2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

フェイス・オープン

ふぇいすおーぷん

『大空魔竜ガイキング』及び『ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU』(ガイキングLOD)のガイキングの武装である。
目次[非表示]

大空魔竜版

「フェイスオープン」の掛け声と共に、その名の通りに顔の装甲を排除してヒーローらしからぬ凶悪な顔をさらけ出す。
超兵器ヘッド」と呼ばれており、超破壊力を持つ様々な兵器が搭載されている(搭載武器も殺る気満々なネーミング)。半面、装甲を排除する関係上コックピットが露出するため、そこに敵の攻撃を受けやすくなるのが弱点。
装甲を排除する際には磁力光線を使用して弾き飛ばすが、終了時は光線の牽引力で再び頭部に張り付く。
ちなみに知性体に対する威嚇も兼ねていたようだが、そちらの効果はさっぱりだった模様。

LOD版

こちらも「フェイスオープン」の掛け声と共に発動する。頭部そのものはマスク部分が熱を放出する程度の変化だが、こちらは胸部の顔の装甲を排除して放熱プレートをさらけ出すシステムである。
いわゆる「リミッター解除」の状態になり、出力が通常の4倍になる。炎の力を解放した形態であるため機体は高熱化し黒色となる。攻撃も間接的に防げるため防御力も通常より大幅に高くなる。ただしパイロットの炎の力(精神エネルギー)も4倍消費してしまう為、下手をすれば命を落としかねない諸刃の剣である。
のちに制御システムである「リミッターボルト」が追加され、炎の力を使い切る前にシステムを強制終了できるようになる。その際、「クローズドフェイス」で飛び散ったパーツが戻ってきて張り付き、通常状態に戻る。

特にファンの間では「伝説の13話」と呼ばれている13話「衝撃!キャプテンは父さん!?」時のフェイスオープンは『スーパーロボット大戦』の戦闘デモに採用される程にこの作品のフェイスオープンを象徴しているエピソードになっている。

一方で超兵器ヘッドは悪役の超魔竜ドボルザークの頭部になってしまった。妥当。

真龍ハイドロブレイザー
リー・ジェンシンの真龍拳の奥義を取り入れ、ハイドロブレイザーを限界ギリギリまで高圧縮し、白熱化させた超エネルギー球を相手に放つ、または投げつける超必殺技である。

ガイキング・ザ・グレート

正式な名称は「フェイス・オープン ザ・グレート」。
ガイキング・ザ・グレートの状態でフェイスオープンをするとこちらも4倍の出力になる。
それは、通常のガイキングの実に40倍の出力という、まさに究極で最強の炎の巨人…荒神と呼ぶに相応しい姿となる。
この状態ではライキングバルキングのパーツにまで熱を伝わることとなるため、ガイキングの胸部の放熱プレートをも排除、炎のコアが完全に丸見えの状態となる。
当然の事ながら通常の40倍のパイロットの炎の力(精神エネルギー)を使う為ごく短時間しか使えず、そのうえ終了後は強制分離するため最終手段として温存していた。
ただでさえ出番が少ないグレートの、ほんの数分だけ見せた最強最後の姿といえよう。
しかし、ラスボスにとどめを刺したのはこの形態ではない

その他

転じて、仮面などを外して素顔を晒した時、ロボットやアンドロイド等が顔の装甲やパーツを外して中身を晒した時などにも使われたりもする。
また、ロボットのマスク部分だけが出た場合にも使われたりもする。

一例

宇宙魔神ダイケンゴー』のダイケンゴー
機動戦士ガンダムF91』のガンダムF91
機動戦士クロスボーン・ガンダム』のクロスボーンガンダム
機動武闘伝Gガンダム』のシャイニングガンダム
コードギアス~亡国のアキト』のアレクサンダ

関連画像

大空魔竜版LOD版
フェイスオープン
ガイキング



関連タグ

大空魔竜ガイキング ガイキングLOD 
ガイキング ガイキング・ザ・グレート
リミッター解除 キャストオフ アーマーパージ マスク割れ
みんなのトラウマ
アベノバシショウテンカイザー

関連記事

親記事

ガイキング がいきんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24581

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました