ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

通称「ポカリ」。
日本におけるスポーツドリンクの元祖。
アクエリアスとの確執は「コカ・コーラ VS ペプシコーラ」と同じくらい根深いかもしれない。

宿命のライバル


それまで「食欲を減退させる色」として、食品に使うことを忌避されてきた青色をイメージカラーにしたことで業界に大きな影響を与えた。

医療的な「服用」

ポカリスエットの特筆すべき点として、主に発汗して失われた水分だけでなくミネラルや塩分を同時に補給できる点が挙げられる。そのため、水分が失われやすい症状などを抱えている場合、医師からポカリスエットを飲むよう勧められるケースがある。このとき、他のスポーツドリンクを勧められることはまずないだろう。それこそが、単なるスポーツドリンクではないことを示している。本製品が「大塚食品」ではなく「大塚製薬」から発売されていることは、偶然ではない。
その大塚製薬の得意な分野こそが「点滴」であり、点滴用のリンゲル液を元に開発された物がこれである。文字通りの意味で「飲む点滴」なのだ。

ただし通常の体調かつ運動していない状態で飲料水代わりに飲んでいると、俗に「ペットボトル症候群」と呼ばれる、急性の糖尿病に陥る危険性が高いので注意。(詳細はスポーツドリンクの頁を参照)

コミックマーケットへの参戦

最近のコミックマーケット、特に夏コミに大塚製薬が企業参加している。ポカリスエットの定価売りであるが、氷水のどぶ漬けでキンキンに冷えた状態で販売されていた。…歴戦の参加者なら、この価値がおわかりだろう。多々買わなければ生き残れない戦場、天候次第では会場内に「コミケ雲」すら発生する状況において、その冷えたポカリはまさに点滴に匹敵する効力をもたらすのだ。

ポカリスエットが登場する作品

ベン・トー
作中で同じ大塚製薬製品のSOYJOYカロリーメイトと共にしばしば登場するが、アニメ版では公認されており、特に第11話ではサブタイトルにまでなっている。

はたらく細胞
2019年7月7日に11話の熱中症を再編集しポカリが登場するムービーを11.5話として公開した。もちろん上記にあるコミックマーケットでも、大塚製薬企業ブースの真上にも上映されていた。

弱虫ペダル
アニメ版で登場するスポーツドリンクはこれと言っても過言ではないくらいに登場する。自販機も余程のことがない限りポカリを含めた大塚製薬の商品で占めている。劇場版及びアニメ3期以降はコース内に置かれた柵の看板としても使用されている。原作では「アクエリ(アス)」だった台詞がアニメではポカリに変えられてるシーンもある。

ポカリスエット・アンバサダー

2019年12月、初音ミクを中心に、MEIKOミライアカリYuNi富士葵星乃一歌(fromプロジェクトセカイ)らバーチャルタレント6名がポカリスエット・アンバサダーに就任。2020年夏に向け、水分補給の重要性や熱中症対策などの情報を発信する活動を行う。

ポカリミクさん



外部リンク大塚製薬 beyond2020プログラム公式サイト

関連タグ

別名・表記揺れ:ポカリ
飲み物 清涼飲料水 スポーツドリンク 大塚製薬 オロポ

徳島ヴォルティス:ユニフォーム胸部のスポンサー名。

関連記事

親記事

大塚製薬 おおつかせいやく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポカリスエット」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポカリスエット」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4135094

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました