパイロットとして活躍するというストーリー。
 作品の中にはアニメテレビゲームに関連するネタが各所に盛り込まれており、この作品の特徴の1つでもある。

本作のキャラクターデザインとタグ付けについて

前述の通り本作は1990年代にメディアミックス化されているのだが、その際「先行メディアのキャラクターデザインを踏襲せず(むしろ積極的に忌避するように)各メディア独自のキャラデザを打ち出した」事で知られており、同じキャラクターでも公式のキャラクターデザインが最低5種類存在している。

富士見書房のメディアミックス戦略としては原作のキャラデザを破棄して成功をおさめた『無責任艦長タイラー』の例があるため、これを踏襲・拡大解釈した上での手法と考えられる。

そのため本作キャラクターを描いた作品のタグについては「どのメディアの(誰のキャラデザによる)キャラクターを描いた作品なのか」を示した方がより親切と言える。

キャラデザの類型については以下の通り

1.原作(赤石沢・小説)版:言わずと知れた原作小説のキャラデザ。富士見・朝日、両社共通。なおCDドラマのジャケットは原作挿絵の流用であるため、ここに分類される。

  • 漫画版
2-a.コミックドラゴン(角井・漫画第1作)版:最初にメディア化された漫画版のキャラデザ。作者(キャラクターデザイン)は、角井陽一。月刊コミックドラゴン連載。
2-b.ドラゴンJr.(みよね・漫画第2作)版:テレビアニメ版から経由してメディア化された漫画版のキャラデザ。テレビアニメ版の影響を多少残しているが原作の影響もあり、双方の折衷案的なキャラデザとなっている。(が、結果としてどっちにも似ていない別物のキャラデザと化している)作者(キャラクターデザイン)は、みよね椎。月刊ドラゴンJr.連載。
  • アニメ版
 アニメ版はOVA版およびテレビアニメ版の双方をひっくるめて新房昭之(新房)版と呼ばれる事があるが厳密には異なる。
3-a.OVA(中沢・新房1期)版:OVA版のキャラデザ。キャラクターデザインは中沢一登。なおOVAの1期と2期でも微細のデザインが異なるため、さらにこれを「OVA1期版」と「OVA2期版」に分ける場合もある。
3-b.テレビアニメ(渡辺・新房2期)版:テレビアニメ版のキャラデザ。キャラクターデザインは渡辺明夫。

登場人物

山本洋子 … 主人公。地元では名の通ったシューティングゲーム系のゲーマーであった。
御堂まどか … 洋子に対するライバル意識が強い。アニメオタク。広いおでこが特徴。
白鳳院綾乃エリザベス … 古流武術の達人。冷静沈着を信条としている。洋子曰く「着せ替え娘」。
松明屋紅葉映画に関しては知識が豊富。関西弁でしゃべる。

カーティス・ローソン … エンジニアであり、洋子達を宇宙戦艦に乗せた張本人。天才的な技術者。
ゼナ・リオン … 洋子達の艦隊を預かる指揮官。通称「リオン提督」。

レッドスナッパーズ:ルージュロートルブルムエリュトロン

関連タグ

ヤマモトヨーコ 富士見ファンタジア文庫

pixivに投稿された作品 pixivで「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22419

コメント