ピクシブ百科事典

高ノ織中学校

たかのおりちゅうがっこう

高ノ織中学校とは、『魔法少女サイト』に登場する架空の中学校。
目次[非表示]

概要

東京都武蔵之市に位置する中学校。朝霧彩奴村露乃達が通っている。
正式名称は「武蔵之市立高ノ織中学校」(ただし、公立か市立かは不明)。

彩が2年の頃に転校してきた後、諸事情で芸能活動を休止した『いぬあそび。』元メンバーの穴沢虹海や元情報屋潮井梨ナが転校してきているが、ある事件(後述)を境に魔法少女サイトやステッキが絡んだ不幸な事件が頻発に起きるようになってしまう。

制服について

制服は女子が黒のセーラー服と赤のリボン、男子はブラウン調(アニメにて判明)のブレザーとネクタイ。
夏服は以下の通りの模様。

魔法少女サイトまとめ(?)



靴下は基本黒ソックス、または黒ニーソだが、雫芽さりな素足履き(後に黒タイツ)で、中には三つ折り縞ニーソなどを履いた生徒もいるため、特に定まってはいない模様。

関係者

生徒

2年生

※以上、8人は2年B組在籍。

3年生

教員


この学校で起きた事故・事件

※以下、ネタバレを含みます。ご注意ください!!

  • 二人の生徒の事故死
彩が魔法少女サイトから送られてきた瞬間移動タイプの拳銃型ステッキを受け取ったその日の放課後、体育倉庫でさりな率いるグループにいじめられ、彼女達の先輩である荒井翔太強姦されそうになり、その場から逃げ出すが、荒井や強姦をけしかけた貝島えりかに追いつめられた恐怖からステッキを初めて使用し、踏切内に飛ばされた荒井とえりかは電車に撥ねられ、死亡(7月10日没)。
ニュースでは「二人は突然線路上に現れた」などと言った目撃情報が寄せられ、謎は残されたままとなるが、事故死した二人は元々校内でも評判が悪かったため、一部の生徒は「どっちにしろDQNだから死んでもよかった」などと二人のことを陰で嘲笑っていた。
この事件を皮切りに翌日から学校内では魔法少女サイトやステッキが関わる事故や事件が多発するようになる。

  • 謎の不慮の事故
荒井とえりかが踏切事故で亡くなった翌日、親友の死を悲しむさりなは女子トイレで怒りのままに彩を問い詰めてカッターナイフを取り出し、もう一人の親友である川野愛が「やりすぎだ」と止めに入ろうとするが、スマホ型ステッキで時を止めた奴村が彩を救い、奪ったカッターで「不慮の事故」と見せかけてさりなの首を切り裂いた。
奴村がそのまま彩と共に学校を出てしばらくしてから時を動かすと、さりなは首にひどい大怪我を負って病院に緊急搬送され、事故現場となったその女子トイレは使用禁止となった。
後にさりなは入院先の病院でサイト管理人からヨーヨー型ステッキを受け取り、魔法少女となったが、復学後の翌日に行方不明になってしまう。

  • 国民的アイドルの急死
芸能活動を休止し、彩のクラスに転校してきた虹海が彩の兄・朝霧要に一目惚れし、魔法少女サイトの存在を知った要に利用された末に彼の手で殺されることになってしまうが、命が尽きる直前に自分を唆した要に一矢を報いることに成功し、笑顔のまま絶命。
奴村達がステッキで虹海の外傷を治した後に遺体を病院に引き渡したため、表向きでは「心臓発作による病死」として世間に公表され、真実は闇に隠された(なお、ニュースでは「自宅マンション内にて遺体が発見される」と速報されており、恐らく漆の協力者である刑事・美炭貴一郎が裏で手を回した可能性も少なくない)。

いずれの事件もニュースで大きく報道されており、虹海の転校先の学校も(名前こそ表明されてはいないが)ネット上で明らかになっていたため、事件と深く関わる彩のクラスは一時休講になるが、学校は(恐らくこれまでの事件をはじめ、虹海急逝によるマスコミの沈静化も兼ねて)夏休みに入ると同時に臨時休校、裏では「呪われた中学校」として悪評を集めるようになる。

関連タグ

魔法少女サイト
美鷹市第八中学校湖村花夜等が通う中学校。高ノ織中学と同様、漆の管轄エリアに含まれている。
聖甲南中学校雨谷小雨等が通う中学校。サイト管理人・の管轄エリアに含まれている。
八王寺第二中学校住倉湯華が通う中学校。サイト管理人・の管轄エリアに含まれている。
新膳中学校:『魔法少女サイトSept』の高橋つらら等が通う中学校。サイト管理人・拾陸の管轄エリアに含まれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「高ノ織中学校」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4102

コメント