ピクシブ百科事典

らぶげ

らぶふぇろもんとげどうおとめたい

あかほりさとるプロデュースによるアニメコンプレックス枠。2005年夏アニメ。正式なタイトルは『あかほり外道アワー らぶげ』。
目次[非表示]

あかほりさとるプロデュースによるアニメコンプレックス枠。
正式なタイトルは『あかほり外道アワー らぶげ』。

概要

2005年7月から9月までアニメ魂枠にて放映された作品。(いわゆる2005年夏アニメ)

監督は『あやつり左近』『住めば都のコスモス荘』『ニニンがシノブ伝』『蒼い海のトリスティア』『ペンギン娘♡はぁと』を手がけた、まついひとゆき。
脚本家陣はプロデューサーでもあるあかほりをメインとし、赤尾でこ、伊福部崇、長谷川勝己の3名。

制作はラディクス。そのため現在はゼロジーが制作権を継承している。

宇宙科学を駆使しつつ手前勝手な正義を振りかざして暴れまわり破壊の権化とまで呼ばれ人々から嫌われ恐れられる正義の味方を主人公としたバトルヒロイン作品『絶対正義ラブフェロモン』と、地球在来魔法を駆使して悪の美学を目指しつつ根が良い子であるために魂の思うがままに行動すると善行を積みまくり世の人々に感謝されてしまう天使過ぎる魔女っ子姉妹を主人公とした魔法少女作品『それゆけ! 外道乙女隊』の2作品からなる。全13回。

この事からも解るように、プロデューサーあかほりがこの作品で提示したテーマは「科学(SF/形骸的な名目だけの正義/バトルヒロイン)と魔法(ファンタジー/本質が性善となる悪/魔法少女)の対決」であるとされており、結果としては正義と悪が混濁していき、どっちがどっちか解らなくなるカオス(早い話が「正義とは何か/悪とは何か」というテーマ)がギャグタッチで描かれていく。

アニメコンプレックス枠ではあるものの、両作に対して対等に時間配分が割り振られているわけではなく、回によってはどちらかの作品のみをメインとしてフルタイムをつぎ込み、もう一方の作品は5分にも満たないというケースも、まま見られた。こうした「どちらがメインになるか番組が始まってみないと解らない(どちらかを応援して、応援した方がメインになると嬉しい)」という緊張感もまた、本枠の特徴としてあかほりが全面的に押し出した展開である。

なお脚本家陣に伊福部崇がいた事から、シャレにならんリアルコラボやガチすぎるパロディが連発された作品でもある。
超!A&G』がらみで『智一・美樹のラジオビッグバン』とコラボするわ、BS-i(現在のBS-TBS。言うまでもないが局が違う)のアニメ情報番組『激☆店』とコラボするわ、『いかレスラー』とコラボするわ『もう、しませんから。』(少年マガジン連載)とのコラボで同作の作者である西本英雄と担当編集が本人として登場するわ、ポアロ(伊福部崇&鷲崎健)が出演するわ(ちなみに該当話は伊福部の担当ではない)、著作権元に無断で真田アサミ声のネコミミを出演させる(「著作権があるにょ」という事でゴツい鎧を着こみ偽名「ででこ」を名乗っての登場)わ、登場人物が中の人がらみで喧嘩するわ、あまつさえ最終章にて飯塚昭三飯塚雅弓名字系バラエティ(飯塚親子)ネタを繰り広げるわと、まさに自嘲しないコラボカオスが繰り広げられた。

最終章においては『ラブフェロモンvs外道乙女隊』として、宇宙からやってきた巨悪に対抗するために「正義と悪が手を結んで戦う」という、定番ながらも(スーパー戦隊VSシリーズさながらの)熱い展開が繰り広げられた。

登場人物

絶対正義ラブフェロモン

ラブフェロモンを参照

それゆけ!外道乙女隊

外道乙女隊を参照

ラブフェロモンvs外道乙女隊

※上述2作品の登場人物に加えて

  • ギガアント皇帝 / CV:飯塚昭三
    • 宇宙の果てから地球侵略にやってきた巨悪「ギガアント帝国」のトップ。銀河の伝説に伝わる侵略に必要な「アレ」を求めている。宇宙では残虐かつ狡猾との評判のデカいお人。普段は鎧の仮面に隠れているが、実は素顔は超イケメンナイスミドル。ちなみに名前は中の人繋がりである。(バロム1アントマンが元ネタ)。そして飯塚昭三氏がキャスティングされたのは、後述するアンアント姫の中の人からの名前系バラエティによる。
  • アンアント姫 / CV:飯塚雅弓
    • ギガアント皇帝の娘。帝国の先遣侵略隊を指揮する勇猛な姫君。外道乙女隊およびラブフェロモンと激突する。父の寵愛を一身に受けている美少女だが、その実「残虐で狡猾」と言われる父の気質と器のデカさをバッチリ受け継いでおり、とっても腹黒い姫君。
    • あかほりが以前、飯塚雅弓に何か「やってみたい役」があるかを尋ねたところ、雅弓嬢から元気よく「悪役がやりたい(&学びたい)」という答えが返ってきた事から実現したキャラクターでありバックボーン。父役が飯塚昭三なのも、そのため。

主題歌

オープニング

『熱唱!!らぶげナイトフィーバー』 ラブフェロモン&外道乙女隊 featuring 桃井はるこ影山ヒロノブ

  • フルコーラス版では、1番ではラブフェロモンが主旋律を、2番では外道乙女隊が主旋律を、それぞれ務めている。前奏では、らぶフェロと外道乙女隊、どっちを選ぶのかを迫るアオリが入っている。アニメオープニングでは、そのアオリの後で、どちらかのアイキャッチが入り、直後に選ばれた側の主旋律オープニングが流される仕様になっていた。
  • フィーチャリングメンバーで一目瞭然だが、いわゆる「お祭り作品」に相応しいものの見事な地球温暖歌である。

エンディング

『トンドルベイビー』 桃井はるこ

  • タイトルの「トン」と「ドル」は組文字(単位の読みをカナで1文字表記した機種依存文字)である。

ルーツ

この作品の源流は、あかほりが制作に関わったelfのゲーム作品であるらいむいろシリーズと、同じくあかほりがプロデュースの一端を担ったブロッコリーTCGアクエリアンエイジにある。

この両作にて、それぞれでプロモーションを務めた声優ユニット「らいむ隊」(らいむいろ)と「外道軍」(アクエリアンエイジ)がルーツであり、両ユニットのメンバーをシャッフルの上で選抜して結成されたのが、清水愛笹島かほるによる声優デュオ「ラブフェロモン」と、榎本温子門脇舞音宮つばさ近藤佳奈子廣田詩夢の5名によるユニット「外道乙女隊」であった。
その後「ラブフェロモン」側はインターネット番組を中心に活動し、一方の「外道乙女隊」側はアクエリアンエイジイベントを中心に活動を続けた。

本作は、この両ユニットのリプロモーションとしての側面を持っており、登場人物の名前はそれぞれの声優の名前をもじったものとなっている。

ちなみに、アクエリアンエイジには、その名も「らぶげ」というエキストラ(ブースター)パックがある。無論、中身は本作(ラブフェロモン・外道乙女隊)のメインキャラで構成されている。

関連項目

あかほりさとる

伊福部崇 パロディ カオスアニメ

らいむいろシリーズ(らいむいろ戦奇譚/らいむいろ流奇譚X)
アクエリアンエイジ

関連記事

親記事

あかほりさとる あかほりさとる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「らぶげ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント