ピクシブ百科事典

ギーヴ

ぎーゔ

「アルスラーン戦記」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

田中芳樹小説またはそれを原作とした漫画アニメアルスラーン戦記」の登場人物。
CV:矢尾一樹 / KENN(日5版)

流浪の楽士を自称する美青年である。
飄々とした性格で人を食った発言も多いが、アルスラーンが王城の外で育ったことを見抜く等、意外と洞察力は鋭い。
容姿は「濃く深い色調の赤紫色の髪と紺色の目」をしており、「長身だが華奢にすら見える体格と美貌」を持つ22~23歳の若者、と描写されている。

琵琶竪琴などの楽器をこなし、女性の扱いにも非常に長けているが、の扱いにも優れている。
特に弓については神業的な腕前を誇り、エクバターナがルシタニアに包囲された際には、囚われの万騎長シャプールの「味方の矢で死にたい」との意を受け、一矢でその眉間を射抜き、彼を苦しみから解き放った。その一件が原因で後にシャプールの異母弟イスファーンとの間に確執を抱える。

自らを「アシ女神の僕」とし、ファランギースをアシ女神と同一視している。
彼女との出会いを経て、なりゆきでアルスラーン陣営に加わることとなる。
他人から奉仕されるのを当然と考えている王侯貴族を軽蔑しているが、王太子アルスラーンが一般的な王侯貴族とは対照的な人物と知ると興味と好感を持つ。

本人曰く、2枚の舌に加え、10以上の”色のない舌”を持つ。
ギーヴならぬ悪鬼(デーヴ)の尻尾を苦労して隠しているらしい。
ファランギースに対して好意を持っているのは確かだが、彼女に冷たくあしらわれることも楽しんでいるそぶりも見られる。

関連イラスト

荒川弘デザイン

ギーヴ
そこの絶世の美女



以下劇場版神村幸子デザイン(左)、小説挿絵天野喜孝デザイン(右)

劇場、OAV版のギーヴ
ギーヴ



複数のメディア展開によりデザインはそれぞれ異なるが、アル戦キャラで「楽器を持つ(または両方装備)イケメン」がいたら、だいたいギーヴである。

また、これは本人のせいではないのだが、劇場版の矢尾一樹がカイ・ホスロー叙事詩をはじめとした歌・詩・口説きセリフを全て歌う&歌うように話していた。
対してKENNは初登場の見せ場であるカイ・ホスロー叙事詩を『歌わずにセリフ』で通すなど、先代と比較して【歌っていない!】と評価される事が多い。
アニメ版は中盤以降、歌うように語るシーンが増えてきたので流石に歌えとでも言われたのだと思われる。

とおもったら、DVD付録のアル戦カイ・ホスロー叙事詩をロックで歌っていた。
公認ネタになったようである。

関連タグ

アルスラーン戦記

pixivに投稿された作品 pixivで「ギーヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2727183

コメント