ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「『おまえらの血統にとどめを刺す時』オレの人生はやっと始まるッ!」


概要

CV:日野聡


グリーンドルフィンストリート刑務所の男子監に収容されている男囚。身長185cm。35歳。

かつてDIOに忠誠を誓った忠実な部下。

元軍人で風速20mの中でも仕事をこなしたスゴ腕のスナイパー

白内障を患っており目はほとんど見えなくなっているが、今まで培ってきた経験と技術と空気の動きを感知することで標的を正確に打ち抜く。

ライフルを白杖に偽装して刑務所内に持ち込んでいる。

DIOを狂信的なまでに崇拝しており、DIOを倒した空条承太郎とその娘・空条徐倫を抹殺するべく行動する。


徐倫が無実の罪で収監されたのも、弁護士が金に汚い悪徳弁護士だったのも、徐倫の彼氏を裏切らせたのも、ジョンガリ・Aが刑務所内から手引きしていたためである。

しかし、こいつの裏にはさらなるドス黒い悪が潜んでいた


スタンド能力を用いて男子監より徐倫と承太郎を襲撃するが、気流を読むスタンドの性質を逆に利用される形で徐倫の反撃を食らい敗北。

しかし、一連の勝負は幻覚を見せるドロドロによる偽りのものであった上、読者すら混乱するほど現実と幻覚が入り乱れる状況に発展。

徐倫達が辛うじて幻覚から脱したのも束の間、看守に変装してドロドロと共に二人を追い詰め、ついには承太郎のスタープラチナの能力を奪い取る事に成功する。

そして徐倫を始末する一歩手前にまで至るが、ストーン・フリーの能力によって動きも攻撃も封じられ、オラオララッシュを浴びて今度こそ敗北した。

その後はまだ息があったものの、現場へ戻ってきたドロドロに口封じとして射殺された。


名前の由来は、イギリスのファッションデザイナー「ジョン・ガリアーノ」。


スタンド「マンハッタン・トランスファー

ジョンガリ・A

【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - C】


本体が放った弾丸を標的へ反射する中継ポイントとなる、狙撃衛星のスタンド。

スタンド自体は自我を持たず、まったくなにもしてこない。フワフワとライフルの射線上に浮いているだけ。

気流を鋭敏に感知し、あらゆる攻撃を回避する。スプリンクラーから落ちる水も全て避けて移動するほど。


余談

ちなみに、盲目でDIOに忠誠心を捧げる遠距離型のスタンド使いは他にも第三部に登場したンドゥールという男がいる。

第三部当時(1987年)の彼は推定11歳にしてDIOの部下であった。おそらくボインゴあたりと同世代だと思われる。


また6部時点で既にDIOが死亡しているため彼からどれほど評価されていたかは作中では明記されていないが、肉の芽を植え付けられていないのでDIOからはそれなりに信頼されていたと思われ、それを踏まえたのか外伝小説の「OVER HEAVEN」でとある要人のボディガードとしてDIOが彼を派遣している。


小話

なお作中では冷徹な殺し屋、親愛なる主君の敵討ちに燃える復讐鬼としての面が強調されている彼だが…


初登場シーンは何と素っ裸のシャワーシーン(しかも見事に大きな尻をしていた)という留置係に「マ」から始まるものを見られた主人公に次いで凄味のある登場を読者に見せつけた。勿論(?)この一連のシーンはアニメ化の際にも尻を含めて見事に再現されていた(ご丁寧にやたらと筋肉と尻を強調するアングルだったりする)。

他にもシャワー後にズボンを前後反対に着ているのに気づかないというややお茶目な一面も持つ(こちらもしっかりとアニメで再現されました)。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO ストーンオーシャン 6部 スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 スタンド使い

DIO スナイパー スナイパーライフル 盲目


リジェ・バロBLEACH):中の人ラスボスに忠誠を誓ったスナイパー繋がり。

ウルトラマンタイタス:中の人繋がりであるが、ジョンガリ・Aが「『筋肉』は信用できない」と言うのに対し、こちらは筋肉の化身のようなウルトラマンという、正反対のキャラクターである。

筋肉は裏切らない:「『筋肉』は信用できない」というジョンガリ・Aの評価とは正反対の言葉。もっとも、「信用できないという点では裏切らない」ならジョンガリ・Aにとっての矛盾はないが。

関連記事

親記事

ストーンオーシャン すとーんおーしゃん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 341292

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました