ピクシブ百科事典

オリンピアの天使

おりんぴあのてんし

オリンピアの天使(Angels of Olimpics)またはオリンピアの精霊(Olympian spirits)とは、グリモワール(魔術書)において言及される超常的存在である。
目次[非表示]

概要

占星術における「七惑星火星水星木星金星土星と、恒星である太陽衛星である)」に対応させられた天使、あるいは精霊

『アルバテル』によると、全知全能の神が自身の創造した宇宙の、目に見える星々の領域の管理人として配した存在であり、それぞれが天の軍団を大勢従えている。

可視的宇宙は196の国に分けられ、そのうちアラトロンは49、ベトールは42、ファレグは35、オクは28、ハギトは21、オフィエルは14、フル(フォウル)は7の国々を統括する。

彼らはそれぞれ期間ごとに「支配者」の役割を担う。『アルバデル』によるとこれはナザレのイエスが誕生する60年前から始まり、7人目の支配者の任期が終わると1人目に戻る。

メンバー


言及する文献

  • アルバテル・デ・マギア・ウェテルム(Arbatel de magia veterum)

16世紀にスイスで出版された魔術書。ラテン語で書かれている。オリンピアの天使についての言及は三巻にある。

  • トゥリエルの秘密のグリモワール
堕天使集団「グリゴリ」の一人トゥリエル(またはトゥレル)の名を冠した魔術書。16世紀に書かれたと主張されるが、最初に出版物となった1960年以前より前に本書が記録・言及された痕跡は無い。実際はアーサー・E・ウェイト編の魔術書アンソロジー『黒魔術と協定の書』に含まれた『アルバテル』英訳や、マクレガー・メイザース編の『ソロモンの鍵』からの継ぎ接ぎとされている。

フィクションでの言及

複数人、あるいは全員がモチーフとして登場する作品に以下がある。
ファンタシースターオンライン2:作中に登場する組織「マザー・クラスタ」の幹部名として。
バトルスピリッツ:「星座編」ブロックで登場。アラトロンが「天使長」扱いになっている。

関連タグ

黄道十二宮の天使

pixivに投稿された作品 pixivで「オリンピアの天使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 451

コメント