ピクシブ百科事典

概要

6列のシリンダーバンクをV型に2セット配置した形態のレシプロエンジン
直列6気筒が斜めに2つ付いていると思えばいい。

ごく一部の稀少生産のハイパーカーのような例外を除けば、市販の量産自動車に載せられる最大の気筒数であると考えて良い。当然重さ・価格・燃費・メンテナンス費どれをとっても高額であるが、その味は格別である。
日本の市販車では唯一、トヨタセンチュリーで静粛性の高さを追求するために使われていたが、2018年のフルモデルチェンジを持って消滅している。一方海外ではランボルギーニフェラーリBMWメルセデスアストンマーチンなど高級車で多数の採用例が見られる。

競技用としては、1960~1990年代のF1や1980年代のグループC規定においてV12がしばし用いられた。ホンダが日本のF1コンストラクターとして初勝利を挙げたのと、アイルトン・セナとともに黄金期を築いたのもV12エンジンであった。

この他、キハ65キハ66系キハ181系キハ183系DD51DE10などに使われているエンジンもV12エンジンとなっている。海外でもイギリス国鉄クラス800のエンジンがV12である。

関連タグ

自動車 鉄道車両 レシプロエンジン

関連記事

親記事

レシプロエンジン れしぷろえんじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「V12」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6201

コメント