ピクシブ百科事典

ハイパーカー

はいぱーかー

スーパーカーの概念では捉えきれないスポーツカー。メガカーとも。
目次[非表示]

概要

一般的に「スーパーカー」といえばフェラーリランボルギーニの数千万円もするようなスポーツカーを想像されるだろうが、ハイパーカーはなんと億円単位で、文字通り格の違う車である。

1999年にパガーニゾンダが誕生してから「ハイパーカー」という呼称がみられるようになり、ブガッティヴェイロンが登場するとマクラーレンP1ケーニグセグアゲーラシェルビー・スーパーカーズトゥアタラと続いた。
フェラーリラ・フェラーリがアラブウィールズ・アワードで「ハイパーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、ランボルギーニヴェネーノポルシェ918 スパイダーなどスーパーカーで有名な自動車メーカーからもハイパーカーが登場している。

日本ではトヨタTS050 HYBRIDの技術が投与されたGRスーパースポーツコンセプトを発表しているほか、技術系人材派遣会社のアスパークが初めてEVハイパーカーのOWLの発売に成功している。

上記のメーカーを見ればおわかりの通り、億円単位で数十台も売れればいいため、生産には量産車のような超大規模投資とコスト削減ノウハウを必要としないため、一般的には自動車メーカーでない企業でも生産に漕ぎ着けることができるのも一つの特徴である。

ハイパーカーの定義

「時速400km以上」「1000馬力超」「億超え」「ハンドメイド品」「レースカーのような空力設計」などもっともらしい基準がありそうで、ハイパーカーという概念には明確な定義は存在しない。

2021年からはWEC(世界耐久選手権)のレギュレーションに「LMハイパーカー」という規定が施行される。
内容は、
・車重は最低1100kg
・エンジン出力は最高750馬力に制限、後輪駆動のみ
ハイブリッド搭載は任意。ただしハイブリッドを採用する場合、モーター出力は最高270馬力に制限される。またモーターは前輪駆動にのみ用いられる。
(つまりハイブリッド車は一種のe-4WD、非ハイブリット車は2WDとなる)
・市販車として参戦する場合、2年間で20台以上の車両を生産しホモロゲーションを得る必要がある。ただし、プロトタイプとして参戦する場合はこの限りではない。

というもので、今後はこのホモロゲーション取得のために生産された車が「ハイパーカー」と呼ばれるかもしれない。

主なハイパーカー

アジア

日本

  • トヨタ - GRスーパースポーツコンセプト
  • アスパーク - OWL

アラブ首長国連邦


ヨーロッパ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スウェーデン

デンマーク


北アメリカ

アメリカ合衆国


関連項目

自動車
自動車メーカーリスト

関連記事

親記事

スーパーカー すーぱーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 370

コメント