ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中東に存在する新興国のひとつ。カスピ海ペルシャ湾の間に位置する小国。国家元首は第1皇女のマリナ・イスマイール(但し、議会制を敷いているため、象徴的な存在である)。

1stより6年前に、主人公である刹那・F・セイエイの出身国だった「クルジス共和国」を武力併合し、王政を復活させることで、国民の意識をまとめようとしている(なお、アザディスタン人の中にはクルジス人を蔑視している者もおり、コミック版ではクルジス人の刹那を集団リンチしたシーンもあった)。

他の中東諸国と同様に、外貨の獲得源を化石燃料に依存していたため、太陽光エネルギーの恩恵を受けられていない。そのため国の財政は困窮し、エネルギー不足が蔓延。さらに国内では宗教の解釈の違いから、異文化を嫌う保守派と太陽光発電を取り入れようとする改革派の対立によってテロが頻発し、政情不安的になっていた。

小説版によると、かつて石油産業が主流だった頃は豊かで、首都も美しい夜景が持ち味の観光スポットだったらしい。

1st seasonでは国連の技術支援で太陽光受信アンテナが建設され始めるも、アリー・アル・サーシェスの策略で保守派の指導者マスード・ラフマディーが拉致される事件が起き、内乱が発生してしまう。ユニオンの軍事支援を受けるもソレスタルビーイングの武力介入にまで発展し始めたが、マスードがソレスタルビーイングにより救出され、彼がガンダムエクシアに王宮まで送り届けられた事で内戦は終結、それでも混乱はまだ収まっていなかった。


2nd seasonでは、(石油採掘権を連邦に譲渡する条件を持ち出され、連邦の経済的な植民地になることを防ぐために)地球連邦に参加しなかったことから経済が破綻。保守派の指導者だったマスードも死亡したことで、改革派と保守派の対立が激化していた(1stではマリナの外交の旅もSPがついていたのだが、この頃には宿泊施設のグレードを落とした上で、侍従を付けずにマリナ一人で出向かなければならないほど困窮していた)。
加えて一度は国土を焦土化され、連邦の暫定政権により解体されてしまうが、イノベイター勢力との決戦後には、国土の復興が行われている。
改革した地球連邦政府による中東国への支援も行われ始め、どうにか国内は落ち着きを取り戻した。

所属キャラクター

マリナ・イスマイール
シーリン・バフティヤール
マスード・ラフマディー

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 ソレスタルビーイング ユニオン AEU 人革連

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム00 きどうせんしがんだむだぶるおー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アザディスタン王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1400

コメント