ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

古くは原作小説から登場する古参悪魔。種族は基本的に「魔王」。
原作のエピソードから、メガテンにおけるカオス側魔王の「一神教の神による侵略で悪魔に貶められたかつての神々」というスタンスの代表格、ロウ思想に対するアンチテーゼ的な世界観を象徴する存在として描かれている。
口調は紳士的であったり、威圧感のある老人であったりと作品によって異なる。
女神転生』での種族は「邪神」で、姿が描かれず真っ暗闇(リメイクの旧約では小さなハエ)で表現されていた。
続く『女神転生Ⅱ』においては禍々しい蝿の悪魔の姿で登場し、真のエンディングへ続く分岐で重要な役割を果たす。

魔王


※一番左

真・女神転生』では青い肌の虎の毛皮をまとった男の姿(真Ⅱ以降は太った姿)で描かれ、現在の「巨大なハエの悪魔」のデザインは「真・女神転生Ⅱ」からである。

かわいいメタボとかわいくないメタボ



これ以降、人間態は仮の姿で、真の姿がハエという描写が定着していく。
これらのデザインが有名だが、『女神異聞録ペルソナ』では4脚の、『魔神転生Ⅱ』ではボンデージ姿の女性の姿で登場している。

異聞録ベルゼブブ
センシティブな作品



真・女神転生デビルチルドレンシリーズ』では、また違った姿でゼブルとして暗躍する。

ゼブル



女神異聞録デビルサバイバー』では最強クラスのベル神として登場するも、“大いなる闇の右腕”という名称や主の意に従ってベルの王位争いに興味を見せず、ベル・ベリトのサポートに回るなど、印象的な活躍を見せた。

基本的に大魔王ルシファーに忠実なカオスサイドの重鎮として描かれ、多くの作品でシナリオに深く関与する。
一方でボス悪魔の宿命か、実際に仲魔として使役できる作品はやや少なめ(真・女神転生では倒してもレベル99にならないと創れない完全エンドコンテンツ)。特に仲魔システムの廃された『デジタルデビルサーガ』シリーズでは、ミニゲームや携帯アプリ版も含めて実に四回も敵悪魔として扱われている。
メガテニストの間では根強い人気のある悪魔で、女神転生シリーズの悪魔の中では投稿作品数はそれなりに多い。

真・女神転生Ⅲ マニアクス』ではアマラ深界でボスとして登場。最初は青肌の大男の姿で、戦闘時はいつものハエの姿で登場。
リマスター版『真・女神転生Ⅲ』発売に際して行われた「真3HDベストオブ悪魔」にて6位にランクインした。

真・女神転生Ⅳ』では魔神バアルの姿から貶められた大悪魔として登場。
真・女神転生ⅣFINAL』では多神連合に参加しベルゼブブの姿からバアルとなった。

デビルサマナー ソウルハッカーズ』『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団』では隠しボスとして登場。

ペルソナシリーズ』ではアルカナ悪魔」の最強クラスのペルソナとして登場。
ペルソナ4』『ペルソナ5』ではアニメにも登場した。

関連動画



関連タグ

女神転生シリーズ 魔王(女神転生) 仲魔 ベルゼブブ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベルゼブブ(女神転生)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5762

コメント