ピクシブ百科事典

太刀川洋

たちかわひろし

島本和彦の漫画「仮面ライダーBlack Part.X イミテーション7」の主人公。
目次[非表示]

概要

 1989年の『週刊少年サンデー30周年記念増刊号』に掲載された読切漫画『仮面ライダーBlack Part.X イミテーション7』主人公

 元暴走族のリーダーを務めていた青年で、喧嘩っ早い、いかにもチンピラな性格ではあるが、ゴルゴム怪人訓練施設に捕えられ無理やり改造手術を受けさせられた事がトラウマとなり、異形の存在である怪人の事を非常に恐れている。
 
施設で“ブラック・ダミー第7号”として改造されてしまうが、(おそらく)記憶を消される前に何とか施設から逃げ出すことに成功はするものの、自分を追ってきた怪人たちに恐怖心から一度は屈してしまう。しかし舎弟たちが次々と殺害されて行くのを見て奮起し、変身して立ち向かうが、所詮まがい物であること多勢に無勢であった為、次第に追い詰められて行くが…?

 なお、最終的には物語の最後で、本物と協力しあって怪人訓練を共に破壊したようだが、その後の彼の行方については謎に包まれている。

 ちなみに本作は石ノ森章太郎による漫画版と同じ表記のタイトルを冠しているが、実際はTV版の外伝に当たる作品である。

ブラック・ダミー

ブラック・ダミーとは!?


仮面ライダーブラック南光太郎を倒すため、ゴルゴムの作り上げた改造人間賢者の石(TV版でのキングストーン)こそ埋め込まれていないが、スペック自体はブラックと変わらず、トラックに跳ね飛ばされてもびくともしない。変身していない人間態においても、パンチ一発で巨漢を一回転させる程の怪力を有している。

しかしその実態はゴルゴム怪人の実験台にほかならず、エースロボットロボットスーパー1と同じく、破壊されるのが運命だった。
暴走族のヘッドだった太刀川は強引に改造手術を受けさせられるが、ゴルゴムへの恐怖 から脳改造寸前に脱出。元の暴走族へと戻ろうとするが、そこにゴルゴムの刺客が現れ…。

関連項目

島本和彦 仮面ライダー 仮面ライダーBLACK 南光太郎
偽ライダー にせライダー ショッカーライダー バッタ バッタ男

pixivに投稿された作品 pixivで「太刀川洋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3399

コメント