ピクシブ百科事典

非人哉

ひとにあらざるかな

非人哉とは、中国発の連載4コマ漫画シリーズ、およびそれを基にしたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

非人哉とは、中華人民共和国のWEBサイトで連載中の4コマ漫画。
制作は分子互动(fenzihudong、制作スタジオのようなもの)、そこに所属する一汪空气氏が実際の漫画を描いている。

こちらのサイトで読むことができる。

タイトルの「非人哉」は、中国語読みで「フェイレンザイ」、日本語読みで「ひとにあらざるかな」と読む。
読んで字のごとく、現代の人間社会に紛れて暮らす「人ならざるもの」たちの日常を描いたギャグ漫画で、作中には中国の伝承を中心としたさまざまな妖怪たちが登場する。

登場人物

九月

非人哉
九月


主人公。200年の時を生きた九尾の狐で、今も修行のため、人間の姿となって一人暮らし(&会社勤め)をしている。作中の描写を見る限りどうもオタク気質のようで、部屋はフィギュア等が散らばる汚部屋状態。

身分証によれば、1808年11月30日生まれ。

小玉

小玉
玉总


うさぎの妖怪で、九月の仕事仲間。いわゆる「月のウサギ」で、かつて他のウサギたちと共に月餅というお菓子を作る仕事に従事していた。
普段は常識的な一方、仕事柄月餅は見るのも食べるのもうんざりしているようで、月餅を見ると凶暴化する。

敖烈(ごうれつ)

烈烈


九月の仕事仲間で、竜の妖怪。白馬へと変身することができ、その姿であの三蔵法師を天竺まで乗せて行ったという何気にスゴいエピソードの持ち主。
人ならざるものたちの間でも相当えらい存在のようだが、彼自身は天然気質で朴念仁。
胃袋の中は海とつながっているらしく、くしゃみや嘔吐をすると海の幸が飛び出してくる。

刑天

九月たちのいる会社に新しく入ってきた社員。乳首が目、へそが口となった、首のない男性の姿をした妖怪。珍妙なナリだがこれでも一応戦神である。
ややデリケート寄りの常識人ではあるものの、その独特な体型ゆえの気苦労が絶えない。

弥勒

九月の会社の上司。おそらく「弥勒菩薩」のことだと思われる。
旅館などに置いてある「弥勒様」のような風貌をしたふくよかな……否、二頭身の大男。
その体は風船のように膨らんだりしぼんだりし……

観音大士

非人哉 三观


(イラスト中黒髪の人物)
九月たちの会社を率いるリーダーの一人。いわゆる「観音様」・「観音菩薩」。
いつでもどこでもスタバコーヒー(実際には違うらしい)を飲んでいる自由気ままな人物……に見えるが、実際は問題ばかり起こす九月たちに手を焼いている。
哪吒の後見人でもある。


哮天(こうてん)

非人哉いろいろ


九月の仕事仲間。「哮天犬(こうてんけん)」という犬の妖怪。
性格も犬そのもので、いつでも元気で、すぐに笑いすぐに泣くアグレッシブなお方。
その度合いは人からの誘いを断ると周囲から心配されるほど。

杨戬

非人哉 三观


(イラスト中後ろの人物)


精卫(せいえい)

非人哉精卫
精卫






哪吒(なた/なたく)

哪吒
削骨还父 削肉还母


観音大士のところに預けられている少年。もとはインド神話に登場する神「哪吒三太子」その人で、竜を殺したという伝説ゆえ、竜である敖烈にはものすごくビビられている。
彼自身は無口・無表情・無感動の三拍子揃った寡黙な性格。だが、時折物騒なことを口走る。
現在は小学生として学校に通っているようだ。

関連タグ

漫画 WEB漫画 4コマ漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「非人哉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4155

コメント