ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

「お前が我妻か…… 話は聞いている。金はちゃんと払えよ」

「本来、戦場ってのは相手をぶち殺してナンボだ。卑怯もクソもねえ」


CV:ヤシロこーいち

古武術の達人にして師範。自身の道場も持っており、我妻京也が免許皆伝を得た15才になるまで、短刀などの武器を教えていた。我妻が門を叩いた頃でもすでに推定70代であり60代の天羽桂司人食い伊能らよりもかなり上。


人物

容姿

白髪ツーブロックの髪型に精悍な顔つきをした老人。上唇に白いちょび髭、顎に白ひげを生やしており道着と袴を着用している。


性格

道場を持つほどの古武術の達人。同じ古流武術の師範でも宮沢永徳のような外道ではないだろうが以下に述べるように出来た人物とは言えない。特に金勘定には厳しく指導料を始めとする料金さえ払えばどんなに人間性に問題があっても教えられる限りの指導をするほどである。

我妻も田宮が技を教えてくれた事には感謝していたが個人的には全く慕っておらず、田宮もあくまで金と引き換えに指導していただけで我妻の事は気味の悪いガキとしか思っておらず、お互いに師弟愛は皆無であった。


能力

実戦的な殺人術にかけては第一人者とされる。我妻の技のほとんどは田宮道場で身に付けたものと思われる。実際の実力は不明だが、瓜生シリーズの温泉旅行回でCODE-EL時代の瓜生龍臣小林幸真らの教官で我妻と直接会ったことがない株式会社モーリーのCEOである毛利公平からは搦手を多用する我妻(すなわち田宮)の戦闘術の弱点を見抜かれていることからして毛利の方が一枚上手だったと思われる。


経歴

彼の下で我妻は多くのことを学び、金銭面を理由に去る時までには口には出さなかったものの「もう教えることもねえわ」と才能に感心しつつも「どえらい奴を育てちまったもんだぜ」と思わせるに至った。しかし、我妻が途轍もない化け物に変わり後に東北最大の半グレ組織のボスにしてしまうと言う皮肉な事態を間接的に招いてしまった。


京極組御用達である情報屋の風谷守若冬史郎に語った我妻の過去についての話で再登場。我妻に史上最短で免許皆伝を与えたことなどが改めて語られた。我妻に指南している時、左手に苦無、右手を大鎌という構えだったがこの構えを我妻は受け継いでいない。我妻死後の話になるがエルペタス戦争三門一郎太と戦った雷一族万雷がこの構えを用いた。万雷は左手に構えた苦無を防御に用いていたが、田宮も万雷と同じく左手の苦無を防御にも用いていた可能性が高いと思われる。


余談

現在の消息は不明だが存命なら80歳代になっていると思われる。守若伝説が公開されるまでは一部視聴者から毛利と同じく元CODE-ELの教官説や守若の師匠説が唱えられたこともあった。しかし、守若の師匠は鶴城史之舞町田寅泰と同じ袴田秀郎であり田宮とは無関係であることが判明した。


関連タグ

ヒューマンバグ大学 戒炎


古武術 達人 師範


毛利公平袴田秀郎…共にCODE-ELの教官だった人物で殺人術の師範という共通点がある。ただし引き出しに関しては田宮より多いと思われる。

宮沢永徳伊集院シリーズに登場した古流剣術の師範。こちらは正真正銘の外道。

関連記事

親記事

我妻京也 あがつまきょうや

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました