ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

いつでも無表情で無感情なIKS.gear。常に冷静で冷たく見えるけど、リコとチイのことを大切に思っていて、家族のように感じているみたい。髪飾りのリボンはリコとチイから「あまりに色気がない」と言われて貰ったものなんだとか。

(公式HPより引用)


「……こんばんは。ご歓談中ごめんなさい。私はコミュ。」


CV:礒部花凜(ミナトと兼役)


概要

ホットパンツにそしてへそ出しという、行動しやすそうな格好をした「IKS.gear」の1体。

頭には獣耳のような突起(動画ではピクピク動く)があり、尻尾のようなコード?を付けている。

よく見ると口元にほくろがある。


物静かで丁寧な話し方、その上で冷静で冷淡な考え方もしている。

チイに指示を与えたり、感情的で激情的なリコをたしなめるなど、IKS.gearのまとめ役と言ってもいい存在である。

上記の通り、鉢巻のように巻いているリボンはリコ・チイからの貰い物。その割にはあの部分は2人の中間くらいなのだが。


モデル車両は諸説あるが、トヨタ自動車の子会社・トヨタ車体の電気自動車、コムスが有力。

そのためか、彼女の英字表記は「komyu」ではなく「comyu」である。


劇中での動向

メインストーリー第3章

「今日この日、この駅さえ使い物にならなくなればよいのです。」


リコ、チイと共にマスター達が夏祭りの準備をしていた駅を襲撃。上述の台詞と共に駅を滅茶滅茶にしようとする。しかしリコは機材を破壊しようとしたコミュを制止するような行動を取り…?


「リコ、もう話を聞くのをやめてください。今すぐ機材を破壊する、それだけでいい。」


(以降はネタバレのためリコの項目も参照のこと)


IKS.gearコミュ襲来! ~リコ奪還を阻止せよ~

序章



リコが現代に留まる選択をしてから少し経ったあと。

コミュはリコ達からリボンを貰ったことを回想していた。




リコ「……やっぱあんたは、もうちょっとオシャレした方がいいと思うわ」

「……現状、そういった装飾は必要ないものと判断しています」

リコ「そこはリーダーの私の判断に従いなさいよ」

「……リコがリーダーとは聞いていませんが」

リコ「そういう細かいことはいいのよ!」


そう言ってリコはオレンジのリボンを取り出した。


リコ「……ほら、こっちの方がいいじゃない!……ね?」




ふと、本部からの通信が入る。


《緊急指令》

◇過去に不法滞在しているIKS.gear No.3の奪還を命ずる。

◇奪還後、そのIKS.gear No.3は、IKSで速やかに廃棄する。


その文言は、友人を手に掛けなければならないということを意味していた。


時空間ホールを通りながら、コミュは呟いていた。使命と友情の間に葛藤があったからだ。

「リコは……決して私たちを裏切るようなことはしなかったはず……」

「思えばあの時……」

コミュのメモリーにはんこが浮かんでいた。


「リコ、あなたはどうして……」




そして現代。

「こちらコミュ、これから任務を遂行します」

「IKS.gear、起動」


コミュの瞳が、緑色に妖しく輝く。


イベント攻略法

コミュの弱点に設定されたのは「eco属性」「アタッカー」。双方の条件を満たすでんこはメロイムラレーノさいかねもめぐるシキネふたばショコラルイザとなる。

どちらかの条件を満たすでんこのうちバージョンアップ実装済みなのはメロ、しいらコヨイひめゆかりセリアシャルロッテナギサニャッシュレン、めぐる(前半と後半の間に追加)と大幅に増えた(そこ、前回特攻になるようなでんこをわざと外しただけじゃねえかとかごねない)。


また、今回から「強化個体」が登場した。自力で遭遇できるコミュのレベルが5になると低確率で登場する。

HPが15万という複数人の課金前提の強さになっている分、倒した時に得られるポイントも増える。

ただし制限時間と参加上限人数は6時間/6人で変わらないため、火力に自信がなかったら無視することも考慮すべき。


イベントストーリー

「目標地点に到着しました。指令通り、行動を開始します。」


ルナ・もえ・しぐれに連れ出され、水族館を訪れていたリコを観察するコミュ。だが自分たちと一緒にいないのにもかかわらず、(ツッコミを入れているとはいえ)楽しそうにも見えたため、「隣にいるのはわたしやチイではないのに、どうして?」と嫉妬を燻ぶらせた。

感情を見せているため、リコはもう道具の誇りを捨ててしまった。そう確信したコミュは、リコに襲い掛かる。


一度は再会を喜ぼうとしたリコではあったが、しぐれに連れられて撤退させられかかる。

しかしコミュはでんこの動きを制限するスイッチを使い、しぐれとルナを足止めする行動に走った。

だがもえだけはコミュが現れる前に眠くなってきたルナの目を覚まさせるため、飲み物を買いに行っていたため無事だった。

もえがスイッチを切ったが、コミュはまだ迫ってくる。そこでもえはルナが試作した新発明、「イルカトハナセールEX」でコミュを攻撃した。

ここからもえとコミュの問答が始まる。


「なぜ、あなたたちがそこまでするんです。リコは、IKSの道具ですよ。」


もえ「道具なんかじゃありません!わたくしたちと同じように、笑って怒って、楽しんでいます。」


「欺瞞……いえ、そのように錯覚しているだけでしょう。感情なんて、そんなもの……ただの装置の動きに過ぎません。あなたたちも、リコも、わたしも。」


もえ「……スイッチが押されて、その反応だと?でも、だったら人間だって同じでしょう。

体はホルモンや刺激に反応します。それらすべてを、わたくしたちは『心』というんです!」


「あくまでも、わたしたちに感情があるとでも言い張るんですか?人に作られた道具なのに。」


もえ「道具だって、感情や心を持ってもいいと、わたくしは思います。」


「……不要です。」


もえ「コミュさん……本当に、そう思っていますか?わたくしには、コミュさんは……!」


「わたしのことまで気にしている余裕があるんですか?その装置が壊れれば、わたしはすぐにリコに追いつきますよ。」


もえ「っ……なら、わたくしたちが守るだけです!負けません!

リコさんは、わたくしたちにとって大切な方ですから!」


ついにイルカトハナセールEXは限界に達し爆発。だがその煙に紛れてもえは逃走できた。



辛くもマスターたちに合流できたもえだったが、コミュも追いつく。ルナとしぐれはリコを守るために戦おうとしたが、リコ本人が制止した。


リコ「お前たち、勝手なことばかりするな!狙われてるのは私よ。コミュの相手は、私だけで……」


しぐれ「そんなことさせられるわけないでしょう!リコさん、お願いだから、わたしたちを頼ってください。

もう仲間なんです。放っておくことなんてできません!」


だがしぐれの発言を聞いてコミュは戸惑った。


「……仲間……?どうしてそんな風に思うんです。どうして、そんな風に……リコは、あなたたちの仲間じゃない。だって、リコは……」


しぐれ「リコさんは仲間です!IKSには渡しません!

コミュさんは……コミュさんこそ、どうして仲間に、リコさんに攻撃なんてするんですか!」


「それは……だって、わたしは……わたしの、役目、だから……」


コミュは納得できなかった。自分の方がリコに寄り添ってきたのに、よりにもよってでんこに「リコは自分たちの仲間だ」とを言われる筋合いはなかったからだ。


(どうして……ですか?どうして、ずっと側にいたわたしではなくて……どうして、あなたたちの方が、リコを理解しているんですか?

どうして、リコの隣にいるのがわたしたちではないんですか?ずっとそばにいたのは、わたしたちなのに。どうして……どうして)


心が揺れ動くも、今回のことが上層部からの指令であることを自分に言い聞かせるコミュ。


しぐれ「っ……指令なら、何でもするんですか。道具だから?」


「……その通りです。そう命じられたなら、わたしはそれを実行するだけ。壊れることも、壊すことも構わない。」


しぐれ「壊れることなど怖くない……その気持ちは、わたしにもわかる気がします。

でも、本当に……指令だからって、大切なものを壊せますか?守りたいと思っていたものを、そう思わないようにできますか?

指令で心は変えられません!壊しても構わないなんて、そんなはずありません!コミュさんにとって、リコさんは……っ!」


「っ……だまって!あなたたちに、何がわかるんです!!」


激昂したコミュから放たれる衝撃波。まともに喰らいかけたしぐれだったが、彼女を咄嗟に庇ったのはリコだった。

しかし、そのダメージは大きく、起き上がるのもままならない。

一瞬戸惑ったが、コミュはすぐにリコを連行しようとする。

だが、負傷しもえに介抱されていたリコが力を振り絞り起き上がった。でんこ達からはもちろん止められたが、説得のためにコミュの前へと向かう。

そして、リコはコミュに語り始めた。勝手に失踪した挙句裏切ったことへの謝罪、IKSと奪取er協会が共存する未来への希望、でんこ達に影響されたことを、洗いざらい話した。


リコ「私は、今の私も悪くないと思ってるの。だから、やっぱり戻ることはできないわ。戻っても……道具として、IKSに従えないもの。

だから、コミュがどうしても私を連れ戻したいなら、」


リコ「コミュの手で、私を壊して。


リコは、コミュへの贖罪と感謝として、彼女の手で破壊されることを選んだ。

もちろん、でんこ達は猛反対。リコには犠牲になってほしくなかったからだ。


(……それが、あなたの選択なんですね、リコ それなら……わたしは。わたしの選択は……)


悩んだ末、コミュが出した結末は…。


「わかりました。そこまで言うのなら……これで終わりにしましょう。」


残酷ではあるが、コミュはリコの希望を汲んでリコを手にかけることを選んだ。


「さようなら、リコ。」


強い衝撃波に晒されたリコの体が粉砕され…








なかった。リコは健在だった。呆然と立ち尽くすコミュ。


「どうして……?何故?わたしは……リコを、壊すつもりで……決めたはずなのに。どうして、動けないの……?」


ルナ「動けないのは……多分、コミュの心が嫌がってるからなんよ。」


「わたしの、心……?そんなもの、わたしにはないはず……だって、わたしは、わたしは……道具、なんですから……!」


ルナ「別におかしい事なんてないんよ。道具にだって、心はあるんよ。たくさんの発明品を作ってきたウチにはわかるんよ。」


ルナは語る。発明品が上手く動かない時は、発明品にもやりたいこととやりたくないことがあるということ、そしてどんなものにも心があり、その心が嫌がることはできないということ。


「……わたしは、嫌がってなんて……ちゃんと、わたしは……!」


ルナ「本当に、リコを壊していいと思ってるん?それが本心なんよ?耳を澄ませるんよ。

コミュの心は、なんて言ってるんよ?ちゃんと心の声を聞かなきゃ、後で絶対に後悔するんよ……!」


マスター「コミュ、君は本当はどうしたいの?」


「わたしは……

リコと、チイと一緒に……いたい……」


やっと本心を打ち明けることができたコミュ。

そしてリコのかねてからの希望、そしてルナの計らいもあって奪取er協会へ加入することとなった。


(これから、どうなるか……チイがどうするかはわからない)

(でも、わたしは……わたしの心を、見失わないように……できたらいい)









「でんこの任務もこなします わたしは道具ですから。」


プロフィール

でんこNoIKS02
タイプディフェンダー
属性cool
スキル絆に揺れるリボン
キャラクターデザインヨネベ

スキル

絆に揺れるリボン

一定時間、アクセスされた時に一定確率で相手のATK変動スキルの効果量を0にすることがある。

相手がオリジナルでんこ・エクストラでんこの場合は発動率が上昇する。


ようはリコのATK無効化版といったところ。こちらの方が発動時間・クールタイム共に長い(カンスト時の場合だとリコ…30分/4時間、コミュ…1時間/4時間30分)。

大幅にATKを増加させるレーノ・コタン・めぐる・ベティーあたりには非常に有利。

他の効果は普通のままなので、イムラやレオニーはHPだけ減らされるし、ゆのかに倒されなければ回復してくれる。ニナからも経験値をもらえるし、運が良ければあまねエレナのデメリット(効果時間短縮、強制終了)だけ発動させられることも。


やはりというべきか無効化できるのはATK変動効果のみなので、以下の効果は対象外。


また、自分側のスキルも巻き込むためひなオーロラシュアンなどの「相手のATK減少」効果を受けられない。

加えてデメリットとしてのATK減少持ちも天敵。特にショコラなんかに攻撃された暁には大変なことになります

基本的に攻撃側が有利なゲームバランスのため、単体だと厳しい場合がある。他の防御系サポートスキルと併用することも考慮しよう。


関連タグ

駅メモ ステーションメモリーズ! トヨタ トヨタ車体 コムス マイクロカー

関連記事

親記事

ステーションメモリーズ! すてーしょんめもりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました