ピクシブ百科事典

護衛棲水姫

ごえいせいすいき

護衛棲水姫とは、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する、深海棲艦の一体。
目次[非表示]

キヤガッタ…カ……バカナ…ヤツラダ……。
イクラ…ウッタッテネ……ムダ…ナンダヨッ…………!

イクノ……!? ワタシヲタオシテ……!? ソノサキニススムノ……?
……ハヤクモドッタラ……? モドリタイデショ? イインダヨォ……!?

CV:内田秀

概要

ブラウザゲーム艦隊これくしょん』の2018年冬季イベント捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』第四海域、作戦名「サマール沖 その先へ――」の敵旗艦(ボス)として新たに登場した「水姫」級深海棲艦。艦種は軽空母に分類される。

容姿

外側が白、内側が黒色に色分けされた髪をツインテールに結った、若干幼さが残る少女のような外見。腰回りにベルトで繋いだ3つの浮き輪を付けている。周囲には5連装魚雷発射管を持った駆逐イ級の様な深海棲艦2体と、翼を持つ黒い球状の艦載機3体を従え、自身は背中が飛行甲板になっている駆逐ロ級の様な艤装をぬいぐるみの様に抱えている。自身の目や周囲の取り巻きからは紫色の光が滲み出ている。

最終形態

最終形態では名前が「護衛棲水姫-壊」になり、自身の目や取り巻きから滲み出る光、浮き輪が紫から赤に変化。同時にぬいぐるみの様に抱えている飛行甲板の艤装の口から涎の滴る巨大な舌が飛び出している。

ハァン?マァイイサ。ソレデカッタキデイルノナラ…オメデタイネェ……マッタクオメデタイヨ。

モチーフ

彼女のモチーフは「サマール沖海戦」における「タフィ3(Taffy 3)」(第77.4.3任務群)」、ひいてはガンビア・ベイだと見られる。
道中にいる軽母ヌ級の群れ「飴玉護衛空母群」は「Taffy」の意味がキャンディーだから名づけられたものである。

取り巻きにいる駆逐イ級のようなものは、フレッチャー級駆逐艦及びジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦だと思われる。
実際、3隻のフレッチャー級駆逐艦(ホーエル、ヒーアマン、ジョンストン)と4隻のジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦(ジョン・C・バトラー、サミュエル・B・ロバーツ、デニス、レイモンド)がこの地で奮戦し、うちサミュエル・B・ロバーツ、ジョンストン、ホーエルの3隻がこの戦いで没している。
後にタフィ3所属で同様にこの戦いで没したジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦サミュエル・B・ロバーツフレッチャー級駆逐艦ジョンストンが実装され、彼女達の時報中に「ホーエル」の名も出てくる点から取り巻きの駆逐艦は同海戦で没した「サミュエル・B・ロバーツ、ジョンストン、ホーエル」の3隻とみてほぼ間違いないと思われる。

謎の浮き輪

[お題]深海棲艦に鎮守府まで送り届けられるガンビア・ベイ


「腰回りにベルトで繋いだ3つの浮き輪」だが、よく見ると手足と角が生えている上に口のようなものがついている。イベント登場時はそこまで注目されていなかったのだが、5月に公式ツイッター上に投稿された、アキラ氏からの記念イラストで思わぬ形で注目を浴び始めた。この口を開いて「わーい」と喜んでいるようなポーズに、「まさかの生物」だったと衝撃を受けた人は多かったらしく、ある人はコラ素材に、またある人は上記イラストの様に描き始めるなど、持ち主の護衛棲水姫を置き去りにして人気が盛り上がった。
これに乗じたか主人に先立って、5月のよみずいランドコラボにおいてシールとしてグッズ化してしまった。さらに、瑞雲音頭千秋楽の配布ポストカードまでジャックしてしまった。
公式Twitterの告知では「浮輪さん」と呼ばれている。
名前(?)が発表されていないころから「深海浮輪」が仮称として使われており、発表後も単なる浮輪との呼び分けの都合もあって、このタグが専ら用いられているようだ。

ズイパラ

ズイパラ満喫姫


第三回瑞雲祭りズイパラ」に深海枠と登場(他には北方棲姫)。実に約1年ぶりの登場である。
今回は書き下ろしとしてSDデザインでクリアファイルでの商品化。右手にたい焼きを持ち左手には白イルカのぬいぐるみを抱え。取り巻きに白い浮輪さんが付き従っており、良く見ると腰に赤い浮輪さんを下げ、その赤い浮輪さんに荷物持ちをさせている(それでいいのか上司)
同イベントでガンビア・ベイの書き下ろしも描かれていて、そっちにも浮輪さんが付き従っている。
浮輪さんにとってはどちらも大事な上司といったところなのだろうか

関連タグ

艦隊これくしょん 捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)
深海棲艦 護衛棲姫 Gambier Bay

関連記事

親記事

深海棲艦 しんかいせいかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「護衛棲水姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 361531

コメント