ピクシブ百科事典

イイナリキャップ

いいなりきゃっぷ

イイナリキャップとは漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するひみつ道具である。 また、本項では同タイトルのエピソードについても解説する。
目次[非表示]

ひみつ道具としての解説

TCドラえもんプラス』第5巻『イイナリキャップ』に登場するひみつ道具

円形のアンテナがついた受信帽子と矢印のついた送信帽子のペアで1つの道具。

送信帽子を被ると受信帽子を被った生き物に対して命令した行為を無理矢理行わせることが出来る。
また、送信帽子を被った側が言語能力のない生物であっても機能するように、どっちの帽子も被ると普通に話すことが出来る。

エピソードとしての解説

ある日、ドラえもんのび太が空き地に来ると「これあげます」の箱の中にジャイアンの飼い犬・ムクが入っていた。

ジャイアンを問いただすと「言うこと聞かないから捨てた」と言った上に、のび太が拾ったから責任をとれと責任転嫁してくる始末。


凶暴な犬とはいえ、ムクに同情したドラえもんはムクが言うことを聞くようになったらもう一度飼ってくれるのではと思い、イイナリキャップを出した。

試しにのび太が簡単な指示を出すと一通りのことはこなした。
道具の効果で喋れるようになったムクが言うには、ジャイアンが無茶な命令をしてくるうえ、まともなエサも与えない、散歩もサボるといったひどい行為をしてきたとのこと。
それでも、子犬の頃から育ててくれたからジャイアンが好きだとムクは話す。

それに怒ったドラえもんは、ジャイアンに注意するためにムクを連れていっていった。
……イイナリキャップを部屋に残して。


イイナリキャップを勝手に持って行ったのび太は、街に繰り出して動物を操りたいと考えて呟いた。

「それにしてもこのぼうしはおもしろいね。もっと別の動物でためしたいよ。」
「イヌやネコはありふれててつまんない。たとえばライオンとか。」


見事にフラグを回収するかの如く、のび太の目の前にライオンが現れた。

ライオンに一度は受信側の帽子を被せて、友達にライオンに命令したりレスリングするところを見せるが、レスリングの途中で帽子が脱げてしまう。

のび太は慌ててイイナリキャップをライオンに被せ直すも、間違えて送信側を被せてしまう。

送信帽子を被ったライオンに命令されてのび太は家に連れて行かれ、肉を要求される。
(この時ママに見つかるも、メガネを外していたためお獅子を連れてきたと勘違いされる。)


肉の代わりにハムを出すが、ライオンは満足せず今度はのび太を食べようとする。
服を一枚も残さず脱がされ、バターを塗るように言われたのび太はついにライオンに食べられそうになる。
しかし、ケチャップが無いと食べられないとライオンが言ったため、のび太はケチャップを買いに行かされる。

その途中で、ジャイアンと会い帽子をとられてしまい、今度はジャイアンがライオンに食べられそうになる。……さっきまでケチャップが無いと食べられないと言ったにも関わらずである。

そして、ジャイアンの危機にムクがライオンに飛びかかり、ライオンと戦っている隙に駆け付けたドラえもんがスモールライトでライオンを小さくして事なきを得た。

そこに、警官とライオンの元飼い主が現れ、元飼い主が「ライオンが大きくなりすぎたから捨てた」と無責任な事をヘラヘラと笑いながら言った。
飼い主はその言葉に怒った警官によって連れて行かれた。

ジャイアンは、一度は捨てたムクが自分を助けるためにライオンに飛びかかったすがたをみて、自分が悪い事をしたことともう二度と捨てたりしないと涙ながらに謝罪した。

余談

大山版ではジャイアンがオチでムクに謝罪する時の台詞が「もう少しであのライオンの飼い主みたいになるとこだったんだもんな」に変更されている。

因みに現在ではライオンが絶滅危惧種に指定されている為個人で飼育するのは不可能である。
作中の元飼い主の場合、ドジで逃がしてしまったわけではなく故意に逃がしてジャイアンとのび太が食われる一歩手前になったので厳しい処罰が下される可能性が高い。補足して付け加えると、ライオンがもし人にケガをさせたり死なせたりすれば、業務上過失傷害(致死)罪で5年以下の懲役か禁固、又は100万円以下の罰金の対象になる。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具 ドラえもんのエピソード一覧 ライオン

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

コメント