ピクシブ百科事典

カタール(MS)

かたーる

漫画『アウターガンダム』に登場するモビルスーツ(MS)。

このカタールにはありとあらゆる技術がブチ込んである
どんなパイロットでも死なずにすむようにな
逃げて生き帰るより戦って生き残るために設計してある

こいつを持って返れれば一人でも助かるデータになる

概要

テレンス・リッツマン博士の主導によって月面のグラナダで開発された、ジオン公国軍の試作モビルスーツ(MS)。型式番号MS-19N。頭長高23.2m。
ニュータイプ専用機かは不明だが、オールレンジ攻撃を可能とする武装を搭載しており、パイロットであるエファ=ガラドリアル准尉もフラナガン機関出身のニュータイプである。

本機の特筆すべき点として、「潜宙モード」と呼ばれる程の高い低観測性を発揮できる「戦術ステルス機」であることが挙げられる。
潜宙モード時の能力は機内の優れた熱処理装置の賜物で、熱探知センサーを無力化する上に、マットブラック単色塗装の採用を可能としている。これは宇宙空間用の迷彩としては最も効果的ではあるが、普通ならば機体に熱が溜まりすぎるため使えないものであり、光学的手段によっても極めて見つけにくくなっている。ただし、オーバーヒート対策として、武装使用時は潜宙モードをカットする必要がある。
また、本編中では描写されていないが、背面透過スクリーンを用いた光学ステルスモードも存在するようだ。
反面、ミノフスキー粒子の普及もあってか、現実におけるステルス機が重視しているレーダーに対してのステルス性は考慮していない模様。
相対したジム・コマンドのセンサーは本機をまったく探知できなかったが、あくまでも「極めて目立ちにくい」機体であり、投入されたソロモン戦ではソーラ・システムの照射が逆光となって機影を発見されている。

その他に武装として、頭部の「口」の部分と両肩に計7門のビーム砲を、頭部に2門のバルカン砲を、右腕に詳細不明の2連装火器を有するほか、左太股内部にビームブレード1基を格納している。また、オールレンジ攻撃用の攻撃システムを両腕に計2基接続しているが、ビット(あるいはファンネル)といった固有名詞は作中では語られていない。
また、ビーム攻撃を熱拡散させる対ビーム装甲(ABA)を全身に纏っている。

作中ではムサイ級巡洋艦「ヘル=ホーク」を母艦としてソロモン戦に投入され、存在を探知されぬまま地球連邦軍のMS部隊を屠っていくが、AI「ゼファーファントムシステム」に制御された無人MS「ゼファーガンダム」に捕捉され、これと交戦。
最終的には胴体にゼファーのビームサーベルを受けて相討ちに近い形で撃墜されるが、ガラドリアル准尉は自我を目覚めさせたゼファーの判断によって救助されている。

なお、型式番号「MS-19」はドルメルと重複しているが、両者の明確な関連性は不明。ただし、ドルメルを取り上げた雑誌企画『GAME'S MsV』#97では、「MS-19のN型」としてカタールの名前が言及されている。

関連タグ

ゼファーガンダム
ジオン公国
ミラージュコロイド

関連記事

親記事

ジオン軍 じおんぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カタール(MS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42

コメント