ピクシブ百科事典

ビッグバンビーム

びっぐばんびーむ

『科学戦隊ダイナマン』に登場するメカシンカ用の巨大化手段。
目次[非表示]

カー将軍「ビッグバン、ビーム!」

概要

有尾人一族ジャシンカ帝国メカシンカを巨大化させる特殊な光線。

進化獣とは異なり、メカシンカには「ビッグバンプログレスが発動しない」(自力で巨大化できない)という欠点があり、カー将軍がメカシンカの開発と同時にグランギズモ内に設置された。

ダイナマンの必殺技「ニュースーパーダイナマイト」を受け倒された後、グランギズモの一室にあるハンドル式の装置で地割れが引き起こされ、バラバラの残骸を地割れの中に落とす。

カー将軍のポーズや上記の掛け声と共に装置のスイッチを入れ、グランギズモの両目から照射される光線を残骸に浴びせ、一度倒されたメカシンカを復元させて、更に超メカシンカとして巨大な姿で再生させる。

進化獣と同様に超メカシンカ時は両足が肥大化し、再生巨大化の際は「超メカシンカ、〇〇!」と叫び、地割れの中から出現した後は足踏みするのがお約束となる(途中から足踏みの後で咆哮を上げている)。

第49話で彼が絶命した際に装置が爆発・破損し、その死後に誕生したファイヤースフィンクスは巨大化できないまま倒された。

余談

最後に光線を発射した際、装置のハンドルを回したカー将軍が絶叫と共に一回転した途端に装置が爆発し、彼は床に倒れて息絶えた。

この場面を「装置が暴発したのが将軍の致命傷になった」と解釈する資料もあるが、絶叫を上げた時には既に彼の命は尽きており、装置が主の後を追うかの如く爆発したようにも見える(いずれにしろ当時の悪役としては異例の人気を誇ったカー将軍に相応しい名場面だった)。

関連タグ

科学戦隊ダイナマン 有尾人一族ジャシンカ帝国 メカシンカ 巨大化 カー将軍

巨大化ビーム:ビッグバンビームと同様、本拠地から照射する巨大化用光線。あちらは誰にでも発射が行える。

巨大化の系譜

ビッグバンプログレス/ビッグバンビームギョダーイ

関連記事

親記事

有尾人一族ジャシンカ帝国 ゆうびじんいちぞくじゃしんかていこく

兄弟記事

コメント