ピクシブ百科事典

スターブルーキャット

すたーぷるーきゃっと

スターブルーキャットとは、『スター☆トゥインクルプリキュア』の宇宙怪盗ブルーキャットがキュアスターに化けた姿。
目次[非表示]

概要

スター☆トゥインクルプリキュア』第20話での、プリキュアチームVS宇宙怪盗ブルーキャットのバトルの際に、ブルーキャットがプリキュア達の隙を作るためキュアスターに化けた姿である。
あくまで見た目がそっくりになっただけなので、プリキュアの能力がコピーされたとかではない。その意味では闇キュアなどとは異なる。

本物のキュアスターと異なる部分として猫耳と猫尻尾があることと、目の形が猫目なところがある(ブルーキャットは変化の術が未熟なので完全に相手に似せることができない)。
また声も変化せず、ブルーキャット役の上坂すみれがそのまま担当している。
ブルーキャットは別に本物の振りをして騙すつもりで化けたわけではなく、ただ、プリキュア達は仲間そっくりの姿の者へは攻撃を躊躇するのではと咄嗟に計算したことによる。
作中では実際にキュアミルキーキュアソレイユキュアセレーネも、キュアスターの姿をしたブルーキャットへパンチやキックの攻撃をした際、それがヒットする直前に苦悩の表情で寸止めしてしまった
この結果にはブルーキャット自身も「本人じゃないとわかっていながら躊躇するとはね!」と、プリキュア達の甘さに苦言めいた感想を述べている。

一方、キュアスター本人は当然ながら躊躇などせず、自分に変身したブルーキャットに掴みかかり、格闘ゲーム同キャラ対戦のような絵面が展開されることになった。

スターVSスター


(作中では例のタブーもあって、上記イラストのような直接的な打撃の応酬はなかった)

のちに彼女も本物のプリキュアになる。

余談

本来の変身者以外がプリキュアの姿を模した例はダークプリキュア5バッドエンドプリキュアダークプリキュアアンラブリーが見られるが、こちらは全て悪の立ち位置のキャラであり、バッドエンドプリキュアとアンラブリーの声優は模したプリキュアと同じである。
一方、本来の変身者以外で別のプリキュアに変身した例は『キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!』内のキュアミラクルキュアフローラに変身させられた程度。こちらは声優は変わらない。

なお、プリキュアから見て別のプリキュアと錯覚させられる展開は『Yes!プリキュア5』や『フレッシュプリキュア!』などに見られる。

関連タグ

スター☆トゥインクルプリキュア ユニ マオ
ブルーキャット バケニャーン キュアコスモ
キュアスター
偽キュア
プリキュア同士の戦い

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スターブルーキャット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12178

コメント