ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

名前通り仮面の姿をしたモンスターで、施錠された扉を開ける鍵とセットで配置されている。

鍵を奪おうとする侵入者を監視しており、鍵を取ると猛スピードで襲いかかってくる。しかも鍵を手放さない限り追いかけてくるため、トラウマになったプレイヤーも多いはず。

 

鍵を手放すと追跡をやめて画面外へ消えていくため、「掴む↔放り投げる」の繰り返しで運べば襲われないのだが、鍵を放り投げた先が落下穴だった場合はまたカギを取ってくるハメになる。追い詰められる前に落ち着いてカギを足元に置くのが確実。


スーパーマリオコレクション』に収録されたリメイク版では、追いかけてくる時の演出が変わり、動きも少し遅くなったが、誘導がかなりキツくなっているため、見た目の追跡スピード以上に避けにくい。ただ、スターの無敵による体当たりで倒せるようになり、倒せばカギを持っていても追いかけてこない(このリメイク版は後に「スーパーマリオアドバンス」としても単独移植されている)。


海外版の名称は「ファント」。色は赤と白(SFCの『スーパーマリオコレクション』では金色。同様にSFC-BS『BSスーパーマリオUSA パワーチャレンジ』のビッグカメーンも金色)。


ビッグカメーン

『BSスーパーマリオUSA パワーチャレンジ』(サテラビュー)に登場。通常のおよそ2倍の大きさになった巨大カメーンであり、サウンドリンクイベントとして数秒間登場する。イベントとしては「スーパーキャサリンズが、まず手始めにビッグカメーンを召喚した」というイベントであり、「手始め」という事でラジオドラマ内では非常に軽いノリなのだが……

▲動画内7:30〜7:43(※)。イベント召喚なのでカギ関係無しに数秒間ずっとプレイヤーを追い続けるというとんでもない鬼畜仕様なのである。一定時間ずっと出続けるのは流石にヤバイと考えたのか、部屋の移動・若しくは1回のプレイヤーダウンで去るが、プレイヤーの誰もが阿鼻叫喚に包まれたとか。動画内ではプレイヤーダウンですぐ終わるが、それでも恐ろしさは伝わるはず。まずミスらない訳が無い

第4話の最序盤のイベントである故にスターを出す事はほぼ不可能であった為、スターで倒せるかは不明である。


(※···実際の放送では18:07(.30)に召喚された)


なお『マリオストーリー』には名前がそっくりなカーメンというキャラがいるが、関係は無い。

こちらは見た目通りの仮面だが、あちらはツタンカーメンから来ているのかもしれない。


スーパーマリオメーカー2

久々に登場。

Ver.3.0のアップデートで追加された「のろわれたカギ」を取ると出現。配置次第で『3』の太陽とのトラウマ共演も可能。

ちなみにカメーンは本作の敵では珍しく完全無敵であり、倒す手段が一切存在しない。画面内の敵を全滅させるはずの月すら効かない。


なおマリオメーカーのカギの仕様上、扉を開けるまで「のろわれたカギ」を意図的に手放せないためか、原作より攻撃の手はやや緩んでいる。

「のろわれたカギ」を複数所持しても出現するカメーンは1体。ただしマルチプレイで複数人が別々にカギを取った場合は人数分出現する。


元ネタ

オリジナルの『夢工場ドキドキパニック』では、イラストとは表情が違いとぼけた顔になっているが、カギを取っても動き出さず、キャラが扉の外へ出た瞬間になんの前触れもなく襲ってくる


もともとこのゲームは、フジテレビのキャンペーンで開催された大規模なイベント「コミュニケーションカーニバル 夢工場’87」、とのタイアップで制作されたものであり、イベントのシンボルマークは「仮面」であった(CMでも多用されていた)。ゲーム全体をよく観察すれば、ヘイホームーチョトンダリヤマスクゲートといった仮面キャラの一大祭典であり、カメーンもそのうちの1体であったと推測される(ちなみに、キノコブロックも元をたどればビッグフェイスという名称の黒い顔(仮面)である)。


しかし北米発売において主要キャラクターをマリオシリーズのそれに入れ替えられた際、カメーンのデザインが変更されたうえに演出が加わったことによるインパクトは少なくない影響を与えたものと思われる。

スーパーマリオコレクションでは特定のカギ部屋に背景として巨大カメーンがおり、カギを持っている間は目が光る演出つき。スーパーマリオメーカー2におけるカギのネーミングに関してもわかるとおり、ここまでくるとカメーンが「数多くの仮面キャラの1体」であった名残はもはやどこにもない。


恐怖のツボを押さえたスタッフに乾杯。


スーパーマリオくん

ドン・チュルゲが連れて来た。相手に取り付いて操る能力を持っている。マリオに取り付こうとしたが避けられてしまい、代わりにルイージに取り付いて暴走した。

マリオ達は反撃としてヨッシーのクッキー(PANIC)で攻撃するが、ルイージの脳細胞の配列が崩れたため、敵味方の関係無く攻撃を仕掛けるようになり、手が付けられなくなる。

しかしヘイホーに変装したピーチ姫がストップウォッチで動きを止め、その隙にマリオがカメーンを外し、元のルイージへ戻る事が出来た。しかし次はヨッシーに取り付き再び暴走した。その後の事態の収束は不明。

登場時2コマ目で「カメーン(噛めーん)」と言いつつマリオたちに噛みついていたり、ルイージに取り憑いて相手の一味に加担した際に当時のクイズ番組司会者のモノマネを(ルイージが)するなど、恐ろしい敵ながらもギャグマンガとしてのボケもしっかり挟んでいる。

それ以降の話には登場しないが、ドドリゲスによってサブコンに連れて行かれたマリオ一行に、キノピオが書いた伝言板の中にカメーンが間接的な意味で登場している。

手がないのに、どうやって書いたのだろうか。ちなみにカメーンが書いた伝言は「カギ返してください」…地味にクスリとくる内容である。


なお、「ルイージが仮面をモチーフとした敵に身体を操られる」という展開はこの敵が行っている。


余談

アメリカの映画会社(トムとジェリーなどを制作)・メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)のロゴで

ライオンが真ん中に映るのだが、その真下にある変な奴がカメーンのベースなのでは?と思う人もいるかも。


関連イラスト

恐怖の番人うっ、うわあああああああぁぁぁっ…!!


関連タグ

関連記事

親記事

スーパーマリオUSA すーぱーまりおゆーえすえー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 513984

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました