ピクシブ百科事典

ハーミーズ(アズールレーン)

はーみーず

ゲーム「アズールレーン」に登場するデュエ…ではなく空母の擬人化である
目次[非表示]

概要をカードに、魂をデュエルに…じゃなくて飛行甲板に!私はハーミーズ。指揮官、ご命令を!

CV:稲村優奈

アズールレーンに登場するキャラクター。イギリス海軍軽空母ハーミーズ」が元ネタ。
作中においてはイギリスをモチーフにした西方の君主制国家「ロイヤル」の艦艇として登場する。
レアリティはノーマル(★1)。

史実では鳳翔と並ぶ空母の黎明期に誕生した艦で、純粋な空母として計画・建造された艦としてどちらが世界初の空母であるかたびたび議論されることも多い。
残念ながら黎明期に建造されたことや史実でのあっけなく沈んだ事(艦載機もなく対空兵装もほとんど無かった為、日本の熟練航空部隊の的にされた)もあってレア度も性能は低いが、育成すればそれなりに活躍できるゲームシステム、遊戯王への(やりすぎなほどの)熱いリスペクトが現役決闘者やかつて決闘に魂を注いでいた指揮官の目に留まり、ノーマル艦の中ではかなり人気がある。
声優については、選定が難航したが、『遊戯王ARC-V』の柊柚子役を務めた稲村優奈が選ばれている。

戻ったか。楽しいデュエルしよう!

我的回合
ハーミーズ改造予想図


艦載機の札を手札、飛行甲板をデュエルディスクに見立てるという、遊戯王を意識したデザインになっている。台詞に至ってはほぼアニメ遊戯王の台詞をベースにしたもので「ガッチャ」とか「集いし星が~」とかどこかで聞いたことのある台詞を使う(しかも中国産のゲームでありながら完璧に近い形で翻訳されている)。
もはや艦船擬人化ゲームより遊戯王(タッグフォースか何か)にいた方が違和感ないのではという声も。それ故か「友情」や「絆」を大切にする優しく情熱的な子になっている。好感度が上がると恥ずかしそうにしながらもデレる。かわいい。……しかし指揮官の似顔絵をカードスリーブの絵柄にするのはいかがなものか。
逆に好感度が失望レベルになると闇の決闘者認定されてしまい、主人公然とした態度で指揮官を打ち倒そうとしてくる。

関係者?

  • 鳳翔:たびたびライバルとして挙げられているが、こっちは決闘者とは全くかけ離れたデザインである。ハーミーズ自身は彼女と勝負することが夢
  • 飛龍蒼龍:同じく札を艦載機にして使用する空母たち。こっちは花札である(もっとも、花札モチーフのカードを用いる決闘者本家にはいるわけだが)。
  • クリーブランドヘレナウィチタ:優秀な性能と配色から大陸版では遊戯王になぞらえて「三幻神」と呼ばれている。3人とも前線なのでハーミーズで航空支援(≒魔法カード?)しながら決闘もできる。
  • セントー:産まれた年代が母子レベルで離れているが、同勢力の同じ軽空母であり、彼女のキャラクターストーリーでも最初に関わった仲間が何を隠そうハーミーズである。ちなみにその時ハーミーズはドローからモンス…じゃなく艦載機を召還する練習をしていた。


カードにも航空機にも性能が宿っている。私のターン!

史実においてこれといった活躍ができなかった故か、レアリティや基本的なステータスは凡骨決闘者レベル。
特に耐久面はステータス不足に加え、戦闘機を搭載できないためボロボロであり、敵の攻撃が激しくなる後半では戦場のど真ん中で呆気なくハーミーズ死すなんて事にもなりかねない。

しかしながら、耐久力や戦闘機のスロットを生贄に捧げた分だけ装填速度と攻撃機の数が秀でており、攻撃範囲や火力の面では生半な正規空母にも比肩ないしは凌駕しうる潜在能力がある。
所有する魔法カードもとい専用スキル「強襲空母」は自分の航空攻撃時に発動し、戦闘中一度だけ航空攻撃によるダメージを2倍に増やす。ただでさえ高い攻撃性能が上乗せされるため、高速高打点アタッカーとしての活躍が期待できる。
捨て身覚悟で火力に特化するか、防御を補ってあげるか。漫然と使うには難しいが、その能力を活かそうと考えて使ったときの爆発力には大いに期待ができる。
また、レアリティの低さゆえの低燃費も大きなメリットであり、低燃費艦隊の主力を任せるのにも適している。
いささか編成や活躍の場を選ぶものの、特化した性能ゆえに輝くものはもっている。どんなカードでも存在する以上、必要とされる力があるのだ。

関連イラスト信じる限り、いつか艦隊が応えてくれる!

軽空母のハーミーズが勝負をしかけてきた!
アズー☆ル☆レーン



私の関連ターグ!

アズールレーン 碧蓝航线 ハーミーズ ロイヤル(アズールレーン) 遊戯王

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーミーズ(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239792

コメント