ピクシブ百科事典

拳で語る

こぶしでかたる

殴り合いによる会話。熱血少年マンガなどでよく見られる。
目次[非表示]

拳で語る とは、少年マンガなどでよく見られるシチュエーションである。

概要

言葉を交わさずに殴り合いを行い、相手と意思疎通する高度なである。

パターン1

意見の合わない二人が、口論から殴り合いケンカになる。
だが互いの力を出し切って引き分けになり、友情が芽生える。

パターン2

格闘技世紀末救世主伝説のように、ケンカではなく殺し合いのレベルにまでなる場合、相手がどの様な覚悟意思背景戦いに臨んでいるのかを察する。
悪党が相手の場合は容赦なく叩きのめす事が多い。
そうでない場合は戦闘中止して共通のを相手に共闘したり、相手を倒してしまっても死に際の頼みを叶えてやったりする。

実例

禅宗黄檗(黄檗宗の開祖)は、弟子の臨済(臨済宗の開祖)と拳で語り合って悟りを開かせたという、傍から聞くと無茶苦茶なエピソードを持っている。


関連イラスト

意識しあう二人
力-丈-カ



ちょっと違う気も……

ビックな愛(物理)で包み込むように
くらえ、この愛!



関連タグ

少年漫画
燃えアニメ
漢の義務教育
漢の中の漢
肉体言語
タイマン張ったらダチ
男のロマン
男の浪漫

関連作品

pixivに投稿された作品 pixivで「拳で語る」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99327

コメント