ピクシブ百科事典

幻朧魔皇拳

げんろうまおうけん

幻朧魔皇拳とは、『聖闘士星矢』における伝説の魔拳である。
目次[非表示]

概要

「幻朧魔皇拳」は相手の精神を支配する洗脳技であるが故、禁断の魔拳と呼ばれている。「教皇のみが使用を許された」と言われてはいるが、少なくとも原作では教皇がこの技を使う描写はなく(エピソードGにて偽教皇シュラにこの技を掛けた際の完成度を自ら評して『また一歩本物に近づいた。』と独白する描写がある事から『幻朧魔皇拳=教皇たる実力の証』と言う事ではあるようだ。)、どちらかと言えば主に双子座黄金聖闘士が使う。

幻朧魔皇拳が使える黄金聖闘士

原作

LC冥王神話
ND冥王神話

幻朧魔皇拳の被害者

原作

【TVアニメ版】
【OVA版】
LC冥王神話
ND冥王神話
エピソードG
  • シュラ(*描写から察するに拳を試す実験台にされた)

幻朧魔皇拳を解除する為に犠牲になった人々

原作

  • カシオス※シャイナを生かし、アイオリアを救うために自ら望んで犠牲になった。


解除方法

解除方法は不明であるが、サガが言うには「目の前で人が死ぬ」ことで解除されるとのこと。この方法は、シャイナカシオスも知っており、最終的にアイオリアの洗脳を解こうとカシオスがシャイナの為に犠牲になったことで実際に解除された。

しかし、アニメ版で幻朧魔皇拳の洗脳により人格が豹変したとされるギルティは目の前で娘のエスメラルダが死亡してもなお冷徹な態度を取り続けていた。
ギルティは「情けは仮面を付けた時から捨てた」と述べており、一輝に殺された後に仮面の着色が意味あり気に消えたため、サガが洗脳解除条件を意図的に改変していた可能性もある。
アニメ版で洗脳設定を付加した結果、原作版の設定に矛盾が生じたとかツッコんではいけない。

備考

ギルティや水晶聖闘士のように自ら斃される道を選んだ者や、水鏡のように相手の心臓にショックを与えて仮死状態(心停止)にする事で呪縛を解き、その後に再びショックを与える事で蘇生させるといった荒業を用いる者もいる。

関連タグ

聖闘士星矢 双子座 双子座のサガ 双子座のカノン 洗脳

pixivに投稿された作品 pixivで「幻朧魔皇拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63765

コメント