ピクシブ百科事典

M11/39

かるろあるまーと

M11/39は第二次世界大戦中のイタリアの中戦車である。

概要

スペイン内戦で投入したCV33では非力であり、イタリア陸軍では中戦車の充実が課題となった。
1935年にアンサルド社が試作した8トン戦車の足回りを、L6/40のボギー式車輪にリーフスプリングを組み合わせたものに変更したものを「M11/39」として正式採用した。

37 mm 砲を車体右側に、車体上部に機関銃2挺を装備した旋回銃塔を装備しており、また、被弾時の発火に強く燃費も良いディーゼルエンジンが採用された。
ディーゼルエンジンの採用は、当時の西欧諸国では珍しい事例となっており、以後戦車には、ディーゼルエンジンが搭載されることとなる。

1940年に北アフリカ戦線で初陣を迎えたが薄い装甲と非力なエンジンのため損害が大きく、大半の車両が戦闘で失われてしまい、かろうじて生き残った車両も41年中に現役を退いている。

関連タグ

イタリア軍 M13/40

pixivに投稿された作品 pixivで「M11/39」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1744

コメント