ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

所属私立きらめき高校
所属部無所属(後に生徒会)
誕生日6月1日
星座双子座
血液型A型
身長
  • 157cm(1年目)
  • 158cm(2年目)
  • 159cm(3年目)
スリーサイズ
  • B83/W56/H83(1年目)
  • B83/W56/H84(2年目)
  • B84/W56/H84(3年目)
利き手右利き
趣味音楽を聴くこと、ウィンドウショッピング
卒業後の進路看護専門学校(未攻略の場合は不明)
テーマ曲笑顔の天使
CV大亀あすか


概要

ギャルゲーの金字塔『ときめきメモリアル』の正統な続編である『ときめきメモリアル4』のメインヒロイン……なのだが、その認知度は若干厳しいものがある(詳しくは後述)。

主人公の同級生でクラス委員長。二年生二学期からは生徒会長に就任する。
気さくで誰からも好かれる人物。語堂つぐみとは小学校からの幼馴染で親友。
主人公とは入学した時のクラスで偶然隣の席になり、一目惚れだった様子。

性格

いつも笑顔で人懐っこく誰からも好かれる優しい人気者。自己評価が低いものの積極的にチャレンジする姿勢は常に持っており、成績も年々上昇。クラス委員から最終的に生徒会長を任され、卒業式の答辞を任される程に成長する。
面倒見も良くクラスが変わろうが特技の為に毎学期会いに来てくれる(爆弾が付いてると来てくれないが)ほど。元気で明るいだけに静かなところは苦手。
良くも悪くも無防備で水着に抵抗がない。
交友関係も広い。本人がちょっと抜けてる為かしっかり者の友人が多く、悟堂つぐみや皐月優と仲良し。

彼女の特徴

別に何もしてないのにときめいたと言われるほど惚れっぽい。爆弾の発生率が高く、デートの回数が必然的に多くなるのもあるが、爆弾を爆発させず彼女を友好状態にさせずにクリアするのは不可能なレベル。更にどう頑張っても登場する為、他キャラ狙いだとお邪魔キャラ扱いされる事も...(後述)
親しみやすいメインヒロインらしく、デートは比較的断らず、悪い印象も与えにくく、良い印象を与えやすい。メインヒロインらしくイベントも多くデートにマンネリする事も無い。
彼女を狙う場合悟堂か皐月の登場はほぼ避けられない為、彼女以外のヒロインのマイナススキルで主人公は被害が受けやすい。彼女はマイナス特技を持って居ないのだが、心の開錠術があると吉。
すごく手間がかかるがその気になれば3年間彼女だけしか女の子を登場させない事も可能
戦闘力は低め。ビジュアルは白衣の天使で武器はピコピコハンマー。彼女らしさ全開である。
スキルは主人公の支援スキルや回復スキルで固まっているヒーラー寄りのサポーター。


お邪魔キャラ?

放置してると最速で1年目の8月には爆弾が点灯してしまうという早さから「スターマインさん」「ボマー星川」などとも呼ばれる(ただしこれは4のとある仕様による影響であり、本来の彼女は傷心度が最も上がりにくく爆弾ができにくい)。

またときめき状態になるのも早く、主人公のパラメータ上昇によるときめき度の上昇率も高く設定されている。
そのため彼女を攻略する分には簡単だが、皐月優龍光寺カイなど難易度の高いヒロインを攻略するときには最大の壁となる。
皐月攻略時は、皐月から要求されるパラメータや進路はもちろんのこと、主人公が生徒会に入っている場合は同じ生徒会所属による友好度上昇は皐月は卒業してしまうことでストップしてしまうため、その後もそれが続いている星川に好感度が逆転されてしまい、伝説の樹の下に来ているのは皐月ではなく星川ということがある。
また、龍光寺攻略時は、ルートが2つある関係かヒロインポイントが最大14しかなく(他のヒロインは20)、パラメータは要求された分あって好感度も高いが、取得ヒロインポイント数で星川に逆転されてしまうということも多々ある。
このように本命キャラ攻略中のハードルとなってしまっており、システムや特技による対策を知らないほど彼女のなつきやすさが辛くなってくる。

モバイル版ときメモ4でもチョイ役として登場している(攻略対象ではない)。

悲劇のメインヒロイン

上記のように、他ヒロイン攻略時にはときめき度の上がりやすさや確定で登場する唯一のヒロインであることから、メインヒロインでありながらゲームシステム上嫌われがちなポジションに位置してしまっているのである。もっとも『』や『』のメインヒロインも似たような立場にあり、傷心度が上がりにくいだけまだ星川のほうがマシなのだが。好感度も生徒会へ入らなければ大して上がらない。

彼女をメインヒロイン(笑)たらしめている理由は、彼女自身のシンプルな特徴と大倉都子の存在である。
「メインヒロインは親しみやすく」というコンセプトで作られたヒロインなのだが、親しみやすさを重視して無難なキャラメイキングを行ったためか、これといった特徴が無いためにキャラ立ちが弱く、どこか特徴が際立ってるのがウリのときメモヒロインとしては物足りないとユーザーに捉えられてしまった。(特徴があるのに人気が出ないのもいるけど。)

主人公の幼馴染でないどころか高校入学以前に接点が全く無いことから主人公との『過去の思い出』イベントが皆無で、それが彼女のメインヒロインとしてのキャラ立ちを更に弱めてしまっており、また彼女が主人公に懐きやすいのが不自然に感じられてしまう。
しかも攻略対象として最初に必ず登場するヒロインであるにも関わらず、電話番号は都子に教えてもらわなければならない(聞かないまま都子ルートに突入すると教えてもらえないまま)。

それと対照的に、大倉都子は主人公の幼馴染であり、ゲーム中で一番最初に登場し、伝説の樹の話を正確に知っており、幼少時代の主人公との思い出イベントがあり、エンディングの作りにも一番気合が入っている・・・と、「ときメモのメインヒロイン」らしい要素をすべて持っているのである。
また(正確にはヤンデレとは言いにくいものの)ときメモシリーズ史上初のヤンデレ属性を持つことや、ときめき状態では伝統システムを否定してしまうくらいの主人公への想いを見せたことでも話題をさらってしまった。
・・・本当にコナミは星川をメインヒロインにしたかったのか?と疑いたくなる。

そうした経緯から、人気の面で都子に大きく水をあけられてしまい、更には電撃マ王で短期連載されていた漫画『ときめきメモリアル4 Stand by me』でも都子にメインヒロインの座を奪われてしまっている。
サブヒロインとしてはそれなりに活躍はしているが、主人公の事は諦めて都子との仲を応援するというポジションに位置づけられてしまっている。本来なら都子がそのポジションにあたるキャラだったはずなのだが・・・。
またこの件は同じコナミのクイズゲーム『クイズマジックアカデミーVII』の「ヒロイン検定」で、四択クイズの問題として出題されてしまった。
そしてコナミネットDXの「ときめきメモリアルメールドラマ」でも、ときメモ4枠の出番を都子に奪われてしまった。
グッズ展開でも、2009年の東京ゲームショウのコナミブースで星川のフィギュアが参考出品されていたが商品化されずにお蔵入りしてしまうという憂き目に遭い、逆に都子はその年のコミックマーケット77のゲーマガブースで公式の抱き枕カバーがただ一人だけ商品化されていた。

・・・冷静になって星川真希をよく見てみれば、

  • 容姿:素直な顔立ちの美少女
  • スタイル:バスト83となかなか
  • 性格:明るく元気で誰にも優しいクラスの人気者、夢に向かって頑張る努力家
  • ポジション:主人公のクラスの委員長、後に生徒会長
メインヒロインとして申し分ない設定付けはなされている。そして親しみやすい女の子としては非の打ち所がない。
彼女自身のキャラクターは決して悪いものではないのだが、『ときめきメモリアル』という、かつて一世を風靡したシリーズの待望の最新作の看板を背負ったメインヒロインを務めるには色々と不遇が多すぎたことが災いし、さらに公式が自重しなかったために「ときメモのメインヒロイン」らしさを感じにくいキャラクターになってしまった。
ここまで悲惨な意味で「出るゲームを間違えた」「産まれる時代を間違えた」「公式の育成ミス」なのは彼女くらいのものであろう。文句は公式でも酷い扱いをしているコナミに言ってください。

ちなみに星川には好感度に関係なく強制発動するイベントが二つ用意されており、好感度アップを手伝ってくれる(強制発動してなおかつ好感度もアップするイベントを持つヒロインは1~4の中では星川のみである)のだが、都子の影が濃すぎるためにあまり知られていない。

余談

調整次第では他のヒロインを一切登場させずに3年間、星川と2人っきりのラブラブな学園生活を送ることが可能。(語堂は顔だけ、は声だけ出てくるが。)

彼女のエンディングを迎えると看護師の専門学校へ進学するのだが、彼女以外のヒロインでエンディングを迎えると彼女の卒業後の進路が不明になる(主人公が進路を聞き出せていないだけだが、同じように看護師になれたかは怪しい)。

ちなみに髪型と髪の色は『ときメモGS2』に登場した情報サポートキャラである音成遊とそっくりだったりする。

発売から10年も過ぎ、すっかりときめきメモリアルが世間から忘れられた2021年。まさかの今田耕司が自らのYouTubeでときめきメモリアル4を生配信で実況プレイ。しっかりと星川さんにベタ惚れし、メインヒロインとしての大活躍を見せている。

関連タグ

ときめきメモリアル4 ときメモ4 特技さん メインヒロイン(笑)
天ヶ崎美琴:アダルトゲーム『月は東に日は西に』に登場するメインヒロインで、幼馴染属性持ちのヒロインに人気も注目もごっそり持っていかれたという共通点を持つ。

関連記事

親記事

ときめきメモリアル4 ときめきめもりあるふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「星川真希」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「星川真希」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 963025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました