ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

中東に存在する新興国のひとつでカスピ海ペルシャ湾の間に位置する小国。

国家元首は、第1皇女のマリナ・イスマイール(ただし、議会制を敷いているため、象徴的な存在である)。


1stより6年前に、主人公である刹那・F・セイエイの出身国だったクルジス共和国を武力併合し、王政を復活させることで、国民の意識をまとめようとしている(だが内部ではクルジスの人間を嫌悪・差別する者もいる)。


他の中東諸国と同様に、外貨を得るものを化石燃料である石油に依存していたため、国連が一方的に決議した石油の輸出規制に反対し、太陽光エネルギーの恩恵を受けられていない。

そのため、国の財政は困窮し、エネルギー不足に直面。さらに国内では外部からの介入を拒む保守派と、太陽光発電を取り入れようとする改革派の対立によってテロが頻発し、政情不安定になっていた。


小説版によると、かつて石油産業が主流だった頃は豊かで夜景が持ち味の観光スポットもあったらしい。


1st seasonでは、国連の技術支援で太陽光受信アンテナが建設され始めるも、アリー・アル・サーシェスの策略で、保守派の指導者マスード・ラフマディーが拉致される事件が起き、内乱が発生してしまう。

ガンダムが介入する事を予想したユニオンの軍事支援を受けるも保守派による軍事クーデターが発生しソレスタルビーイングの武力介入にまで発展し始めたが、マスードがソレスタルビーイングにより救出され、彼がガンダムエクシア(しかも武装を取り外したうえで)に王宮まで送り届けられた事で内戦は終結、受信アンテナの修復も行われたが、それでも混乱はまだ収まっていなかった。

更に、ガンダム打倒のための国連軍が結成された反動で、受信アンテナの修理も途中で放棄されてしまった。


2nd seasonでは、他の中東国と同じように石油採掘権を連邦に譲渡する条件を持ち出され、連邦の経済的な植民地になることを防ぐために地球連邦に参加しなかったことから経済が破綻。保守派の指導者だったマスードも死亡したことで、改革派と保守派の対立が激化していた(1stではマリナの外交の旅も警護がついていたのだが、この頃には宿泊施設のグレードを落とした上で、侍従を付けずにマリナ一人で出向かなければならないほど困窮していた)。

マリナが外交中にソレスタルビーイング再出現に伴い関係者として連邦保安局に拘束され、加えてその隙を付いたアルケーガンダムにより一度は国土を焦土化され、中東再編の名の下に中東各国を支配下に置こうとする連邦の暫定政権により解体されてしまう。イノベイター勢力との決戦後にはマリナが復帰し、国土の復興が行われている。

しかし戦乱の火種がまだ残っているので、いばらの道と思われたが、改革した地球連邦政府による中東国への支援も行われ始め、どうにか国内は落ち着きを取り戻した。


所属キャラクター

マリナ・イスマイール

シーリン・バフティヤール

マスード・ラフマディー


保有MS

アンフ


関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 ソレスタルビーイング ユニオン AEU 人革連


イラン…現実の「カスピ海とペルシャ湾の間」辺りに位置する国。ちなみに「アザディスタン」とはペルシア語で「自由の国」を意味する。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム00 きどうせんしがんだむだぶるおー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1870

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました