ピクシブ百科事典

スピード・オブ・ヒート

すぴーどおぶひーと

ジュリー・アン・ジルー作曲の吹奏楽オリジナル曲。
目次[非表示]

概要

スピード・オブ・ヒート(The Speed of Heat)とは、アメリカの女性作曲家ジュリー・アン・ジルー(Julie Ann Giroux)の作曲による吹奏楽曲。
アメリカ空軍アカデミーバンドの委嘱を受けて2010年に作曲され、ムシカ・プロプリア(Musica Propria)から出版されている。楽曲のグレードは6。

この曲はアメリカ空軍が誇る最新鋭の戦闘機F-22ラプター」とそのパイロットの冒険がモチーフとなっており、戦闘機にまつわる複数のシーンの描写によって構成されている。
(なお、曲中のセクションに付けられている題名はファイターパイロット達が実際に用いるスラング(軍事用語)がベースになっている)
作戦空域への出撃、敵機とのコンタクト、緊迫したドッグファイトと撃墜からの生還、急加速による音速の突破など、映画さながらの展開がおよそ10分半の演奏時間の中に散りばめられている。

曲の構成

F-22 ラプター("The F-22 Raptor")

出撃準備
銀翼の猛禽 F-22A RAPTOR



Allegro ♩=128 4分の4拍子 1小節目~
アメリカ空軍の最新鋭戦闘機、F-22ラプター」とそれに搭乗するパイロットの、作戦空域への出撃と冒険の始まりを描く。
所々に2拍3連を織り交ぜたマリンバ、微かな予兆を見せるグロッケンの響きで幕を開けた曲は、ティンパニのリズムと伸びやかなオーボエに導かれながら徐々に力強さと高揚感を増していく。
トランペットをはじめとする金管楽器の軽やかな3連符と木管楽器の2拍3連を主体とした緩やかなフレーズが交互に見せる絡み合い、快活なスネアドラムの刻みや高らかに吠えるホルンは、離陸した戦闘機が空高く舞い上がっていく様を思わせる。

空戦への高揚感("Fangs Out")


4分の3拍子(+4分の4拍子、8分の3拍子) 39小節目~
”Fangs Out”とは、戦闘機のパイロットが敵機との空中戦で熱くなる様子を意味するスラング(軍事用語)。
マイナーコードに移った曲調、8分音符と16分音符を主体とした確固としたリズムで緊迫感を増した曲は、ホルンの猛りを頂点として一旦落ち着きを取り戻す。

交戦開始("Lets Dance")

こっちのエースはやつらより速い!



♩=132 4分の3拍子、8分の5拍子 52小節目~
敵機を捕捉し、これを追撃するF-22ドッグファイトの様子を、敵機とのダンスに見立てている。
木管楽器とシロフォンが後打ちを重ねる中、アルトサックスが3拍子と2拍子の複合による躍動的なメロディを歌い上げ、クラリネットをはじめとする木管楽器がそれに続いていく。
またセクションの終盤では拍子が8分の5拍子に変化し、ホルンファゴットが今までとはまた異なった表情を覗かせる。

ターゲットロック、興奮と不安(“Padlocked” & “Beaded Up”)

The Shark



♩=132 4分の4拍子 115小節目~
空中戦の末に敵機を射程内に捉えたパイロットが、極限状態の中で興奮や心配を覚えるシーンを描く。
曲はマイナーコードによる緊張感はそのままに3連符を主体とした動きのある展開に移り、複雑に重なり合うクラリネットフルート、グロッケンとマリンバが揺れ動くパイロットの感情や、激しく機動する戦闘機同士のドッグファイトを表現する。

被弾と走馬燈(“Heater Shpanked”& Flash backs)

solowing pixy



♩=70 4分の4拍子(4分の3拍子、4分の5拍子) 148小節目~
ドッグファイトの最中に敵機の放った熱探知ミサイル(Heat Seeker)を食らい、墜落していく機体の中でパイロットは走馬燈を見る。
緩まるテンポと6連符を主体としたシロフォンの細やかなメロディ、伸びやかなホルンサックスらのフレーズが被弾して墜落していく機体、激戦の末の敗北を示すと、更なるmolto rit.の指示によってパイロットの見る安らかな一瞬一瞬の走馬燈が優しくも力強い情景となって現れる。

死地からの生還(“N.F.O.D.”&“Punch Out")


♩=64 4分の3拍子 168小節目~
"N.F.O.D."とは、No Fear of Death(死の恐怖が無い状態)の略語。
走馬燈から覚めたパイロットは、墜落する機体から射出座席を起動(Punch Out)して脱出し、九死に一生を得る。
マリンバが16分音符の細かな音を並べていく上でオーボエフルートがひとときの安堵感を穏やかに歌い上げ、トランペットホルンのユニゾンがそれに応えていく。

再びの出撃(Back in a “Zoombag”)

再会



♩=132 4分の4拍子 211小節目~
"Zoombag"とは、パイロットの着用するフライトスーツを意味するスラング。
基地に生還したパイロットが、再びフライトスーツに身を包んでF-22と共に出撃するシーンを描く。
ティンパニによるピアノの3連符を起点とし、ミュートを付けたトロンボーン、広がりを見せるクラリネットらのフレーズが新たな展開を予感させ、金管楽器の力強いトゥッティを契機として再び大空へと飛び立っていく。

スピード・オブ・ヒート(“The Speed of Heat”)



♩=140 4分の4拍子(+4分の3拍子) 229小節目~
セクションの題名、ひいては曲そのものの名前となっている"The Speed of Heat"とは、「周囲の景色が歪んで見えるほど、非常に速い状態」を意味する航空用語である。
スネアドラムとシロフォン、駆け上がるクラリネットがテンポの急激な巻き上がりを告げると、曲はアフターバーナーを焚いたかのような急激な加速を始める。
うねりながら連符を並べる木管楽器と烈しくせき立てる金管楽器が互い違いに登場しながら、テンポは更なる加速(♩=148)を見せていく。

音の壁を超えて(Breaking the Sound Barrier)


4分の4拍子 294小節目~
金管楽器が2分音符と全音符で音の壁(Forte Warm wall of Sound)を打ち立て、木管楽器の連符がそれを超えようとするF-22とパイロットを描写する。

"GAP"("Gauges All Pegged")

F-22A ラプター 【戦闘機ワンドロ 25】



♩=148 4分の3拍子+4分の2拍子 305小節目~
"GAP"とは、コクピット上の計器が全て振り切れている状態(Gauges All Pegged)を指す略称。
機体性能の限界まで到達し、全てのメーターが限界値を示して悲鳴を上げる様子を、パズルのように複雑に組み合わさったリズムで表現する。
猛烈な速力によって激しい歪みを見せながらもなお突き進んでいく曲は、その果てにトランペット金管楽器の頭打ちと木管楽器による裏拍の組み合わさった強烈なフィナーレで終わりを迎える。

主な演奏団体(関連動画)

アメリカ空軍アカデミーバンド(THE UNITED STATES AIR FORCE ACADEMY BAND)


ミッドウェスト・クリニック2012 アメリカ空軍バンド(MIDWEST CLINIC 2012 THE UNITED STATES AIR FORCE BAND)


ウィートン大学シンフォニックバンド(Wheaton College Symphonic Band)


クラーク・バンド(Clark Band)


関連タグ

音楽 吹奏楽
空軍 アメリカ空軍
航空機 戦闘機 第5世代ジェット戦闘機 F-22 ラプター
ドッグファイト 射出座席脱出装置) アフターバーナー

外部リンク

コメント