ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経歴

1918年10月11日生まれ。千葉県吉田村(現在の匝瑳市吉田)出身。

旧制千葉県立千葉中学校(後の千葉県立千葉高校、2008年からは現在の中高一貫校である千葉県立千葉中学校・千葉高校に転換)から慶應義塾大学に進む。千葉中学時代の1935年と1936年には夏の高校野球大会に出場している。
慶應卒業後は日立航空機という会社に入り、野球からはやや遠ざかった。その一方で、右膝を壊していたことと酷い近眼のせいで(いずれも野球をやる分にはあまり影響はなかったようだが)軍隊への召集を免れた。しかも職場柄敗戦の噂がいち早く流れると、「これでまた野球が出来るわい」とほくそ笑み、早速体力作りを始めたと言う。そんな彼のことを人は「何を考えてるんだこいつ?」と呆れていた。

1946年、再結成されたセネタースに参加、主軸として活躍し打率3割オーバーを記録するも、1947年にセネタースが東急フライヤーズに改組すると、フロントと揉めるようになってしまう。結局1948年のシーズン途中であった7月にチームから追い出されてしまう。その直後に金星スターズと契約するも、移籍が認められない時期だったため、試合出場が出来なくなってしまった。

1949年に金星スターズが大映スターズと改組された際にようやく試合に出られるようになると、これまでの鬱憤を晴らすかのような活躍をみせ。ホームラン25本を記録した。
その後も大映の主軸を務めるが、特に1951年10月5日に大須球場(愛知県に存在した球場)で行われた対阪急ブレーブス戦にて、1イニングで3ランホームランと満塁ホームランを放って7打点、その前にも満塁ホームランを打っていたので結果合わせて11打点という、とてつもない記録をマークした。
1952年には首位打者にもなった(打率3割3分6厘)が、1954年オフに大映を自由契約となってしまう(しかもその年のオールスターゲームに出場していたにもかかわらず。ちなみに1951年と1952年にも出場)。そして南海ホークスと契約し、活路を見いだそうとするが、結局1955年のシーズン限りで引退した。

引退後はラジオたんぱの解説者などを務めた後、1967年に東映フライヤーズの打撃コーチとなった(東急フライヤーズの直接の後身であるため復帰と見なされることが多い)。そこで素質がありながらくすぶりかけていた大杉勝男に対し「月に向かって打て!」と発破をかけ、彼をホームランバッターへと変身させた。1968年に二軍監督に就任するも、セネタース(⇒東急)時代のチームメイトだった大下弘の“尻ぬぐい”をする格好で8月からシーズン終了の10月までの約3ヶ月間、監督代行を務めたことがある。
1969年に二軍監督に戻り、その年のオフに東映を退団している。

1970年8月9日、胃がんにより死去。51歳の若さだった。

追記

打ち出したら止まらない上、守備もなかなか上手かったことから、選手として戦後復興期のプロ野球を支えた逸材であった一方、気むずかしくてわがままな上、むらっ気もあり、人間的にはお世辞にもいい人とは言い難かった。東急フライヤーズを追い出されたのも、そういった点が目立ってしまったからの様である。

死の前日、後楽園球場川上哲治と談笑したという。飯島が死んだ直後、後楽園球場の監督室で川上が新聞記者達にこの事を話したところ、誰も信じてくれなかった上、「あのー、胃がんで死んだ人がその前日にここまで来られるとは思えないんですけど・・・・」と、ある意味真っ当な意見を述べる人まで出た。だが川上はこれに対し「ワシは飯島さんに会った!!」と逆ギレしてしまった。

参考資料(外部リンク)

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

コメント