ピクシブ百科事典

衣笠祥雄

きぬがささちお

衣笠祥雄とは、広島東洋カープに在籍していた元野球選手である。

概要

1947年1月18日に京都市で生まれる。
1965年、平安高校から広島東洋カープに入団。高校では捕手だったが、監督の意向で内野手に転向した。
1968年から一塁手として1軍の試合に出場。
1975年にジョー・ルーツ監督の指示により三塁手に転向。背番号は入団時の28から3に変わった。
山本浩二と共に打線の中核を担い、球団の初優勝に大きく貢献した。
オールスターゲームでは山本と共にアベックホームランを打ち、赤ヘル旋風を巻き起こした。
その後も山本浩二と共にチームの中心選手として五度のリーグ優勝と三度の日本一に貢献した。

入団当初の背番号28と頑健な肉体から『鉄人』の異名を持ち、1970年から連続試合出場を続け1987年にはルー・ゲーリッグの保持していた2130試合連続試合出場世界記録を破った。
同年には国民栄誉賞を受賞し、引退した。

1996年野球殿堂入り。現役最後まで使用した背番号3はカープの永久欠番である。

2018年4月23日、上行結腸がんのため死去。71歳没。同月19日にBS-TBSで生中継されていたDeNA - 巨人戦に解説者として出演していたが、「なんだか辛そう」「声がかすれて聞き取りづらい」などとネット上で心配する声が上がっていた。

江夏の21球


1979年の日本シリーズ最終戦、9回裏のマウンドに上がったリリーフの江夏豊は無死満塁のピンチを招き、古葉竹識監督は延長戦に備えブルペンに若手投手を送り込んだ。
この時衣笠はマウンドに向かい、監督の采配に不満を抱きやる気を失いかけた江夏に「お前がやめるなら俺も一緒にやめてやる」(山際淳司の小説では「オレもお前と同じ気持ちだ。ベンチやブルペンのことなんて気にするな」となっている。)と言ってなだめた。
その後立ち直った江夏は見事最終回を無失点で切り抜け、チームに初の日本一をもたらした。

この時の衣笠の言葉に江夏自身感謝しており、衣笠逝去後「俺の宝」とまで言っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「衣笠祥雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22623

コメント