ピクシブ百科事典

天才怪獣ノーマン

てんさいかいじゅうのーまん

天才怪獣ノーマンとは、スペクトルマンに登場する悲劇の怪獣。
目次[非表示]

「殺してくれ!人間として死にたいんだ!」

データ

  • 身長:人間大~170m
  • 体重:人間サイズ~650t
  • 別名:天才怪獣
  • 出身地:東西大学

概要

第49話「悲しき天才怪獣ノーマン」に登場。
巨大犬怪獣ボビーの飼い主で、頭がよくなりたいと思っていた三吉という男が堂本博士のIQを高くする手術を受け、突然変異を起こして変貌した怪獣。
この手術によって当初は「7+8」の計算もできないほどのバカだった三吉は大天才となったが、この手術にはボビーの時と同じく手が加えられており、怪獣の姿へと変貌するようになったが変身は一時的なもので翌日には元の姿に戻ることができる。

人間の脳を思わせる頭を持ち、長い爪と牙で人間を襲い脳髄を啜る。

三吉は怪獣化する事に恐怖し、再度の怪獣化を阻止する研究を始め、蒲生がスペクトルマンであることを見抜くと、「また怪獣化してしまった時は殺してくれ」と頼んだ。
だが三吉の心はノーマンに支配され、全人類を廃人にすることのできる高性能爆弾「ゲラニウム爆弾」を制作。三吉の抵抗も空しく爆弾を片手に暴れ回った。

しかしわずかながら人間の心を保持していた三吉がスペクトルマンに人間として死にたいと懇願したため、すれ違いざまにネヴィラスライスで切り裂かれ死亡。亡骸はボビーの隣の墓に埋葬された。

関連タグ

スペクトルマン

pixivに投稿された作品 pixivで「天才怪獣ノーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70

コメント