ピクシブ百科事典

色が共通点のアニメ・登場人物一覧

いろがきょうつうてんのあにめとうじょうじんぶついちらん

人気アニメの共通点として多い、登場人物たちを「色」で表現、又は所属しているものを「色」として表しているアニメ・登場人物の一覧。
目次[非表示]

概要。

アニメでよく見られる、登場人物を物語内で『○○色』と表現する、又は名前やイメージカラーとして直接的に『○○色』としているアニメやその登場人物たちをまとめたもの。

『色』が名前やニッネーム、組織etc…につけられているアニメ。

  • 黒子のバスケ   主要キャラクターであるキセキの世代の名前に『色』が入っている。
  • K(アニメ)   7人の王は、それぞれの『色』ごとに異なる性質を持ち、異能を分け与えた異能者であるクランズマンを従えている。
  • デュラララ   カラーギャングが登場し、チームごとにカラーが決まっている。
  • PSYCHO-PASS   人間のあらゆる心理状態や性格傾向を計測し、それを『色相』と呼ぶ。


『色』が名前やニッネーム、組織etc…につけられているアニメの登場人物。

『赤色』

『青色』

『黄色』

『緑色』


『無色』

  • ダラーズ   池袋に根を張るカラーギャング。チームカラーは無色。つまりは「保護色」。
  • 無色の王   
    1. 三輪一言  先代無色の王。劇中では既に故人。無色の王の能力として未来を予言する力を持っていた。しかしその力をみだりに振るうことはなく、山奥で隠遁生活を送っていた。
    2. キツネ煙  相手の目を通して、他人の体に憑依する能力を持つ。憑依した人間の自我をも吸収するため、複数の人格が存在している(菊理や社の内にて3人で会話する描写がある)。


『白色』


『黒色』


『黄金』


『白銀』

関連記事

親記事

不要記事 ふようきじ

兄弟記事

コメント