ピクシブ百科事典

サイクリングロード(ポケモン)

さいくりんぐろーど

サイクリングロードとは、ポケモンシリーズに登場する自転車専用通路である。
目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズの一部地方で登場する、じてんしゃでしか進めない道路の事。
自転車用に道が整備されている事が多く、自転車がないとゲートの警備員に注意されて通してもらえない。ただ、ゲート前でわざわざじてんしゃを選択せずともゲートをくぐれば自動的に主人公がじてんしゃに乗る仕様となっている。
正確にはサイクリングロードというのは公式で呼ばれる通称で、この場所でタマゴを孵化しても「◯◯ばんどうろ(サイクリングロードがあるどうろ)で かえって であった」になり、「サイクリングロードで」とは表記されない。

現在のところ、外国モチーフのイッシュカロスアローラ地方には確認されていない。そもそもアローラにじてんしゃが存在しない。

カントー

タマムシセキチク間を繋ぐ17ばんどうろに位置する。
道は陸続きの急な坂道になっている。間違っていなければクチバシティから行き来する船が通航出来るのはここしかないはずだが…?
HGSSになってようやく開発側も矛盾を解決する気になったのか、海の上に高架橋のように通路が設けられた道路に変更された。それでも坂道になっている海を渡るという矛盾は残ってしまっているが。

治安は相当悪く、トレーナーはぼうそうぞくスキンヘッズといった柄の悪いヤンキーで溢れかえっている。続編では数こそ減ったものの相変わらずである。
後述からもわかるように他の地方では普通にトライアスリートが走っており、ここまでヤンキーに占領されてるのはこの地方ぐらい。どんだけカントーは治安が酷いんだ…

また初代のみじてんしゃを持っていなくても強引にサイクリングロードを通行できるバグが存在するが、その時もじてんしゃに乗っている事から、どうやらこの場所は最初から主人公が徒歩で歩いて進めるようにプログラミングされていないようである。

LPLEではじてんしゃが廃止されたため、単にポケモンを捕獲するスポットとして存在する。

ちなみにアニポケ無印では、初代のじてんしゃに乗る時のBGMが本編ではここを舞台にした36話でしか使われていないのは有名な話。

ホウエン

キンセツカイナ間を結ぶ110ばんどうろに位置する。
サイクリングロードと呼ばれるのは高架化された道路の方で、シーサイドサイクリングロードと呼ばれている。
道路上にいるのはトライアスリートばかりで中には勝負を挑んでくるものもいる。
マッハじてんしゃを利用していると南側入り口寄りのトライアスリートからタイムを計ってもらえる。ただしタイムが悪いと主人公をボロクソに言ってくる上、マッハじてんしゃに乗っていればいかなる時でも必ず勝手にタイムを計測してくるため段々イラっとしてくる事請け合い。
タイム計測者のオレ様な態度がむかつくならあえてこの時だけダートじてんしゃに切り替えておくのも手だろう。

シンオウ

ハクタイクロガネ間を繋ぐ206ばんどうろに位置する。
カントー同様急な坂道で構成されており、やはり利用者はトライアスリートだらけ。
一人だけ道路を右往左往しているトライアスリートがいる。

関連タグ

ポケモン じてんしゃ 17ばんどうろ
カントー ホウエン シンオウ トライアスリート
黒いゲーフリ ヒャッハー!

関連記事

親記事

どうろ・すいどう(ポケモン) どうろとすいどう

子記事

兄弟記事

コメント