ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

1.1980年から稼働するバンダイナムコのアーケードゲーム及びシリーズの総称。本項で解説
2.同ゲームに登場するキャラクター→パックマンを参照。

概要

1980年5月22日より稼働するバンダイナムコのアーケードゲーム。日本国内稼働直後の綴りはPac-ManではなくPUCKMAN だった。
日本でも高い人気を誇ったが、当時ナムコとの関係が一時的に密接となったバリー=ミッドウェイ(後のミッドウェイゲームズ)より1980年10にアメリカで発売されると、日本を遥かに凌ぐ爆発的な人気を誇る。Atari2600にも移植され約500万本の売り上げを記録した。この際、ミッドウェイ社から「PUCKMANの"P"を一部削って"F"に変えてしまうイタズラが懸念される」として綴りがPac-Manに改められた。
当時のアメリカでは空前のブームを叩き出しキャラグッズは一時期ミッキーマウスのそれを超えた。
ミッドウェイ社幹部から「我が社は80年代のミッキーマウスを所有していると」言わしめた。
2005年にはもっとも成功した業務用ゲーム機としてギネスに登録された。

アーケード版テーブル筐体の定価は64万円であり、1プレイ100円で計算すると6400回でペイできる計算である。

ゲーム内容

ここでは最初に発表されたオリジナルについて解説する。現在でも基本はこのルールが適用されている。
プレイヤーは4方向のレバーを利用し、青い壁で構成された迷路『パックメイズ』の中でパックマンを操作する。迷路の中には性格付けされた4匹のモンスターもしくはゴーストが存在しており、これらモンスター達の追跡をかわしながらに迷路内に配置された244個のドット(基本はドット240個+パワーエサ4個)を食べ尽くすとラウンドクリアとなる。各ラウンドを通じて迷路に変化はなく、難易度が少し上昇した状態で次のラウンドが開始される。なお、ラウンド21以降は難易度が上昇しなくなる。
また、メイズの中には各ステージ毎に一定時間フルーツが出現しており、食べれば高得点を取れる。

パックマンがモンスターに捕まるとミスとなり、パックマンの残数がなくなるとゲームオーバーとなる。点数が10000点(初期設定)に達した際にはパックマンの残数が1つ増える。

パワーエサ(パワークッキー)

通常、パックマンはモンスターに追跡される立場にあるが、迷路内に配置された4つのパワーエサ(パワークッキー)を食べることによって立場を逆転することができる。

パックマンが食べるとモンスターの色が一定時間、青色へ変化してパックマンから逃げるように行動し、パックマンが噛み付いて撃退することができる。連続してイジケモンスターに噛み付くたびに点数は倍増し、200・400・800・1600点が獲得できる。撃退されたモンスターは目玉となって巣へ戻り、イジケ状態より復帰して再度パックマンの追跡を開始する。パワーエサを食べたパックマンは無敵ではないため、復帰したモンスターに捕まるとミスとなる。

効果が切れる際にはイジケモンスターが青と白の点滅を繰り返す。さらに一定時間が過ぎるとモンスターは通常の状態へ戻る。効果発揮時間はラウンドが進むごとに短くなっていき、ラウンド17(カギの5面)およびラウンド19(カギの7面)以降のモンスターはイジケなくなり、それまで進んでいた方向から方向転換し、逆方向に進み始めるのみとなる。

ワープトンネル

迷路の左右を繋ぐトンネルが画面左右両端の中段に存在する。パックマンはスピードを落とさずに移動できるが、モンスターはスピードが落ちる。そのため、プレイヤーはここをうまく利用することでモンスターとの距離を引き離し、振り切ることができる。ただし通路の1つに過ぎないため、モンスターに挟み撃ちされる場合がある。ラウンド19以降は、ワープトンネルを通過中のモンスターが反対側に抜けたパックマンに合わせてトンネルを引き返す。

登場キャラクター

NAMCO-PACMAN A Special Machine
パックマン



センシティブな作品
伯爵家の午後83パックマン


関連タグ

ナムコ
アーケードゲーム
パックマンモンスターズ(イジケモンスター):同作品に登場するキャラクター。
フルーツターゲット パックランド パックマン99

関連記事

親記事

ナムコ なむこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Pac-Man」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Pac-Man」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97548

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました