ピクシブ百科事典

ワンナイト人狼

わんないとじんろう

カードゲームの一種である『汝は人狼なりや?』を手軽にプレイ出来るように改良したゲーム。
目次[非表示]

概要

「ワンナイト人狼」とは、「汝は人狼なりや?」を少人数で手軽に行えるように改良されたゲームである。

製作者は、ニコニコ運営のオオカミさん
「汝は人狼なりや?」の詳細 → 人狼

制作経緯

ヨーロッパ発祥のテーブルゲーム、及びそこから派生したTRPGである「人狼(汝は人狼なりや?)」を遊ぼうとすると結構大変。
人数は最低8人を必要とし、1ゲームで1時間かかってしまう。
そこで、初心者でも3人から10分で遊べるゲームを作ったそうだ。

基本的なルール

プレイヤー人数は3人から7人まで。

プレイヤーは村人・占い師・怪盗・人狼の4種類(場合によっては第三陣営の役職カード等が増える)の伏せられた状態のカードから好きなカードを引く。プレイヤーが5人以下の場合は、カードは人数より2枚多く用意される。6人以上の場合は8枚全て使用。誰にも引かれず残ったカード(通常は2枚)は中央に伏せられる。

夜のターンで全員顔を伏せ、占い師→人狼→怪盗の順に、後述の特殊能力を実行する。

自分以外のカードは特殊能力持ちしかわからないため、昼のターンでは相手のカードが何かを推理しながら発言し、各カードの勝利条件に基づいて行動する。

プレイヤーの討論時間が終わったら、各自が指をさして処刑したい人を指名し、票数が2票以上かつ最多得票者が処刑される。2人以上が最多票で並んだ場合は、全ての最多得票者を処刑。また、全員の指名がバラバラ(全員の得票が1票)の場合は処刑無しとなり、後述の「平和な村」の判定を仰ぐ。

1匹でも人狼を処刑できれば村人チームの勝利。人狼を処刑できなければ人狼チームの勝利。
ただし、役職決めで人狼のカードが1枚も引かれずに残った場合、人狼のいない「平和な村」となり、その場合は誰も処刑しなければ全員勝利、処刑してしまった場合は勝者なしとなる。

ただし、先述したように第三陣営として「吊人」が用意される事もあり、処刑された者の中に吊人がいた場合は、吊人のみが勝者となる。

他の人狼ゲームと違いワンナイト(1ターン)で終わるのが特徴。

詳細なルールは、ニコニ・コモンズに登録されているので、そちらを参照。
                               (ニコニコ大百科より抜粋)

公式のオンラインアプリも発表されている。→「ワンナイト公式ページ

関連タグ

人狼 汝は人狼なりや?

pixivに投稿された作品 pixivで「ワンナイト人狼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170023

コメント