ピクシブ百科事典

昊天

こうてん

「昊天」とは「おんな城主直虎」の登場人物である。メイン画像右下の人物。
目次[非表示]

概要

昊天」とは、NHK大河ドラマおんな城主直虎」の登場人物である。

本作品の舞台の一つである「龍潭寺」の僧侶であり、主人公の「おとわ次郎法師井伊直虎」の兄弟子である。

史実の人物である「昊天宗建」がモデルである。

ちなみに主に中華圏の投稿者により、よく「昊天」タグが使用されているが、使用意図が不明な為、本記事では触れないこととする。

解説

演:小松和重

井伊家の菩提寺である「龍潭寺」の僧侶の一人。

龍潭寺の住職である「南渓和尚」はであり、
同じ僧侶である「傑山」は同僚的存在。
井伊直親」と「小野政次」は、それぞれ「亀之丞」と「鶴丸」であった頃から手習いを教えていた。
後には「亥之介」や「中野直久」、そして「虎松」の手習いも教えている。

そして同じように手習いを教えていた「おとわ」は、「次郎法師」としてその兄弟子となり、「井伊直虎」となった後もその仲は続いた。

温厚で人当たりの良い、優しげな雰囲気を持っており、その一方で時として直虎に静かに窘めたり厳しく渇を入れていた。
そしてその様から、ファンからはよく「オカンみ溢れる昊天さん」と呼ばれていた。

西国で薬学を修め、その知識は戦での負傷者の治療、そして「龍雲丸の蘇生」や「瀬戸方久による弟子入り」などの形で、各場面で生かされた。

実は「の達人」の設定がある。
傑山ほどその設定は用いられていないが、本編では「私の槍………(呆気)」の場面で、ほんの少ーしだけ触れられた。

「父親」的存在の「傑山」と共に、兄弟子として直虎を支えて行くことになる。

史実では

龍潭寺」の五世(五代目)住職
また、彦根龍潭寺の創設者でもある。

ドラマではであったが、史実では「長刀(もしくは薙刀)の達人」。

傑山と共に南渓により、「小牧・長久手の戦い」にて「井伊直政」の隊に遣わされ、池田恒興森長可の両隊を討つことに貢献した、とされている。

おんな城主直虎まとめ


昊天宗建 - Wikipedia
龍潭寺歴代住職(南渓・傑山・昊天)|井伊家の歴史|遠州の古刹 龍潭寺


ちなみに実は南渓が二世(二代目)住職、傑山が三世(三代目)住職であり、
傑山と昊天の没年に約50年の差があるため、
ドラマとは異なり、実際の昊天の年齢はかなりの年下である、と推察されている。

関連タグ

おんな城主直虎 虎絵
僧侶 坊主
龍潭寺 傑山
薬学 
オカン

pixivに投稿された作品 pixivで「昊天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1366

コメント