ピクシブ百科事典

デュエルマッスル

でゅえるまっする

デュエルマッスルとは、『遊戯王』シリーズにおける一部のデュエリストが備える特徴である。もともと筋肉質であったり、デュエル直前、またはデュエル中に筋肉質な体形になることで評される。 Pixivではデュエリストをムキムキにするイラストに使われることが多い。

なぜこの言葉が生まれたのか

正確な発端は不明だが、遊戯王デュエルモンスターズGX第3期にて、登場キャラクターのアモン・ガラムプロフェッサー・コブラがそれぞれの思惑がぶつかったことにより上半身裸で格闘を始めたのを見て、突然のデュエリスト同士によるガチムチなリアルファイトに視聴者は度肝を抜かれた。
おい、デュエルしろよ。

それだけだったらならばデュエルマッスルという言葉は生まれなかったであろう。

しかし、次シリーズの遊戯王5D'sにてレクス・ゴドウィンが赤き竜と地縛神、二つの神の力を手に入れすさまじい筋肉質な体へと変貌した(通称・超官状態)ことで一気にデュエルマッスルという言葉は生まれた。

以降、シリーズで筋肉質なデュエリスト、または様々な要因でデュエリストが凄まじい筋肉質な姿になるとデュエルマッスルというコメントが各方面で出没した。

ちなみに、遊戯王ストラクチャーズにて護武倫太郎がデュエル前にデュエルマッスルを披露している。

デュエルマッスル該当者一覧

※記事のあるものを記載。
武藤遊戯(遊戯王GX)
三沢大地
影丸(マッスルというか若返り)
ティラノ剣山
マッドドッグ犬飼
ヨハン・アンデルセン(暗黒使徒ヨハン)
オースチン・オブライエン
アモン・ガラム
プロフェッサー・コブラ
レクス・ゴドウィン(ほぼこの男が発端)
ボマー
アンドレ/ブレオ/ジャン
Dr.フェイカー
No.96ブラック・ミスト
ギラグ(デュエルのために山籠もりをした)
アリト(ギラグと同じく)
権現坂昇
勝鬨勇雄
Go鬼塚(物語途中で逆にやせ細った)

関連記事

親記事

遊戯王デュエルモンスターズ ゆうぎおうでゅえるもんすたーず

pixivに投稿された作品 pixivで「デュエルマッスル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239

コメント