ピクシブ百科事典

パズルボブル

ぱずるぼぶる

バブルンとボブルンをメインに置いていて、同じ色を3つ以上くっつけて消すパズルゲーム。
目次[非表示]

概要

初代のリリースは1994年12月。それまでパズルゲームといえば『上から落ちてくるブロックを積み上げる』ものが主流であったが、逆にシューティングのような『下から泡(ブロック)を撃ち出しくっつける』という斬新なシステムでパズルゲーム界の話題作となった。

『泡を壁に反射させて隙間を狙う』『繋がっている支点となる泡を消してちぎって落とす』という従来のパズルゲームとは全く違うテクニックを要求される。

シリーズ


余談

海外版パズルボブルはタイトルが『Bust a Move』となっており、この為エニックスの発表した音ゲー、『バストアムーブ』は海外版タイトルの変更を余儀なくされた。

各機種比較動画



パクリゲー

※予算はあるがアイデアを出せる有能な社員を雇えていない結果だと受け止めれば悲哀さえ感じられるが、パクリはパクリであるので以下に列記する。

LINEバブル
LINEによる無許可パクリゲー。そのため、タイトーはLINEパズルボブルを出す際にわざわざゲームルールを変更した。

フローズンバブル
個人によるPC用フリーゲーム。商業展開してないだけまだマシか。

ツムツムランド
数々のパクリ疑惑に定評のあるコロプラディズニーとコラボしたものの、やっぱりパクるしか能がなかったということになる。

バブルウィッチ
スウェーデンのメーカーによるパクリゲー。わざわざ日本でCMまでうつ煽りよう。

バブルアイランド
ドイツのメーカーによるパクリゲー。厚顔無恥にも第2弾をリリースしている。

アングリーバード ステラポップ
フィンランドのメーカーによるパクリゲー。アングリーしていいのはタイトーの方である。

関連タグ

タイトー バブルボブル バブルン ボブルン

pixivに投稿された作品 pixivで「パズルボブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92842

コメント