ピクシブ百科事典

フレイズ(イセスマ)

ふれいず

フレイズとは『異世界はスマートフォンとともに。』に登場する水晶生命体である。
目次[非表示]

概要

 フレイズとは体が水晶の様な物質と赤く光る核で構成された謎の生命体である。
本編開始5000年以上前から存在しており、とある目的(後述)を遂行する為に様々な異世界や古代文明を滅ぼし続けてきた。(ちなみにフレイズ達は滅ぼしているという自覚はない。)
 主な特徴として
1.生半可な攻撃は通用しない。
2.魔法を吸収する。(魔法で生み出した物質・瞬間的な魔法は有効)
3.傷ついても再生する。
という恐ろしい特性を持っている。
また、自身の魔力が尽きても休眠状態になり何千年も眠ることができる。
(あれ?そんな生命体いたような……)



目的

 フレイズの目的は異世界に消えてしまった『王』の核を取り戻すことである。
『王』の核はその世界の知的生命体に宿り、その宿主の生命力を少しずつ吸収し次の異世界に転移するためのエネルギーを貯め、宿主の命が尽きた時そのエネルギーで再び転移を開始する。
 なお、フレイズ達は『王』の核の音と知的生命体の心音の区別がつかないため、文字通りシラミ潰しにその世界の生物を蹂躙し、イナゴの様に世界を去っていく。


種類

 フレイズには下級種・中級種・上級種・支配種、そして邪神と手を組みフレイズの軛から外れた変異種が存在する。(後述)


下級種

 フレイズの中でも下っ端のクラス。大きさは軽自動車ほど。
体を刃物の様に変形させて戦う。

  • コオロギ型
 冬夜達が最初に遭遇したフレイズ。あの名(迷?)言を作らせた張本人。【アポーツ】で核を瞬間移動&破壊され消滅。

  • ヘビ型
 リーンがミスミドの兵士を連れて調査に行った際に遭遇。
土魔法で生み出した岩石で頭ごと核を潰され消滅。

  • カブトムシ型
 ヒルダが騎士の遠征中に遭遇したフレイズ。多くの騎士達に致命傷を与えながら蹂躙したが、大晶剣を持った冬夜に一刀両断され消滅。

  • カマキリ・ダチョウetc……
 バビロンの施設『図書館』のフレイズの本に記載されていた種類。数人がかりで倒せるとのこと。


中級種

 下級種の上のクラスのフレイズ。大きさは大型バス約4台分程。
地面にいるものや空中に浮かぶものまで様々。チャージに時間は掛かるが1発で家が3〜4軒吹き飛ぶビームが厄介。


  • マンタ型
 冬夜達が砂漠で遭遇したフレイズ。ミスリルの刀や銃弾、魔法で生み出した氷も効かず苦戦していたが、突如現れたエンデの何の変哲もない蹴りで体が崩壊・消滅した。

  • 蜘蛛型
 ミスミド王国の南の「大樹海」の一族を蹂躙したフレイズ。無属性魔法【グラビティ】で自重を支えきれなくなり崩壊・消滅した。

  • サメ型・犬型etc……
 バビロンの施設『図書館』のフレイズの本に記載されていた種類。フレームギア1、2体でなんとか消滅させられる強さ。


上級種

 フレイズの中でもとてつもなく危険なクラスのフレイズ。大きさは某怪獣並の体格。(若干小さいのも存在する)
一挙手一投足が地形に影響を及ぼすこともある。中級種同様チャージに時間が掛かるビームも放つ。が、その威力は絶大で、荷電粒子砲もどきのビームをぶっ放し、家どころか国1つ消滅させるほどの力を持つ。


  • ワニ型
 冬夜達が最初に戦った上級種。上記の荷電粒子砲もどきのビームで天帝国ユーロンの首都を消滅させた。沢山のフレームギアでも致命傷を与えられなかったが、フレイズの欠片・【グラビティ】・【ゲート】の合わせ技『流星雨‹メテオレイン›』によって崩壊・消滅した。

  • ゴリラ型
 4本腕のゴリラ型フレイズ。ドラミングによる衝撃波・【リフレクション】対策の散開粒子砲・『流星』を体を仰け反らせて回避するなど見かけによらず知能が高い。エンデのフレームギアの捨て身攻撃で核を露出させ、エルゼのゲルヒルデの一撃でなんとか消滅させたが……

  • 亀型
 見た目通り防御力が高い上級種。もちろんただ守るだけでなくクラスター爆弾のようなビーム攻撃も行う。リンゼリーンの炎・風魔力と冬夜の魔力で攻撃する新兵器『ブリューナク』で硬い体ごと核を破壊し消滅させた。


支配種

 文字通りフレイズを支配する「人型」のフレイズ。通常のフレイズと違い名前・感情があり共通語も話す。サイズは下級種よりも小さめだが、戦闘力・危険度共に上級種よりも桁違いである。その強さは挨拶程度の指先からのビームで遠方の山の頂が軽く抉れるほど。


  • ネイ
 上記のゴリラ型上級種討伐後に突如出現した最初の支配種。『王』の核を見つけ出し王政の再建をしようとしている。その後、復活した『王』と冬夜に諭され、エンデ・リセ・『王』と暮らしている。『王』と結婚する予定らしい。

  • リセ
 エンデと共に行動をしている支配種。マイペースな性格。上記のネイの妹。お菓子や飲み物をチビチビ飲食する癖がある。現在はエンデ・ネイ・『王』と暮らしている。姉同様『王』と結婚する予定らしい。

  • ギラ
 冬夜が遭遇した2人目の支配種。火炎魔法ではない。
殺戮を非常に好む戦闘狂。神気を身に纏う「神モード」の冬夜ですら苦戦する相手。2回目の戦闘で至近距離からの小型荷電粒子砲もどきで冬夜を倒そうとしたが、ユミナのブリュンリルデのスナイパーショットで核付近を破壊され冬夜の渾身の一撃で消滅した。

  • メル
 フレイズの『王』。ユミナの弟の心臓に隠れていた核を神眼・神気【アポーツ】で取り出した直後復活をした。他のフレイズと違い戦闘意思はないが、『王』の名に恥じない戦闘能力を持つ。エンデの恋人。
 現在は、エンデ・ネイ・リセと共に暮らしている。八重よりも食う。


変異種

 とある支配種が『王』の力・位よりも上の存在になろうと邪神と手を組み歪な姿になったフレイズ。通常の水色の様な色とは違う暗金色のボディ、ガラスの様に砕けるのではなく黒煙をあげながら水飴の様に融解する、そして同じフレイズを喰らう、上位存在である支配種に攻撃をするなど完全にフレイズの軛から外れている。
 冬夜曰く「天敵が身内から出た」。


  • コオロギ型
 冬夜達の前に突如現れた最初の変異種。邪神の加護によって手も足も出せない下級種を核ごと取り込み強化された。

  • オウムガイ型
 孔雀型の上級種と共に出現した通常の上級種。しかし、戦闘の最中、大量の変異種の下級種が襲い始めオウムガイとは似ても似つかない歪なフォルムへと変貌してしまった。フレームギア・通常のフレイズをなりふり構わずクラスター爆弾もどきで襲撃し苦戦していたが、冬夜専用のフレームギア『レギンレイヴ』によってわずか数十秒で消滅した。

  • アリジゴク型
 パナシェス王国海岸に出現した3体の変異上級種の1体。通常の上級種と比べやや小型。スゥの『オルトリンデ・オーバーロード』の新兵器「ゴルドハンマー」によって核ごと塵と消えた。

  • ヒトデ型
 パナシェス王国海岸に出現した3体の変異上級種の1体。各脚に1個・中央に1個の計6個の核とフレイズの中では最多の核の持ち主。エルゼ八重ヒルダ・剣神・狩猟神が脚を破壊しリンゼがとどめを刺し消滅した。

  • ドラゴン型
 パナシェス王国海岸に出現した3体の変異上級種の1体。強い部類には入るらしいが、冬夜の『レギンレイヴ』の敵ではなく一瞬で消滅した。

  • レト&ルト
 邪神に魂を売った双子の支配種。以前、エンデをボコボコにし調子に乗っていたため、修行をし神の眷属となったエンデに苦戦をする。その後、同化をしネイ・エンデを襲撃するも邪な神の眷属の
力が本当の神の眷属の力に敵うはずもなく、核だけを共振破壊をさせ消滅した。

  • 神魔毒
 本作最大のとてつもなく危険な毒。表世界と裏世界が1つになった際に出現した歪な暗金色の針。普通の人間や動植物にはなんの影響もないが、精霊や神が吸い込むと激しい吐き気や立っていられないほどの目眩を引き起こす。冬夜もこれを吸い込み神モードに変身しようとしたため、上記よりも激しい症状に陥り死にかけた。
 恋愛神やその他サポートの神々も冗談抜きでヤバいものらしい。更に恐ろしいのは、神様本人だけでなく達や公国の住民などほんのちょっぴりの神の加護ある者に対しても反応するという厄介な性質を持つ。冬夜曰く「『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』を体言した毒」とのこと。
 ちなみに上級神である世界神には効かない。(元々下級神の薬神が間違えて作ったものの為自分より上位の神には通用しない。)

  • ユラ
 邪神を手を組み神の力を手に入れた変異支配種のフレイズ。自分の手を汚さず部下の下級種を駒として使い、また、人間を見下している傲慢で残忍な性格。5000年前の古代文明を滅亡させた張本人。
 『次元の狭間』にて邪神の繭と共に冬夜達を待ち構えていた。神の力で創り出した『封神界‹ニブルヘイム›』で冬夜を隔離し、かつて自身が行った5000年前のフレイズ大侵攻を再び起こし冬夜を絶望させようとした。が、冬夜の切り札『望月冬夜アプリ』で冬夜と同じ魔法を使える様になった皆がフレイズを次々と駆逐したため状況がひっくり返った。上記の性格が仇となったこと、更に自分が手に入れた神の力が真の神の力ではなく、下級神よりも下の従属神のみみっちい神の力だったことに絶望し計画を潰された。
 最期は、邪神が倒されたことにより体が暗金色から鉛色に変色し、崩れ落ちる『封神界』に現れたメルの攻撃を躱すべく結晶の鎧を創ろうとしたが、神の加護もフレイズの特性も失った体が反応するはずもなくメルに断罪され、異世界でも次元の狭間でもない空間でその生涯を終えた。

  • 邪神
 暗金色の繭から誕生した神だったもの。冬夜達のフレームギアとの死闘を繰り広げ、ブリューナクで討伐したかに見えたが、脱皮をし虹色の躯が出現し、更に、元々の自我である従属神(この個体の通称はニート神)が復活し、攻撃が熾烈になり、また、人間達をヒステリックに見下し始める様になった。
 最期は、10体のフレームギアに体内に残っていた「神魔毒」をぶち撒けて行動不能に陥らせたが、達に罵詈雑言を浴びせた挙げ句、「じわじわとなぶり殺す」と発言したため冬夜がブチ切れ、神気に完全覚醒した冬夜の【神器創造】の前に破れ、虹色の砂と化し黒煙をあげて溶けていった。
 (冬夜曰く「世界を自分のプライドの為の道具、人々を塵芥扱いする神なんぞ誰が崇めるか」)


関連タグ

異世界はスマートフォンとともに。
水晶

関連記事

親記事

異世界はスマートフォンとともに。 いせかいはすまーとふぉんとともに

兄弟記事

コメント