ピクシブ百科事典

沖田×華

おきたばっか

「沖田×華」は日本の漫画家。(メイン画像は「はざまのコドモ」の表紙絵。)

概要

富山県出身。

小学4年生の頃に学習障害注意欠陥多動性障害、中学生の頃にアスペルガー症候群と診断されていたが、当初本人はこれを認めたくなく、成人してからSNSでようやく自身の障害を自覚した。
その為に忘れ物が多く、簡単な計算や読み書きも出来なかったことからいじめにも合う。
それでも高校卒業後に准看護師の資格、その後に正看護師の資格を取得するも他者とうまくコミュニケーションがとれず、首吊り自殺を図ったこと(未遂で終わったが)もある。
その後風俗業に転身。ソープランド以外のあらゆる風俗店で働く。
風俗店の待機室にあった実話誌を読んでいた時に漫画家の桜井トシフミ(別名・桜壱バーゲン、浪花ともあれ、櫻井稔文〈本名〉)の存在を知り、出版社にファンレターを送ったことで桜井との交流が始まり、後に桜井から漫画を描くように勧められる。
その後『漫画アクション』(双葉社)の新人賞に応募、選外奨励賞を獲得し26歳で漫画家デビュー。

作風は自身が抱える障害を題材とした作品、自身の経験が元になっている作品が多い。

主な作品

  • 『蜃気楼家族』
  • 『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』・・・2018年にドラマ化、第73回文化庁芸術祭・大賞、第42回講談社漫画賞少女部門を獲得。
  • 『こんなアホでも幸せになりたい』
  • 『ニトロちゃん』
  • 『毎日やらかしてます。』シリーズ
  • 『はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児』(原作・君影草)

等・・・

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沖田×華」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント