ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ローワン・カナとはホグワーツ魔法魔術学校生徒である。『ハリー・ポッター』のスピンオフ作品『ホグワーツミステリー』に登場し、作中において主人公がいちばん最初に友人になる人物。
性別、寮は主人公の選択に応じて変わる(主人公と同性同寮)。

人物

勇敢かつ誠実であまり自分のことを気にかけない。知識欲が旺盛で読書が大好き。ゲームではゴブストーンを好む。
好きな先生はアルバス・ダンブルドアビル・ウィーズリーファンでもある。
いつかは最年少でホグワーツの教授になりたいと思っており、それに違わずたいへん博識で賢く、ほとんど授業が成り立っていない魔法史の時間では同級生相手に自ら教鞭を振るう。

黒髪に明るい褐色の眼、褐色の肌をしていて、黒フチの眼鏡をかけている。姓と容姿からしておそらくインド系。
古い羊皮紙インク、製材されたばかりの木の香りがする。
家ではファズクローという名のを飼っている。
いびきをかく。

経歴

入学前

1972年の12月、イギリスイングランドのオールダーショットの林家に生まれる。
幼いころから読書を好み、変わり者扱いされていて主人公以前に友達を作ったことがなかった。

夏のダイアゴン横丁で困っている主人公と出会い、買い物を手伝って初の友人(そしてのちの親友)となる。主人公の買い物が終わったあと、聡明に思われるには何を買えばいいかと尋ねてくる。(選択肢はかしこそうなマフラー、きりっとしたセーター、かっこいい帽子の三つ)

一年目

ホグワーツ入学後、最初の魔法薬学の授業開始前に、自分をホグワーツで最も強力な魔女として認めるようメルーラ・スナイドに言い募られるも、論理的に考えて彼女は上級生や教員には及ばないとして賛同しなかった。

スネイプを装い手紙を送ったメルーラに騙されて、主人公と一緒に倉庫で悪魔の罠に襲われたところをハグリッドに助けられる。

一年目の後半、主人公と共に呪われた金庫を見つけた。

二年目

1985年から1986年にかけての学期始め、同級生ベン・コッパー失踪を知り主人公と二人でベンの捜索を開始した。 別寮の談話室(主人公の在籍する寮によって変わる)で発見されたという手がかりを見つけると、二人はクィディッチの試合中に主人公が談話室に忍び込む計画を考え出し、ローワンは見張りをした。

マクゴナガルとスネイプがベンを救けるのを目撃した主人公は、氷の廊下に戻る必要性を感じた。医務室で主人公が見舞いに来たとき、ウェンデリンの本を持ってきてくれたので喜んだ。
ローワンは、氷の廊下での事件でかなり動揺していたことを告白し、親友がより強力な人物、すなわち自らが心から尊敬していたビル・ウィーズリーに助けを求めることを提案した。

六年目

1989–1990 ローワンは変身術、呪文学、薬草学、魔法薬学、魔法生物飼育学、魔法史のN.E.W.T.を取った。




 禁じられた森で(ネタバレ注意)





主人公とメルーラとベンは、ジェイコブとRの出会いを阻止するためにフォレストグローブに入ったが、知らず知らずのうちにローワンに尾行されていた。捜索中にディメンターの大群が現れ、一行を包囲した。しかし、パトリシア・レークピックが近くに現れ、強力な守護霊の呪文を唱え、ディメンターたちを追い払った。彼女はその後、三人と戦い、ローワンはそれを見ていた。彼女はベンを殺そうとした。しかし、ローワンがベンの前に飛び込んで自らの命と引き換えに友人を救った。

追悼式が大広間で行われ、ダンブルドアがローワンの人生、志、犠牲について簡単な弔辞を述べた後、ローワンに敬意を表して生徒と職員が杖を掲げた。
復讐に燃える主人公、メルーラとベンは「R」と戦い、レークピックに復讐するために秘密組織を結成した。 この組織はローワンを偲んでカンナの輪と名付けられた。




関連イラスト

ホグミス絵




関連タグ

兄世代
ホグワーツミステリー
親友
ハーマイオニー・グレンジャー
ロン・ウィーズリー

関連記事

親記事

兄世代 あにせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ローワン・カナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4471

コメント