ピクシブ百科事典

ヴィクトリア王女

ゔぃくとりあおうじょ

『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する』の登場人物

概要

クルツ国王女
誰もが見惚れる美貌の持ち主であるが、その本性は底なしの性悪女で、自らの美しさと王女という地位の高さを鼻にかけ、平気な顔で他人を蹴落とす様な冷酷無慈悲な性格である。
野心家でもあり、サンドラに自分以外の兄弟達を殺させた上で世継ぎとなる男児を産み、その母として王国を牛耳る事を目論んでいる。

また加虐性癖があり、鞭で使用人を傷めつける等肉体的に傷つける事は元より、嘗てのラウルの様に実直な者に絶望を与える等精神的に傷つける事にも興奮を覚える。
更には自分の思い通りに事が運ばないことを嫌い、気に食わない事があれば誰彼構わず当たり散らす凶暴性も兼ね備えている。
独占欲が異常に強く(元々彼女の独占欲は強かったが、聖女クリスティアナの暗躍により更に強まっていた)、ラウルに対して歪んだ愛情を抱き、ラウルを自分だけの奴隷犬にしようと画策する(スピンオフ漫画『聖女に唆されたドS王女は、女騎士とともに淫乱夢想する』によると、クリスティアナに唆されてからは毎晩の様にラウルを想いながら自分を慰めていた)。

自らの歪んだ欲望を満たす為、ラウルの心の拠り所を奪う事を目論み、彼が懇意にしていた近隣のマコーリー村を兵士に襲わせて村人達を皆殺しにしたり、妊娠中の彼の姉を虐殺してその死体を彼の目の前に晒したりした。だが、それでもラウルが頑なに彼女を拒絶した事で彼に対して憎悪を抱く。そして魔王を倒したラウルを用済みとして処分する為に、村の襲撃を全てラウルのせいにして彼を処刑した。

この様にラウルに対して数々の怨みを抱かせた為か、真っ先に彼の復讐のターゲットとして選ばれる。

ラウルを処刑してから1か月後に行われた自身とエミールとの婚礼の儀の最中、神官に化けて乱入したラウルによって式を妨害され、ラウルの闇魔法によって操られたサンドラによって顔がボコボコになるまで殴られ続けた上、魔法で生殖器を破壊されて子を産めない身体にされ、自身の計画を潰される。
ここでラウルは一旦立ち去るが、彼女のラウルに対する憎悪はより一層深まり、国中にラウル討伐の大号令を出す。

子は成せなくなったものの彼女の野望は潰えておらず、ブラウン将軍やベネケ博士といった国の英雄(と思われている者)達を殺して回っているラウルを討ち獲り、国民からの信頼を取り戻す事で、王国初の女王となる事を目論むようになる。
サンドラの公開処刑の場に現れたラウルに、ラウルの闇の力に対抗できる光魔法の使い手である聖女クリスティアナを差し向ける。が、クリスティアナから彼女の攻撃命令を拒否される。
実はこれより少し前に父親である国王から絶縁を宣言されており、その事を伝えたクリスティアナから、父親からの絶縁状を顔面蒼白になりながら受け取る。

ラウルの怒りを鎮める為に生贄として捧げる旨の絶縁状をラウルによって読み上げられ、兵士達も最早王女としての地位を失った彼女の命令を聞かなくなり、皆が彼女を見放す中で醜く取り乱すも、王位継承者が自分しかいない事から国王が自分を見殺しにする訳がないと最後の悪あがきを見せるが、ラウルから国王には隠し子である王子が後3人いる事を明かされ、完全に希望を断たれる。
絶望に打ちひしがれて醜く泣き叫ぶ様を民衆に晒され、彼女を国の宝として讃えていた民衆の心も離れていく中、サンドラだけが彼女に近づく。

が、公開処刑の下、民衆からリンチを受けていたサンドラの精神は既に崩壊しており、彼女を孤立無援の苦しみから救うという名目でサンドラによって身体を剣で貫かれる。
そして後を追う様に自らの首を切ったサンドラの身体が覆いかぶさる状態で死んだ。

関連タグ

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する

関連記事

親記事

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する ふくしゅうをこいねがうさいきょうゆうしゃはやみのちからでせんめつむそうする

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィクトリア王女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント