ピクシブ百科事典

ナッチョ・クリーピー

なっちょくりーぴー

快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャーのサントラCDに音声のみ登場するキャラクター。
目次[非表示]

「このオレナッチョ・クリーピー、憧れのゴーシュさんに認めていただけるならコレクションなんて惜しみません!」

CV:木村昴

データ

身長/不明
体重/不明
犯罪歴/快盗と警察の潰しあい狙い罪
犯罪技/不明
ルパンコレクション/天使のマイク

概要

ラップが好きなギャングラー怪人
所有するルパンコレクション「天使のマイクは持っているとDJのような口調になる為、それをとても気に入っている。

しかしそれ以上にゴーシュ・ル・メドゥに惚れており、彼女に認めてもらうためならばコレクションを囮にすることも厭わない一途な性格。

サントラCDに登場するため、どのような姿をしているのかは不明。暗証番号は後述するようにコレクションをあっさりと盗られてしまったため不明。

活躍

憧れのゴーシュに認めてもらう計画として、手始めに国際警察のラジオ番組収録に使われるマイクを天使のマイクとすり替え、ルパンレンジャーの偽造予告カードをラジオが開始されると投げ込み、ルパンレンジャーの仕業とパトレンジャーに誤解させラジオを通じて誘い出し、同士討ちを図った。

しかしパトレンジャーがコレクションを奪われまいとパトレン2号がコレクションの力でDJ口調になってしまい、ルパンレンジャーが一時撤退のためにダイヤルファイターを使って逃走。パトレンジャーもトリガーマシンで追いかけて行ってしまい、さらに乱入したグッドストライカーがパトレン2号の微妙なDJ口調に引いてルパンレンジャーに味方。ルパンカイザーが完成し、新必殺技「グッドストライカーパトカー持ってフリフリシェイク」でトリガーマシンが揺さぶられたことでルパンコレクションが飛び出てしまい、あっさりコレクションはルパンレンジャーの手に渡ってしまった。

こうして計画は失敗したかに見えたが、憧れのゴーシュから「快盗と警察の共倒れを狙うよりあなたの自慢の力でこの街を破壊するところが見たいわ」と煽られ「確かに!見ててくださいゴーシュさん、このナッチョの暴れぶりを!」と奮起して街中で暴れ回った。
だが何故ラジオ局にルパンコレクションがあったのかを怪しんだパトレンジャーが調査していた為ゴーシュとの会話を聞かれてしまい、自分の仕業であることが発覚。
パトレンジャー3名の連携に圧倒され、ダメ絶対斬りを受け敗北する。

直後、ゴーシュに巨大金庫を施され「ビッグに復活だぜ~!」と叫びつつ復活。
グッドストライカーがルパンカイザーとの合体解除後にゴーシュに捕まった事でパトカイザーを出せずVSビークルだけで闘うパトレンジャーを苦しめた。
ところが偽の予告カードを出した犯人を突き止めるためにやって来たルパンレンジャーにグッドストライカーが奪還され、パトカイザーが完成。
後を任せて撤退したゴーシュに「お任せくださいゴーシュさん、名誉挽回するぜ!」と間髪入れずパトカイザーと戦うも手も足もだせず、思わず「ちょ、ちょ、ちょっと待って!最期はラップで勝負しYO!」と得意分野での対決を提案したがパトレン3号に断られ、『パトカイザー弾丸ストライク』を受け「最期はゴーシュさんに褒められたかったー!!」と言い残して爆散した。

余談

名前の由来は日本のヒップホップバンド『Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)』と思われる。

声を演じる木村氏は前作の『宇宙戦隊キュウレンジャー』でナレーションとセイザブラスターなどなどアイテムの音声を担当しているので印象には残っているはず。
また今作を含めると初出演した『動物戦隊ジュウオウジャー』のボウリンゲンから数え、ナメーロ・バッチョの声で出演した飛田展男と同じく3年連続で東映作品に出演している。

因みに「ラップ」と「木村昴」と聞いて、あのキャラを思い浮かべた人もいるかもしれない。

関連タグ

快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー ギャングラー怪人

コメント